ベルトルト

アニ「ライナー」 ライナー「ほらよ」

 

ライナーとアニは何であんなに通じ合ってるのだろう。ベルトルトの疑問は悩みに変わり、静かに悲しみが募る。……

本文へ続く

エレン「夏の日」

 

とある僕らの夏。それは太陽の日差しがとても暑い日でした。……

本文へ続く

エレン「アルミン!レポート手伝ってくれ!」

 

明日の朝9時までにレポートを提出しなくちゃ!ピンチのエレンの元にやってきたのは・・・ライナー達!?一夜漬けが始まる。……

本文へ続く

エレン「巨人ハーレム」

 

巨大樹の森の樹上にて、ライナーとベルトルトに連れてこられたエレンとユミル。下にいる巨人が何やら不可解な行動をしている。どうやら巨人達がラブレターを書いてるらしい...。……

本文へ続く

ベルトルト「天体観測。」

 

844年の春の夜、ベルトルトはアニを待っていた。……

本文へ続く

ベルトルト「へえ…ポケモンね」

 

アルミンが開発したGBA(ゲームボーイアルミン)のポケモンが流行。ライナーから聞き、興味を持ったベルトルトは―。……

本文へ続く

公式でベルアニが判明したことにより物議を醸し出しています。

 

ライナーによってベルトルトの好きな人が発覚。その相手はアニ!?……

本文へ続く

ユミル「ベルトルさん」

 

名前をネタにいじられるベルトルさんの物語。ユミルに名前を呼ばれて感動する余りに――。……

本文へ続く

ベルアニの憲兵団狙いの謎・・・そしてライベルの調査兵団にした理由。

   

ベルトルトは憲兵団入団を明確に目的としていました。しかし、ベルトルトはライナーと共に調査兵団へと入団。その理由は明確には描かれていません。……

本文へ続く

マルコとベルトルトの関係ですごい事に気付いた

   

ユーザーのとんでも発想説。全く根拠はありませんが、こういう発想は好きです。……

本文へ続く

【10巻】ライナーとベルトルトは壁の穴が開いてると思い込んでる?

   

原作の10巻において、ライナーとベルトルトらが取った行動は誤解が招いた結果の可能性があると2chユーザーの考察から出てきた。その誤解とは、彼らは壁に穴が開いていると思い込んでエレンを連れ出し、故郷へ帰ろうという行動に出たというもの。果たしてそうだろうか・・?……

本文へ続く

獣の巨人の立ち位置を整理。超大型・鎧らとは別の第3勢力か

 

獣の巨人はライナー、ベルトルト、アニ達の仲間と認識されることが多いが、果たして本当にそうなのだろうか。仮にそうだったとしたら・・・いくつか不審な点が出てくる。今回の考察では、それらを今一度整理。すると獣は第3勢力である可能性が浮上した。……

本文へ続く

エレン「人類の反撃はここからだ」 『どういう状況だ?』

   

訓練兵団を卒業後、壁上の大砲整備をしていたエレン一行だったが、突然の超大型巨人の出現に、エレンは!?原作の名シーンをパロったオリジナルSS。……

本文へ続く

【考察】ライナーとベルトルトの過去回想の時間軸が大筋特定へ。

   

原作10巻のライナー、ベルトルト達の過去の時間軸が大筋判明。ウォールマリア陥落直前の可能性がアニメの画像から推察される。……

本文へ続く

エレン「絶対に笑ってはいけない調査兵団?」 『お仕置き』

   

若干メタ系なシュールギャグSS。メインの登場人物は、エレン、アルミン、ジャン、ライナー、ベルトルト。彼ら5人にハンジからとある訓練を課される。それは、“決して笑ってはいけない”というルールであった。……

本文へ続く

【※多少バレ有×考察】ライナー、ベルトルトの故郷とユミルに襲われた場所ってどこだろう?

   

484: メロンさんex@ご利用は紳士的に 2013/05/06(月) 20:45:07.17 ID:rrz9+o3s0ベルトルト、ライナーが幼い時に巨人に襲われた とあるが、どこで襲われたのだろう? ウォールマリアの中だったら話として矛盾すると思う。 (100年間、巨人は侵入しなかったのだから) 実は……

本文へ続く

【若干バレ有】進撃の巨人のベルトルトって11歳でアレができたのか!?

   

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/02 15:04:19 ID:Votnvecj0ベルトルトって11歳で超大型巨人になれたの!?すげーガキだな引用元: 進撃の巨人のベルトルトって11歳で超大型巨人になったの!?……

本文へ続く

超大型巨人

 

超大型巨人身長:60m845年、50mの壁の内側の平和を一瞬にして崩し去った存在。知性を持つと認識されている。突如として出現し、一蹴りで壁をぶち壊し、シガンシナ区を崩壊させた。しかし、その後急に姿を見せなくなったりと謎の多い巨人である。その後の850年にも出現し、ト……

本文へ続く