100話 分析【考察・解説】編

   

タグ:  

100話の考察・解説編、感想パートです。本編を読んだ方や「100話ネタバレ記事」linkを読んだ方向けの記事となります。まだ本編をお読みでない方はネタバレに注意してください。

※100話・・・2017/12/9発売の別マガ1月号掲載

エレン、GO!

一息ついて
先にこちらの記事を読むことを推奨します。

100話 あらすじ・感想記事(外部)

解説・注目ポイントなど

 気になった部分の感想や解説、捕捉などをしていきます。最新話考察はここで浅く広くご紹介しています。単独で別記事で出す場合も。

 今回も考察するポイントはあまりないので感想がメインです。

checkヴィリー・タイバーは巨人じゃなかった?

 なんとなく「ヴィリーが戦槌の巨人ではないか」という疑惑を個人的に向けてましたが、まだ確定には至ってませんが違う様子。

 その大きな理由としては「そこで見ててくれ・・・これがお前を犠牲を犠牲にした俺のけじめだ」という台詞です。この「犠牲」という表現が使われた人物は巨人の力を引き継いだという意味だと推測されます。それが家族の誰に向けられた台詞かまでは分かりませんでしたが。つまり、この場に戦槌の巨人も来ているということで良いかと考えます。

check超大型巨人郡の「地鳴らし」

 ずばり北欧神話で言うところのラグナロクを彷彿。もしくはナウシカでいう火の七日間と言ったところでしょうか。巨人が苦手とされている海をも渡れるのかは不明ですが、恐ろしい世紀末が見え隠れします。

 しかし、元はといえばタイバー一族が真実をひた隠しにし、保身に走ったことが全ての元凶に思えるのは気のせいでしょうか。タイバー家の嘘が発端でパラディ島は攻撃され、そしてエレンたちは復讐を誓います。しかし、不戦の誓いというものとフリッツの真意を世に知らせておけば、攻撃する必要がない存在なんて分かりきったことであり、こんなことにはなっていません。

 その真実に反省することなく、今度は世界で一丸となってパラディ島を叩こうと誘導するのは、エレンからしても個人的にも腹立たしいように思えます。

check「私がこの世に生まれてきてしまったからです」

 このヴィリーの台詞に恐らくエレンは既知感を覚えたのではないでしょうか。

「俺が!!この世に生まれたからだ!!」という台詞がトロスト区でコントロール不能に陥ったエレンの夢内の台詞であるわけですが、それの対比とも言えるような台詞です。

checkヴィリーが戦いを選び、エレンは

 エレンの行動はヴィリーの意思と意図が分かるまでわざわざ保留していたように思えます。わざわざ宣戦布告をするまで、エレンは何もしませんでした。もしここでヴィリーが戦わずに平和を選ぶ選択をしていれば、もしかしたらエレン率いるパラディ島側も手を出さなかったのかもしれません。

「パラディ島の悪魔と!!共に戦って欲しい!!」

 というヴィリーの台詞を聞いたエレンはとても悲しそうな表情を浮かべます。「仕方がないか」とか「悪いな」といったようなどこか残念そうな表情でもあります。

check「俺は進み続ける。敵を駆逐するまで」

 「巨人を駆逐する」から「敵を駆逐する」になっています。この台詞からも分かるとおり、まだ和解の余地があったように感じます。

 マーレが敵になるという選択肢さえ選ばなければ・・・。

checkライナーやファルコはまたまた死んだのか!?

 何度もライナーは死ぬ死ぬ詐欺をやっているわけですが、今回もゼロ距離でエレンの変身に巻き込まれたわけですから、どうなったのやら。例のごとく死んではいないように思えるのですが、仮に生きていたとしてもエレンと戦う気力すらあるのか疑問です。

 続いてファルコです。彼もライナーほどではないのですが、エレンの至近距離におりました。ここでファルコが死んでしまったのなら、今までの描写は一体何だったのかということになりかねません。

 エレンの変身直後に死体らしきものが数人はじけ飛んでいる描写が見えますが、これに関してはビルの住民という可能性のほうが高そうです。

checkヴィリー・タイバーが死んだことで

 世界から愛され、カリスマ的存在でもあり、そして今回の演説でも拍手喝采を受けていた彼がエレンに殺されたことにより、恐らく世界は一丸となりエレンに立ち向かうことになります。つまり、巨人の世界大戦が開戦したという認識で良いかと思います。ヴィリーを倒すことと引き換えに、敵を一つにしてしまったという脅威もついてくるわけですが、パラディ島は一体どのように立ち回っていくのでしょうか。

 そして、東洋人はどういう立ち回りになるのかも気になるところです。

総評・次回の予想

 ついにエレン登場!相変わらず巨人の姿はあんまり変わってませんね。

 


 ということでいつもの次回予想。


 次回、戦槌の巨人、もしくは鎧の巨人とエレンが争う!


 ということで――それではまた次回にお会いしましょう。さようなら。

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。

コメント一覧

    • 1. 進撃の名無しさん
    • 2017年12月09日 22:35
    • エレンがライナーと握手した時に、「座標」を使ってライナーを味方にしてしまっている気がする
      次回は、戦槌の巨人vs進撃の巨人+鎧の巨人・・・かな?
      「仲間」のジーク(?)やアルミンもすぐ近くにいるかも?
    • 2. 進撃の名無しさん
    • 2017年12月10日 16:52
    • 始祖ってエレン一人で使えたっけ?
    • 3. 進撃の名無しさん
    • 2017年12月11日 21:30
    • 座標というか始祖の力は、始祖の巨人+王家の血で使えるんだろ?だからそれは無いと思う。
      ライナー達視点から見ると、仕組はわからないけどエレンが始祖の力を使った様に見えたから危険と判断したんだろ。(本当は始祖の巨人+グリシャの奥さんに触れたからだけど)
    • 4. 進撃の名無しさん
    • 2017年12月12日 01:37
    • ジークとエレンとで
      完全なる始祖の巨人発動だね!
    • 5. 進撃の名無しさん
    • 2017年12月12日 18:58
    • 「家族ではない」といセリフからジーク宛の手紙じゃないのかなと思ったけど、そもそも「血は繋がってるけど家族とは思ってない」ってこともあるのかな。ボールとグラブをエレンに届けたのがジークだったとしたら、スパイ兵士のことを全く疑わず、顔に引っかかりもしなかったのは全部知ってたからかもしれない。ジークはシガンシナの決戦のとき、エレンを必ず救い出すと言ってたから協力する可能性はあると思う。
    • 6. 進撃の名無しさん
    • 2017年12月17日 08:26
    • あんまり重要なことじゃないかも知れないが
      エレン(巨人)でかくなっているような気がする。
    • 7. 進撃の名無しさん
    • 2017年12月20日 13:21
    • ※6
      単に画面映えする構図で描かれただけでしょたぶん…
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット