調査兵団

調査兵団ストール(紋章ピン付き)がSuperGroupiesで限定販売!

 

アニメやゲームとコラボレーションしたアパレル雑貨を扱う通販サイト「SuperGroupies(スーパーグルーピーズ)」にて、調査兵団ストール(マント)が限定販売。 調査兵団の紋章がワッペンで。しかも、調査兵団マークピンも付いてます。 外部リンク:進撃の巨人の調査兵団……

本文へ続く

逆手法・回転斬りは調査兵団由来ではなく、リヴァイ直伝の技なのが明らかに

   

リヴァイ限定の技、「逆手持ち」と「回転斬り」について紹介します。……

本文へ続く

調査兵団の給料は、全兵団の中で特に給料が低いことが明らかに

 

兵団の中でも、もっとも仕事しているのではないかと言われている調査兵団。彼らの待遇は全兵団でもベベとか・・。……

本文へ続く

調査兵団の内部にスパイが入り込んでいる疑惑!?

   

48話に怪しい兵士の影?暗躍する彼らの正体とは。……

本文へ続く

エルヴィンの表情の意味

   

エルヴィン・スミスの意味深な表情についての考察記事です。……

本文へ続く

調査兵団の馬の扱いが一番気の毒!?

 

調査兵団の縁の下の力持ち、「馬」についてピックアップしていきます。……

本文へ続く

エルヴィン=スミス団長のいない調査兵団に魅力はない!?

 

これからの展開について、エルヴィン団長の調査兵団引退説が出ています。これから彼はどうなるのでしょうか。……

本文へ続く

【当時の反応】原作33話「壁」の反応

   

原作33話「壁」の当時の2chユーザーの感想記事です。アニメの最終回25話相当になります。エレン+調査兵団と女型の戦いの結末は―。……

本文へ続く

【最終25話感想】一人残らず追い詰めましょう。壁の中にいる巨人を「全て」。今度は我々が進撃する番です!

   

ついにアニメ最終回の感想記事です。原作との差異・オリジナル要素などで賛否はあるものの熱い回です。エレンとアニの巨人同士での一騎打ちになります。……

本文へ続く

【24話感想】「何でお前らは戦えるんだよ!!」 「仕方ないでしょ?世界は残酷なんだから」

   

アニメ24話の感想記事です。アニメオリジナルが多めの神回で評価は高いです。女型と総力をもって交戦します。……

本文へ続く

リヴァイが調査兵団に入った目的が明らかに

 

リヴァイが調査兵団に入った目的が、悔いなき選択で明らかに。……

本文へ続く

エレン「絶対に笑ってはいけない調査兵団・抗?」

 

またあのハンジの実験が帰ってきた!エレン、アルミン、ジャン、ライナー、ベルトルトの5人は「一日笑ってはいけない!」という条件を課せられるが、受けを狙った兵士達の行動に・・・。……

本文へ続く

団長「今回の調査で我々は…多大の成果を得られましたああぁぁぁ!」

 

ブラウンの命は無駄ではなかったのだ・・・。彼の命によって、人類は大きく進撃するイフストーリーが始まる。……

本文へ続く

調査兵団の給料は高くないと割りに合わない?妥当な年収とは

調査兵団の気になる年収や給料とは。2chユーザーが抱く調査兵団のブラックなイメージ。……

本文へ続く

リヴァイは5年前には調査兵団に所属していたのでしょうか。

   

845年、超大型巨人によってウォールマリアが陥落した時、リヴァイは調査兵団に所属していたのでしょうか。様々な諸説を解説します。……

本文へ続く

『裏切り者ベルトルト・フーバーに死を』

 

早朝、ペトラに起こされるエレン。一体何が起きたのか!?……

本文へ続く

リヴァイは、訓練兵を飛び級して調査兵団に入ってる可能性。

   

リヴァイが兵士になるまでに、「どういう経緯を兵団で辿ったのか」を考えていきます。……

本文へ続く

調査兵団、駐屯兵団、憲兵団。もし入団するなら?

 

もし兵団に入団するなら、どこを選びますか?……

本文へ続く

リヴァイとハンジ登場にファンが大絶賛!! アニメ9話の調査兵団が熱い

   

進撃の巨人、アニメ9話の感想まとめ。リヴァイ、ハンジを筆頭に調査兵団に対しての反応がメインの丁寧な記事です。2chユーザーは彼らの登場に大歓喜!その他、隠れファンが多いペトラやリコ。次いでエルド、ジンなども登場です!……

本文へ続く

クリスタが調査兵団を選んだ理由は?優しい第2の死に急ぎ女神様

 

クリスタは憲兵団に行くことも出来たのに、なぜ調査兵団に決めたのか。そして、もしクリスタが憲兵団に行っていたなら、ユミルはどうしてたのだろうか。そんな疑問を2chユーザーは分析する。……

本文へ続く

調査兵団の一部の才覚ってさ・・・・リヴァイ、ミケさんとかだけど

   

「一部の才覚によって調査兵団の生存率は飛躍的に向上した」という一文が本編にありますが、それを今回、細かく噛み砕いて考察した記事になります。一部の才覚と言われる人材の現存戦力はもうほとんど残っておりません・・・。……

本文へ続く