SS(小説)

ミカサ「私は誕生日が嫌い」

 

エレンとアルミンが、ミカサの誕生日を祝おうとしている。そんな彼らに、ミカサの心はとても複雑でした。……

本文へ続く

アニ「期待はしてない」

 

アニとエレンだけのSS。アニが抱く思いが克明に描かれる。……

本文へ続く

ミーナ「天然ジゴロのアルミン」

 

自然とモテるアルミン。104期の女性陣から無意識に好意を寄せられる。……

本文へ続く

エレン「仕事見つかんねぇな」 ミカサ「うん……」

 

850年、突如に世界から巨人が消える。生活圏は広がり、兵士達はリストラされてエレンとミカサは新しい仕事探しに励む。……

本文へ続く

エレン「ほら、クリスタのアドレス聞いてきてやったぞ」

 

現パロ青春系SS。高校生のアルミンはエレンに、クリスタのアドレスを聞いてもらうようにお願いをする。……

本文へ続く

『裏切り者ベルトルト・フーバーに死を』

 

早朝、ペトラに起こされるエレン。一体何が起きたのか!?……

本文へ続く

ジャン「勇者たちの凱歌」

 

キースの訓練により、104期らは赤軍と青軍に分かれて戦争訓練を行うことに。……

本文へ続く

グリシャ「今日こそは成功させる!」

 

グリシャは戸をたたく。カルラ・カロライナの父親に認めてもらうために。……

本文へ続く

ミカサ「男だけの料理大会」

 

男だけの料理大会が開催されることに。優勝者は果たして...!?……

本文へ続く

サシャ「ああっ!芋を湖に落としてしまいました!」ポチャンッ!

 

サシャは芋を湖に落としてしまう。すると、湖の中からクリスタが出てくるのであった...。……

本文へ続く

ベルトルト「へえ…ポケモンね」

 

アルミンが開発したGBA(ゲームボーイアルミン)のポケモンが流行。ライナーから聞き、興味を持ったベルトルトは―。……

本文へ続く

エレン「やっと地下室を開けられる」

 

ついに地下室に辿りついたエレンとミカサは扉を開ける...。そこには驚愕の真実が!地下室の中の諸説を元に作られたフィクションSS。……

本文へ続く

ミカサ「844のパラドックス」

 

ちょっとだけ違う世界のミカサが主役のお話。……

本文へ続く

藤原竜也「駆逐じでや"る"ぅ"う"」

   

もしもエレンが藤原竜也だったら―。……

本文へ続く

ハンジ「あはははは!!リヴァイが!」

 

リヴァイが猫に変身!?一体なぜそのようなことが起きたのかというと...。……

本文へ続く

ミカサ「アルミンが反抗期になった」オロオロ

 

アルミンが反抗期になる。エレンとミカサとアニはそんなアルミンに...!?……

本文へ続く

ミカサ「...かいこ?」

 

食料事情を向上シリーズ。ミカサと「かいこ」のお話。……

本文へ続く

ミカサ「...やまなし?」

 

ミカサ主体の短編SS。今回は食料向上しません。……

本文へ続く

ペトラ「あ、兵長。お帰りなさい」

 

リヴァイが部屋に帰ると、そこにはペトラの姿があった。……

本文へ続く

クリスタ「格闘王への道」

 

駐屯兵団主催の武闘大会が街で開かれることに。クリスタはひょんなことをきっかけに、優勝を目指す。……

本文へ続く

ミーナ「アニはもう少し素直になるべき」アニ「そうかい」

 

訓練兵時代のアニを、原作に準拠して描かれたどこか物悲しいSS。……

本文へ続く

ジャン「憲兵団にマルコがいるって本当か!?」

 

何を勘違いしてか、マルロに絡みだすジャン。マルコと名前が似ているというだけで・・・。そんなジャン、マルロに何かを見出す!?……

本文へ続く

エレン「ミカサ、髪切れば?」ミカサ「やだ」

 

ジャンのミカサへの片思いは実るだろうか...?ジャン視点で描かれる原作補完的SS。……

本文へ続く

ミカサ「エレンの心の声だけが聞こえる都合のいい薬を作ってほしい」

 

ミカサに相談を持ちかけられたアルミン。ミカサの頼みで、心の声を聞く薬を作ることに。……

本文へ続く

ミカサ「エレンが巨人にしか興味がない風潮は間違ってる」

 

風潮シリーズSSの最終回。エレンの思いは104期のみんなと繋がる...。……

本文へ続く

アニ「私がちょろいって風潮」

 

アニと簡単に恋仲になれるという噂が...。勘違いした周りの訓練生から褒められるアニが不機嫌に。風潮シリーズの5作目!……

本文へ続く

ミカサ「…こうじ?」

 

壁内でのミカサと食糧事情を向上させるお話です。ミカサ母とのやり取りを含めた、まったり進行です。……

本文へ続く

ミカサ「あなたのいない日々」

 

エレンがあのときから居なくなった世界。独自設定で描かれるミカサとリヴァイが主体の長編SS。……

本文へ続く

クリスタ「誰も私を知らない世界。」

 

SS初登場!クリスタと小説版「進撃の巨人」のキュクロやカルディナ、ゼノフォンらが登場!……

本文へ続く

サシャ「……ムニャムニャ……もう食べられない……」 クリスタ「……」

 

サシャの寝言がうるさい。同室のクリスタ達がとった行動とは...!?……

本文へ続く

超大型巨人「あ、やっべ。転んだわ」

 

壁を壊すときに、超大型巨人が滑ってしまう...。……

本文へ続く

ミカサ「…麦?」

 

ミカサがサシャの心内に気づく...。山奥でのことを思い出しながら。……

本文へ続く

アルミン「意地があるんだよ!男の子には!」

 

アルミンに意味の分からない噂が流れているとライナーから話を聞くエレン。その噂の真相とは――。……

本文へ続く

エレン「それは正に鉄塊だった」

 

超大型巨人が出現!カルラの絶体絶命に現れた謎の鉄塊を持つ剣士...。彼の正体とは!?……

本文へ続く

ユミル「ベルトルさん」

 

名前をネタにいじられるベルトルさんの物語。ユミルに名前を呼ばれて感動する余りに――。……

本文へ続く

ミカサ(80)「エレンがまだ現役」

 

長い長い時を経た進撃の巨人の世界。みんなは一体どうなっているのだろう...?……

本文へ続く

ミカサ「このSSは素晴らしい」

 

ミカサはふと食堂に置いてある共同雑記帳を手に取る。パラパラとページをめくると...。……

本文へ続く

エレン「流石だな!名探偵アルミン!」

 

それは朝に事件が起きた。先日、コニーが買ってきたケーキが無くなっていたのだ!一体、この中の誰が犯人なのか...!?みんなも推測してみよう!……

本文へ続く

エレン「涼しき夏、暖かき冬」 『おやすみなさい』

 

とても儚く、淡いエレンと母カルラとの思い出――しかし、その悠久の時はもう戻ってこない。……

本文へ続く

アニ「三毛猫、らいにゃー・ぶらうん」

 

突然グリシャから謎の小包が届けられる。その小包の中身とは・・・!?……

本文へ続く

のび太「もしもこの世界に巨人がいたら!」ジリリリリ

 

もしもボックスで巨人を呼び出してしまうのび太・・・。一体どうなるのか!?……

本文へ続く

ミカサ「ミカサフィルター」

 

普段聞いている会話は、ミカサにとってどういう風に聞こえているのでしょうか。……

本文へ続く

ミカサ「エレンと恋人になりたい」

 

ミカサがアルミンに、恋の相談...。ミカサの気持ちはエレンに伝わるのだろうか。様々な方法で試行錯誤するミカサ達の結末は。……

本文へ続く

ミカサ「あったかい」

 

ミカサが山奥で暮らしてた時代のSS。アッカーマン家の日常が描かれている。……

本文へ続く

アルミン「良い加減にしてよっ!!エレンはミカサと付き合えよ!」

 

とうとうアルミンがエレンに切れる!?様子がおかしいアルミンにエレンが...……

本文へ続く

キース「割と暇な訓練教官の日常」

 

キース視点で描かれる訓練の日常系SS。そのキースの心の声とは!?……

本文へ続く

ユミル「実はベルトルトなんだ」 『母さんの匂い』

 

ベルユミというSSの中では異色の珍しいコンビが主役。最初は興味本位でベルトルトに近づいたユミルだったが...……

本文へ続く

エレン「俺駐屯兵団にするわ」

 

エレンが駐屯兵団に入ることに決意!それに対して、アルミンやミカサは...!?……

本文へ続く

ライナー「俺は、こんなことには負けない」 『理由もない――』

 

8巻の嘘予告ネタをモチーフにしたSS。ライナーの運命はいかに!?……

本文へ続く

ペトラ「お肌の曲がり角」

 

お肌で悩む乙女ペトラ。ハンジに相談するも...。……

本文へ続く