SS(小説)

沈黙の進撃

 

あの男が帰ってきた・・・!現在駐屯兵団お抱えのコックとのことだが、ケイシー・ライバック(セガール)が超大型巨人出現に伴い動き出す!……

本文へ続く

アニ(8)「身長ちょうだい」 ベルトルト(8)「えぇー…」

 

アニに恋心を抱くベルトルト・フーバー、ライナーにからかわれるも満更でもない3人の関係はこれからも続いていく。……

本文へ続く

ジャン「よう、死に急ぎ野郎」

 

エレンとミカサに語る思い思い。ジャン・キルシュタインという男はあとどれだけ歩けるのだろう――。……

本文へ続く

マルコ「傍観者の話」

 

マルコとサシャが物語の外側から、世界を観察するお話。……

本文へ続く

エルヴィン「皆集まったな?」Part2

 

コンプレックスを克服するためにエルヴィンによって集められたリヴァイ、ミケ、オルオ、ベルトルト、リコ、ナイル、アルミン。謎の会議が始まる。……

本文へ続く

ミカサ「銀河鉄道の夜」

 

ハンカチと切符を用意して下さい。それではミカサとエレンとアルミンで銀河鉄道の夜へと出発しましょう。……

本文へ続く

エルヴィン「皆集まったな?」

 

突如エルヴィンによって集められたリヴァイ、ミケ、ネス、オルオ、ベルトルト、リコ、ナイル。謎の面子が謎の会議を始める。……

本文へ続く

コニー「憲兵団になって母ちゃん喜ばす」 『ただいま』

 

コニー・スプリンガーという一人の男が調査兵団になるまでの決意や思いを描いたお話。……

本文へ続く

エレン「ダークソウル?」

 

エレンがダークソウルをプレイすることに・・・。最新のゲームをちゃんとクリアできるのか!?……

本文へ続く

エレン「進撃の調査兵団総務部」

 

ジョブ・ローテーションを行うことになった104期達。新人研修の大変さを身をもって体験するエレン、ミカサ、アルミン、ジャン達は―。……

本文へ続く

アニ「私だっておしゃれしたい」

 

アニ・レオンハートがおしゃれを覚えるとき、104期は彼女の美貌に震撼した。思いを伝えるアニの結末は―。……

本文へ続く

アニ「太陽がまた・・・」

 

アニ・レオンハートとエレンが対峙して、思い思いを語り合う。二人の選択は―。……

本文へ続く

エレン「巨人側も悪くねぇ...」

 

エレンが人類を裏切る・・・そんな悪夢のような展開が描かれる。最初にリヴァイの命を奪ったエレンが行き着く先は。……

本文へ続く

マルコ「ぐっ…! 静まれ僕の腕よっ……!!」ジャン「おい大丈夫か?」

 

おかしくなったマルコに絶望するジャン。やがて彼の中2病はマルコからアルミンへと伝染し、エレンとジャンは・・・。……

本文へ続く

ペトラ「兵長、私と踊っていただけませんか」

 

いつも彼女のそばにはオルオとエルド、グンタ・・・そしてリヴァイがいました。……

本文へ続く

リヴァイ「アッカーマンは俺がもらうぞ」エレン「ふぁ!?」

 

リヴァイ班にミカサ・アッカーマンを迎えることに。戸惑うエレン・・・。リヴァイの目的は!?……

本文へ続く

リヴァイ「追悼」

 

リヴァイ班の未練が描かれるSS。死後もリヴァイのそばに集った彼らは・・・。……

本文へ続く

エレン「最後の晩餐」

 

最後の一夜を104期の仲間達は過ごす。昔のことを話し合って楽しむ中、最後の時間が近づいてくる・・・。……

本文へ続く

勝俣「えっwwwアッコさん調査兵団に入るんすか?wwww」

 

アッコは調査兵団に入ることを決意!勝俣と共に訓練兵団に入団する。アッコの才覚は想像以上のものであった・・・。……

本文へ続く

オルオ「俺は生き残ったのか……?」

 

アニメの22話「敗者達」をモチーフにしたSS。オルオは目を覚ますも、女型との戦いの続きを思い出せないでいた・・・。……

本文へ続く

斎藤佑樹「調査兵団ってヤバイっすか....?」

   

気づいたらエルヴィンの演説を聞いていた戦士、斎藤佑樹。ここから彼の物語が始まろうとしていた。……

本文へ続く

アニ「アルミン……あんただから、だよ」

 

エレンと誓ったはずの夢。しかし、その夢も今はどうなっているのか分からない。悩むアルミンに手を差し伸べたのがアニ・レオンハートという孤高の虎であった。……

本文へ続く

エレン「絶対に笑ってはいけない調査兵団・抗?」

 

またあのハンジの実験が帰ってきた!エレン、アルミン、ジャン、ライナー、ベルトルトの5人は「一日笑ってはいけない!」という条件を課せられるが、受けを狙った兵士達の行動に・・・。……

本文へ続く

アニ「あのさ、交換日記しない?」 ライナー「……俺と?」

 

アニはライナーに交換日記をしようと持ちかける。日々の日記生活に慣れ始めるアニとライナー。最後の二人の選択は。……

本文へ続く

アルミン「新世紀エレンゲリオン」

 

グリシャの秘密の地下室を見せてもらったエレン。そこには紫のペンキが塗ってある巨人がいた・・・。……

本文へ続く

マスオ「えぇ~!カツオ君調査兵団に入るのかい!?」

 

進撃の巨人をサザエさん風にパロディー化したSS。シュールな進行で描かれる展開は必見!……

本文へ続く

エレン(29)「結婚したい……」

 

エレン兵長はもう少しで三十路、相手を探さないといけない。そんな置いてけぼりのエレンが再会したもう一人の置いてけぼり。……

本文へ続く

マルコ「ジャンについて分かったこと」

 

マルコとジャンの思い出が今甦る。君の中で、僕は大きな存在になれましたか?……

本文へ続く

マルコ「僕からの贈り物」

 

マルコ・ボットと104期との最後のお話。花を咲かせましょう。……

本文へ続く

エレン「みんなに入れ替わりドッキリを仕掛ける」ミカサ「?」

 

エレンの妙案により、ミカサと心が入れ替わった設定で104期を騙すことに。……

本文へ続く

エレン「ミカサをひたすら無視し続けたらどうなるのか」

 

エレンがミカサを無視し始める・・・。悩み続けるミカサ、成績にまで影響を及ぼすが―。……

本文へ続く

エレン「駆逐してやる!...エルヴィンの髪を!一本残らず!!」

 

エレンが団長の髪の毛を討伐することを誓う。エルヴィンの未来は?……

本文へ続く

ライナー「俺の同郷がこんなに可愛い」

 

朝起きると、ベルトルトとアニが子供に!?小さくなった二人を見て104期達は・・・……

本文へ続く

団長「今回の調査で我々は…多大の成果を得られましたああぁぁぁ!」

 

ブラウンの命は無駄ではなかったのだ・・・。彼の命によって、人類は大きく進撃するイフストーリーが始まる。……

本文へ続く

アニ「あんたは世界を敵に回したとして、世界から恨まれたとして」

 

「こんなところになんで猫が」「見に行く!行こうよアニ!」そうして出会った二人のレオンハート。……

本文へ続く

アルミン「うっうっうー」

 

変な夢を見たアルミン。突然喋れなくなり―。……

本文へ続く

エレン「森の女型(メガ)ちゃん」

 

ある日、巨大樹の森の中・・・・。あの歌を彷彿とさせる特徴的なSS。「女型(メガ)ちゃんに」「出会った」……

本文へ続く

アニ「ライナー」 ライナー「ほらよ」

 

ライナーとアニは何であんなに通じ合ってるのだろう。ベルトルトの疑問は悩みに変わり、静かに悲しみが募る。……

本文へ続く

エレン「夏の日」

 

とある僕らの夏。それは太陽の日差しがとても暑い日でした。……

本文へ続く

エレン「アルミン!レポート手伝ってくれ!」

 

明日の朝9時までにレポートを提出しなくちゃ!ピンチのエレンの元にやってきたのは・・・ライナー達!?一夜漬けが始まる。……

本文へ続く

ベルトルト「思い出話でもしようか」

 

ベルトルトとライナーはあの頃を振り返る。104期との思い出は輝き続ける。……

本文へ続く

リヴァイ班「生存戦略、しましょうか」

 

彼らは何度も蒼穹を舞う。握りしめた決意を糧にして、両手に鋼刃を抱きながら。……

本文へ続く

ライナー「なんかお前冷たいよな」 アニ「そうかな」

 

アニがライナーに特別な思いを抱き始める。お父さん、彼はどこか懐かしい人を思い出させてくれました。……

本文へ続く

エレン「巨人ハーレム」

 

巨大樹の森の樹上にて、ライナーとベルトルトに連れてこられたエレンとユミル。下にいる巨人が何やら不可解な行動をしている。どうやら巨人達がラブレターを書いてるらしい...。……

本文へ続く

エレン「お前さぁ、憑かれてんだよ」

 

ライナーの告白に、エレンはライナーが憑かれてるということをいち早く察する。104期は御祓いを決行する。……

本文へ続く

アルミン「僕が好きなアニが好きなエレンが好きなミカサが好き」

 

エレン、ミカサ、アルミン、アニの4人の関係がややこしくなる・・・。それぞれの気持ちがループする中、最後に選んだ4人の行動とは?……

本文へ続く

エレン「ライナーが行方不明だって!?」

 

ライナーが行方不明になり、104期は彼を探すことに...。すると全員がライナーを見つけて本物を当てることに・・・。……

本文へ続く

ベルトルト「天体観測。」

 

844年の春の夜、ベルトルトはアニを待っていた。……

本文へ続く

ミカサ「お花見に行きたい」

 

桜とミカサの和やかな物語。104期が見たものはとても美しい一本の桜でした。……

本文へ続く

ジャンとエレンの遠回しな愛情表現

 

ジャンとエレンの遠回しな関係が描かれるSS。……

本文へ続く