104話 分析【考察・解説】編

   

タグ:  

104話の考察・解説編、感想パートです。本編を読んだ方や「104話ネタバレ記事」linkを読んだ方向けの記事となります。まだ本編をお読みでない方はネタバレに注意してください。

※104話・・・2018/04/09発売の別マガ5月号掲載

おにゃのこぽん

一息ついて
先にこちらの記事を読むことを推奨します。

104話 あらすじ・感想記事(外部)

解説・注目ポイントなど

 気になった部分の感想や解説、捕捉などをしていきます。最新話考察はここで浅く広くご紹介しています。単独で別記事で出す場合も。

 今回もバトル回ということもあり、考察というより感想がメインです。

checkアルミン版超大型巨人

 アルミンとベルトルトの超大型巨人でどのような差が出るかと思いましたが、顔以外は概ね同じのようです。

 アルミンもこの力を使いこなしている様子で、うなじから上半身だけを出したりしています。さらに普通に街中を歩いておりますね。超大型巨人が歩くところを見るのは初めてではないでしょうか。“超大型巨人は歩けない説”とかも今では懐かしいものです。

checkアギト、意外にも攻撃力高め

 アギトはスピードだけが長所というイメージを個人的に抱いておりましたが、アギトの顎と爪の攻撃力は意外とエレンの拳よりも高め。戦槌の結晶をも傷つけられるほどの威力を誇っている様子。さらにポルコはユミルよりもスピードが速いということがミカサの分析で分かりました。

check車力、防御力は低め

 アギトや鎧に対して車力の脆さが露呈する形となりました。再生力にも難があるようで、意外と脆い様子。

check飛行船で撤退戦に

 ジャンたちが何かを待って明かりを設置していた理由が判明。飛行船での脱出のための目印だったようです。

 これ以降はマーレからの脱出がメインになるのでしょう。決着は次の戦いに持ち越しされることが予想されます。

check戦槌死亡

 意外と早く舞台から降りることになりました。マーレ方の最高戦力であろう戦槌がアギトの顎を利用しての撃破となりました。

 戦槌本体の血肉を飲み干すエレン。ここで一つ疑問があるのですが、噛み砕くのに利用したアギトにも戦槌の本体の力を一部吸収している可能性があると考えております。エレンに戦槌の力が宿った描写があったので、エレンのパワーアップはほぼ確実だと思われますが、ポルコにもその力が宿っていてもおかしくないように思えます。

 もともとポルコに戦槌の力が宿ろうが宿らまいが、エレンはポルコも食べる気だったので、そこにライナーが割り込んで誤算になったという可能性があるのではないでしょうか。

check鎧のないライナー

 はじめてライナーの鎧のない「鎧の巨人」が登場。ほぼ変身前の姿です。元々本体と巨人がそっくりでしたが。

 なぜライナーに鎧がないのかということですが、やはり精神が折れてしまった影響があるのでしょうか。鎧の形成には意思力が反映されるのでしょうか。言語化するのは難しいですが、そういう心理的な問題が結晶の鎧を作れなかった原因なのかもしれません。

総評・次回の予想

 戦槌とジークはラスボス格だと思っていたのですが、二人とも本当にあっさりと絶命してしまいました(ジークはまだ確信に至る描写はありませんが)。最後のボスは案外鎧の巨人になるのかも。となると、諫山先生がやりたいことはエレンとライナーのダブル主人公?

 


 ということでいつもの次回予想。


 次回、マーレから脱出!!(当たり前の予想)


 ということで――それではまた次回にお会いしましょう。さようなら。

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。

 コメント一覧 (4)

    • 1. 進撃の名無しさん
    • 2018年04月20日 22:24
    • 管理人さん
      お元気そうでよかったです。更新楽しみにしてました。

      最終話にむけて謎が少しずつ謎が解けていきそうな気配がしますね、
      エレンは最終的にすべての巨人の力を取り込もうとしてるのでしょうか、、
      吸収した力がどんな形で現れるのか、エレン巨人の姿も変化するのか、
      終わるのも近いと思いつつ楽しみになことも増えてますね~
    • 2. 進撃の名無しさん
    • 2018年04月21日 16:51
    • お疲れ様です。

      超大型巨人はシガンシナの決戦の時点で歩行していたと思います(しゃがんだ状態から立ち上がったり、立ちはだかるエレンを蹴ったりもしましたね)。
      アギトは"その爪と顎で大抵のものは砕ける"といった記述がありましたが巨人の水晶体を破壊出来るとなるともう壊せないものはないんじゃないかと思わせますね。アニの再登場があるとすればこの能力が要素でしょうか。

      内容とは関係ないのですが、このページを閲覧していたら「windowsセキュリティシステムが破損しています」の詐欺広告が出ました……。
    • 3. 進撃の名無しさん
    • 2018年04月21日 21:26
    • 上古の昔、天なる「神」と地なる「悪魔」は共同して世界を創造しました。やがて「悪魔」は世界の支配権を主張して「神」と争いました。「悪魔」は敗れ、少女ユミルの体に封印されました。その子孫によって「悪魔」は九つの要素に分割されました。「悪魔」を支配するために「神」はユミルにその力の一部を注ぎ、それが「始祖」になりました。「悪魔」の「力」「父性」「母性」「獣性」「貪欲」「従順」「創造」はそれぞれを表象する巨人になりました。最後に「悪魔」の「意志」は「始祖」の支配を受けない自由な巨人になりました。終末が近づき「始祖」の力が弱まるとき、それぞれの「悪魔」の分身は世界の支配権を巡って互いに争うでしょう。そして「悪魔」の「意志」は、すべての分身を取り戻して再び甦る機会が来るのを常に窺っているのです。

      大地の悪魔と対になりそうな天空神の名に思った妄想神話。
    • 4. 進撃の管理人
    • 2018年04月25日 09:02
    • みなさま、いつもありがとうございます。

      >>2
      いつもお越し頂き誠にありがとうございます。

      広告の件、ご迷惑をお掛けして大変申し訳ありません。
      大変恐縮ですが、もし可能であればお手数になりますが、アドブロックという広告ブロックツールを導入してみてください。

      それで広告が一切出てこなくなるはず・・・(私も導入しております)

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット