103話 分析【考察・解説】編

   

タグ:  

103話の考察・解説編、感想パートです。本編を読んだ方や「103話ネタバレ記事」linkを読んだ方向けの記事となります。まだ本編をお読みでない方はネタバレに注意してください。

※102話・・・2018/03/09発売の別マガ4月号掲載

アルミンきた!!!

一息ついて
先にこちらの記事を読むことを推奨します。

103話 あらすじ・感想記事(外部)

解説・注目ポイントなど

 気になった部分の感想や解説、捕捉などをしていきます。最新話考察はここで浅く広くご紹介しています。単独で別記事で出す場合も。

 今回もバトル回ということもあり、考察というより感想がメインです。

checkライナー、冬眠状態に?

 結局のところライナーは生きていました。しかし、今まで見たことがない状態に陥ってます。再生は可能なようですが、本人の強い自殺願望のせいか冬眠のような状態になっており、アニの結晶化のような眠りを彷彿とさせます。

 今後、ライナーがどのような展開を辿るのかが全く想像できませんが、予想できる内容としてはトロスト区の暴走したエレンのように自己の葛藤で打ち勝ち、復帰する展開でしょうか。もしかしたら寝ている間に殺されるかもしれませんし、巨人の誰かに食われてしまうことすら考えられます。

 ライナーの立ち位置からどういう展開に転がるか非常に展開が読みにくい印象です。

check戦槌、体力切れか

 見ている限りは戦槌は弾切れのようで、自分の身を結晶で守って防御一辺倒に陥っている様子です。しかし、エレンもこの結晶をどうにかする手段はないようです。

 また、エレンの発言の流れからアニや戦槌の身を守る特別結晶は普通の硬質化で作られた結晶よりも硬い様子が伺えます。

 仮にこのまま戦槌を食べたところで脊髄液も得られませんし、消化する手段がないので吸収も出来ないでしょう。

check「時間がない」とは?

 パラディ島側は時間をなにやら意識している様子。なぜ時間がないのか、これから何かが起こるということでしょうか。未だにその全容は見えてきません。何かしらの切り札があるのではないかと推測できます。

checkついにアルミン登場!

「待ってました!」と読者の皆様も思われたことでしょう。ついにアルミンが現れました。それも中々の好青年という雰囲気。具体的にはっきりした姿は2コマしかありませんが、なんとなく雰囲気は暗い感じで、なんとなくベルトルトのカルマを背負っているような印象です。

checkジーク、あっさりと墜つ

 戦士の長であるジーク。リヴァイを挑発しながらもあっさりとうなじをとられてしまいました。ぱっとみは即死の印象。並の巨人なら間違いなく生きていないように思えるのですが、爆弾でうなじを爆破したあとのジークの描写の一切が伏せられており、恐らくこのパターンは普通に生きているパターンだと推測できます。

checkパンツァー隊全滅

 前々から死亡フラグが立っているとは思っていましたが、あっさりと全滅しました。彼らはピークファンクラブでもありました。サシャの狙撃であっという間に崩されてしまう結果に。ピークも瀕死の重体でジャンのとどめが通れば、恐らく絶命してしまうかと思われます。ただファルコが瀕死のピークのために身を呈しているせいで、ジャンがどのような行動を取るかは未知数。

総評・次回の予想

 やはり今回の見所はアルミン、そして調査兵団の対巨人戦闘でしょうか。ジークとピークが絶体絶命という印象もあり、マーレ側が窮地に陥っている印象。

 


 ということでいつもの次回予想。


 次回、超大型巨人が横に寝転がってレベリオ収容区を地鳴らし!!


 ということで――それではまた次回にお会いしましょう。さようなら。

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。

 コメント一覧 (5)

    • 1. 進撃の名無しさん
    • 2018年03月19日 14:36
    • 発売日に更新がなかったので何かあったのかと思いました。良かった良かった。
      結局顎髭が誰なのか謎が深まりましたね。
    • 2. 進撃の名無しさん
    • 2018年03月26日 20:28
    • いつも応援しています
    • 3. 進撃の名無しさん
    • 2018年04月11日 11:10

    • アニは生きていてパラディ軍側にいる。

      ジークはアニに炙り出されてリヴァイに倒される。

      ピークとガリアードはなんらかの事情で対ジークでパラディ軍側と共闘する。
      (アニがキーマン)

      サシャは死亡する。

      コニーはわからない。

      ジャンもわからない。

      ハンジは生き残る。

      リヴァイはわからない。

      アルミンは最終話の少し前でエレンと袂を分かつ。

      エレンがラスボス。

      ライナーは鎧をファルコに継承させて死ぬ。

      エレンは最終話前に鎧を継承したファルコに食われる。

    • 4. 進撃の名無しさん
    • 2018年04月12日 02:00

    • おそらくエレンの持つ『始祖の巨人』は記憶を通して過去と未来で繋がる力を持っている。
      つまり記憶を逆流させて過去や人々の記憶を改竄する能力。
      そしてそれは九つの巨人をすべて継承する事ではじめて可能になるのかもしれない。
      フクロウが言っていた「ミカサやアルミン、みんなを救いたいなら…」は未来のエレンの記憶が逆流していた可能性がある。
      第1話のタイトルやエレンが冒頭で泣いていたのもそれのせいだと思う。
      エレンの目的は過去の改竄、すなわち物語のやり直し。
      フクロウがグリシャに語っている「すべての巨人… すべてのユミルの民はその座標へと繋がっている 空間を超越した"道"でな」がたぶんそれの伏線。
      エレンがカルラを食った巨人がダイナである事に気がついたシーンが『独房で目が覚めた瞬間』と『22巻の後半の会議の最中』とで、何故か2ヶ所あるのも作者のミスでなければ何か記憶に関係する伏線かもしれない。
      ループ説は最初からあったが、この物語は未来から過去に記憶を逆流させるという形で物語がループしているのかもしれない。

    • 5. 進撃の名無しさん
    • 2018年04月12日 02:31
    • ↑会議中のほうはまだ話てないってだけで
      エレンが「まさか」って叫んでいたは
      始祖の巨人の力は王家の人間じゃなくても

      王家の血を引く誰かに触れていれば始祖の力を使えるのかも知れない…

      って可能性に気づいたからだと思うわ。
      力ってのは記憶の逆流とか過去の改竄とかってので合ってそうだけどな。
      しかもそれならエレンがジークに触れるってのでも可能だよな。

      パラディ側の何人かはエレンからそれを聞かされてるから
      サシャとかアルミンとかなんか無慈悲に見えんじゃねーかな?
      それならエレンの目的に同調してる連中が
      パラディ側に協力してるとかいろいろ推測できる訳だが。
      もしアニが生きていて再登場する可能性があるとしたらパラディ側だろうし
      エレンの目的がジークに触れるか食うかして記憶や過去の改竄するってのだったら
      過去話のアニの心理描写とかから見てあり得るかもな。

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット