SS(小説)

ジャン「あげるよ。」 ばあちゃん「肩たたき券?」

 

6巻の予告ネタを題材にしたジャンの短編SS。ジャンの視点から回想的に描かれる。……

本文へ続く

エレン「手乗りサシャ……」

 

エレンは訓練の帰り道にキノコを拾う。早速アルミンに相談するが、キノコの存在にサシャが勘付き食べてしまう。直後、キノコの種類が判明...。……

本文へ続く

ミカサ「エレンを死なせはしない」 『深い眠り』

 

エレンはトロスト区の作戦中に、頭をぶつけ、深い眠りについてしまう...。長い長いミカサの看護生活が始まった。……

本文へ続く

キース「私が、実は訓練兵に優しいという風潮、か……」

 

毎度好評の風潮シリーズ、「キース」回。アルミンは休憩室で逆立ち腕立てをしているエレン、サシャ、コニーを見て訝しげな表情を浮かべる。……

本文へ続く

エレン「ラブレター?」

 

エレンのロッカーに入っていた『手紙』。誰からの差出人かも分からず・・・。……

本文へ続く

エレン「ゴリラになったライナー」 『ゴリライナー』

 

ライナーがゴリラになってしまった...。心配するエレン達。ライナーの身に一体何が...!?……

本文へ続く

アニ「にゃーにゃーにゃー」アルミン「……」

 

アニとアルミンがメインの日常系、SS短編集。……

本文へ続く

エレン「英霊達の鎮魂歌」

 

エレンは戦没者慰霊碑の前に居た。そこに刻まれた「クリスタ、ユミル、アニ、ライナー、ベルトルト...」の名前に哀愁漂う。かつての友にエレンは何を思う...。……

本文へ続く

アニ「メイク道具?」 『アネサ』

 

ユミルが私物整理をしていた際に、クリスタの荷物からメイク道具が。その場の流れで、アニはクリスタのメイクを受ける事に...。……

本文へ続く

ミカサ(20)「エレンと結婚した」 『リーベ』

 

ミカサとエレンが結婚したという設定のイフストーリー。舞台は5年後の世界、二人は娘を持ち、憲兵団に入団している。日常夫婦生活系SS。……

本文へ続く

エレン「アニの誕生日?」 『プレゼント』

 

ライナーから、来週がアニの誕生日だということを知ったエレン。何かをプレゼントすることに。……

本文へ続く

キース「ただいまより第104期訓練兵団の入団式を……」

 

104期の入団式。気弱なキース教官がとった残念な行動とは――。……

本文へ続く

ボーボボ「これがオレの立体機動だ」エレン「は、鼻毛……!!」

 

滅多に見ることがないボーボボSSが進撃の巨人の世界とマッチング!とてもユニークな展開にエレンとミカサは・・・?……

本文へ続く

ジャン「お前が俺で」サシャ「私が貴方ですか?」

 

いいムードになっているジャンとエレン。104期内でも”苦手”と扱いを受けていたジャンだったが、実は秘密があった。……

本文へ続く

ミカサ「私はエレンのことが嫌い」

 

突如、ミカサがエレンに「大嫌い」宣言をしていく。戸惑うエレン。一体何が――?……

本文へ続く

エレン「そしてアニとミカサはのた打ち回り悪魔は爆笑する」 『ミカリン』

 

エレンは唐突にアルミンに相談を持ちかける。嫌な予感がするアルミン。横で勘違いして喜びを見せるミカサ。悲劇の幕が上がった。……

本文へ続く

エレン「今日は肌寒いな…」 『プラシーボ』

 

調査兵団一行は鳥篭の外の世界へ来ていた。それはとても美しい地平線が続く世界だった。……

本文へ続く

ジャン「よお!ミカサ」 『オールジャン』

 

?「・・・おはよう。ジャン。あなたは今日も素敵ね」。ジャン「おはようって・・・ば、馬鹿。いきなり何言ってんだよ」。ジャンは一体誰と話しているのだろうか?……

本文へ続く

えれん「くちく!」 『進撃の小人』

 

進撃の巨人の世界とは、違う設定で描かれる独創的なSS。ユミルが連れ帰ってきたのは、イェーガー種のエレンだった...。……

本文へ続く

エレン(9)「家族みんなでお買い物!」 『エレンと一緒』

 

カルラ「今日は市場に行きましょうか」。エレン、ミカサ、グリシャ、カルラで買い物に行くことに。……

本文へ続く

コニー「おう、ジャンじゃんか」 『コニー』

 

コニー「ジャカジャカジャンケン、スタートっ!!!」。意味の分からないコニーの叫びにジャンは戸惑う。……

本文へ続く

エレン「そっか、これが…」 『サシャの思い出の街』

 

「サシャに恋をした。」エレンはそうアルミンに相談をする―。……

本文へ続く

ミカサ「胸が苦しい」 『エレンの噂』

 

あるエレンの噂を聞いて、焦るミカサ。アルミンに相談するが・・・……

本文へ続く

アニ「夢か」 『寝不足だ・・・』

 

変な夢を幾度もなく見るアニ。その夢の内容とは・・・。短編SS。……

本文へ続く

ジャン「俺が死に急ぎ野郎の引き立て役という風潮だと?」 『好敵手』

 

進撃のSS、風潮シリーズの3作目。ジャンとエレンは相変わらずの不仲だったが・・・。……

本文へ続く

クリスタ「私が女神って風潮?」 『Fool team』

 

1: SS大好き名無し 2013/06/02(日) 08:55:31.22 ID:TCl0pjhC0エレン「俺が鈍感だという風潮」 の続きです 読むのがかったるい人用に、大まかなあらすじ エレンがコニー、サシャと仲良くなった では投下します引用元: クリスタ「私が女神って風潮?」……

本文へ続く

ミカサ「残酷で美しく、淡々とした世界」 『壊れやすきもの』

 

淡々と時を進めていく残酷な世界。どこか童謡みたいな雰囲気をかもし出す抽象的な描き方に注目。……

本文へ続く

リヴァイ「空白」 『三本の薔薇』

 

女型の巨人との戦いが終わった後のリヴァイの日常、もう昔の平穏はリヴァイに戻って来ない。ただただ寂しげに時は流れていく。夢を見た――。……

本文へ続く

アルミン「おはようエレン」エレン「駆逐してやる…」 『カオス』

 

アルミンが朝起きると、エレンの様子がおかしい。どんな言葉をかけても「駆逐してやる・・・・・・一匹残らず・・・」を繰り返すエレン。……

本文へ続く

教官「成績下位10名を発表する」 『反転』

 

もしもエレンら含めた104期の成績上位10名が、下位10名だったとしたら。……

本文へ続く

エレン「パソコン? インターネット?」 『もしもPCがあったら』

 

※少し原作10巻ネタあり1: 104期のSSを読む名無し 2013/06/02(日) 19:57:38.95 ID:atCLuxp00エレン「なんだよそれ」 アルミン「今年から僕達でも使うことが許された物だよ!」 アルミン「科学技術の最先端だよ! どんなことも調べることができるんだ!」 エレン「どんなもの……

本文へ続く

ライナー「イジメ・・・でありますか?」 『仲間から高い信頼を得る』

 

対人格闘術の訓練に励むライナー。ミカサとエレンの仲のいい姿を見せ付けられたアニ。ライナーは理由のない暴力に襲われてしまう。それを見かねたキース教官が――。……

本文へ続く

エレン「クリスタに求婚したら大変なことになった」 『勘違い』

 

104期のみんながクリスタに結婚したがる。そのことが当然だと勘違いしたエレン。その後に、エレンがとった行動とは・・?勘違い系クリエレSS……

本文へ続く

ミカサ「家族になるまでのお話」 『ウェディング』

 

ミカサの帰る処が、エレンの家になったときのお話。ミカサは少しずつエレンの家での生活に慣れていく。平穏な日々を過ごしつつあるミカサの新しい故郷。ある日、アルミンにヤキモチを焼いたミカサにエレンが怒り――。エレン、ミカサ、アルミンの過去を補完したミカエレSS。……

本文へ続く

エレン「なんだその頭のリボン」 ミカサ「今日はバレンタイン」 『2年後の君へ』

 

バレンタインの日に、ミカサはある行動に出る。砂糖は高級品で、チョコレートは中々手に入らない。そんな環境の中、ミカサが用意した答えとは、リボンをつけてエレンに気持ちを伝えることであった。2011年の古いSSだが、当時の感覚で作られており、とても優しい気分になる新鮮なSS。……

本文へ続く

キース「……礼っ!」 『邂逅』

 

時は20年以上前・・・。とある駐屯兵の一人が妻の流行り病に助けを請う。成す術もなく神に祈るしかなかった彼の前に、一人の医者が現れる。グリシャとハンネス、キースがメインの短編SS。……

本文へ続く

エレン「俺が鈍感だという風潮」 『3バカトリオ』

 

エレンはみんなから鈍感扱いされて、コニーとサシャにそのことを相談しにいく。鈍感をなおすために敏感に・・・!そこで思いついた方法は3バカトリオならぬ突っ込みどころ満載なアイデアであった。エレン、コニー、サシャの3バカ勘違い系SS。……

本文へ続く

ジャン「おばs…ババァ!ノックしろよ!!」 『おかん』

 

ジャンを除いた104期のみんなは地下街の市場へ来ていた。治安が悪い地下街で、ひったくりに合う女性を助ける。それはジャンのお母さんであった。ジャンの家に招かれた104期達だったが・・・6巻の巻末の嘘予告ネタを題材にしたオリジナルSS。……

本文へ続く

アニ「陽だまりを歩く」 『ありがとう。お父さん』

   

アニはいつか夢見た故郷に帰り着く。父親との約束を果たし、アニはこれまでのことを振り返り、思い出話で盛り上がる。どこか悲しい、そしてほろ苦い、慈しみのある抽象系SS「水晶の夢」……

本文へ続く

アルミン「進研アルミンで訓練も恋愛も大丈夫!」 『進研アルミン訓練兵座学講座』

   

座学の授業中に、先生の問いに答えられないクリスタだが、座学の成績が伸びているエレンに咄嗟に教えてもらう。なぜエレンが賢くなっているのか・・・それは進研アルミンを始めたからであった。クリスタも進研アルミンを始めることを決意する。余り見ないクリエレとアルミン先生がメインのSS。……

本文へ続く

エレン「アルミン療養記」 『料理する側・される側』

   

エレンとその周囲の恋愛事情に悩むアルミン。そんな彼にエレンは、アルミンの元気がないことに気づき、思いやりの行動に出る。それは料理を振る舞うことであった。たちまち周囲を誤解させて、ライベルを中心に、みんなを巻き込んでいく日常ギャグ系SS。……

本文へ続く

エレン「駆逐系男子?」 『流行りの男子』

   

ジャンは、女子達の会話で「駆逐系男子」が流行っていることを知る。駆逐系男子がどんなものなのかをエレンに尋ねるが、その答えは分からずじまい。アルミンのアイデアで、女子達にその意味を尋ねることにしたジャンだが・・・。ジャンが主役のドジ系SS。……

本文へ続く

ベジータ「このベジータ様がこの世から巨人どもを消し去ってやるぜ!!」 『ナンバーワン』

   

進撃の巨人×ドラゴンボールのクロスSS。精神と時の部屋で修行していたベジータはスーパーサイヤ人3を会得。次元の穴を自分のパワーで抜け出したベジータだったが、そこは巨人がはびこる世界であった。エレン達の街を襲っている巨人達にベジータは!?……

本文へ続く

アルミン「襲い来るモノ」 『一瞬の油断』

   

7巻の嘘予告を題材にしたSS。アルミンとエレンは訓練に向かうため、階段から近道をしようとするのだが・・・考え事をしていたために、『一瞬の油断』が生じるのであった―。……

本文へ続く

エレン「人類の反撃はここからだ」 『どういう状況だ?』

   

訓練兵団を卒業後、壁上の大砲整備をしていたエレン一行だったが、突然の超大型巨人の出現に、エレンは!?原作の名シーンをパロったオリジナルSS。……

本文へ続く

エレン「なんだこの本?」 『恋愛物』

   

エレンはとある本を廊下で拾う。本には全く興味を示さない性格のエレンだったが、アルミンに奨められて読んでしまう―。その本に書いてあった内容とは。エレンとミカサのオリジナル純愛SS。……

本文へ続く

ミカサ「いい人生だった・・・」 『刹那』

   

トロスト区避難作戦の最中、エレンを失ったミカサはついにガスを切らしてしまう。その最後の刹那、ふと彼女の中にエレンとの思い出が蘇る。原作の状況に付加されたミカエレSS。……

本文へ続く

ユミル「コニー、ナイフを貸してくれ」 『坊主頭』

   

原作10巻を舞台にしたユミルとコニーが主役のSS。ユミルはコニーからナイフを受け取り、頭を撫でる。そのときの坊主頭の手ごたえにユミルは・・・……

本文へ続く

アルミン「平凡な兵士10000人分のエレン」 『ヒーロー』

   

エレンの爽快系ヒーローSS。もしもエレンがヒーローだったらという設定で組まれている。その戦力はリヴァイの2.5人分。原作とは違って直球的なキャラになっており、さわやか感がある。評価が高いSS。……

本文へ続く

エレン「結婚してくれ」 『家族』

   

勘違い系SS。エレンはミカサを思って、アルミンに相談。とあるアドバイスを受けるが勘違いをする。エレンは皮肉にもミカサのために104期の女性の同僚達に求婚をしていくのであった・・・。……

本文へ続く