98話 分析【考察・解説】編

   

タグ:  

98話の考察・解説編、感想パートです。本編を読んだ方や「98話ネタバレ記事」linkを読んだ方向けの記事となります。まだ本編をお読みでない方はネタバレに注意してください。

※98話・・・2017/10/7発売の別マガ11月号掲載

タイバー家の狙いは・・・

一息ついて
先にこちらの記事を読むことを推奨します。

98話 あらすじ・感想記事(外部)

解説・注目ポイントなど

 気になった部分の感想や解説、捕捉などをしていきます。最新話考察はここで浅く広くご紹介しています。単独で別記事で出す場合も。

 今回も考察するポイントはあまりないので感想がメインです。

checkコルトはマーレ軍に好意的ではない?

「いくらマーレ軍でもそんな判断しませんよ」

「ファルコまで巨人にならなくたって・・・」

コルトとファルコの叔父はエルディア復権派の幹部だったことも遠因なのか、本当にマーレ軍に忠誠を誓っているのであれば、上記のような台詞は出てこないように思えます。特に「いくら○○でも・・・」という言い方にそれが現れているのではないでしょうか。

余談ですが、その叔父グライスはグリシャと共にエルディア復権派を導いていた男であり、グリシャを誘った男でもあります。

check家の増築の件

 おそらく比喩表現としてヴィリーが使っている「家」という言葉。これは具体的に何を指しているのかがわかりにくいところですが、「家の増築の件」「大掛かりな解体工事が必要」「老朽化が深刻」「家は倒壊寸前でしたがまだ使える柱も残ってました」という会話内容から穏やかではないことは確かです。

 さらに前夜祭でのヴィリーの演説でレベリオ収容区のことを「エルディア人という悪魔が住む家です」と語っています。これが何を意味するのかは想像に難くありません。

 「家」を「レベリオ収容区」、もしくは「エルディア人」に置き換えると、いくつか可能性が見えてきます。

 はっきりと明言できませんが、収容区のエルディア人にとって良くない未来、もしくはその逆のどちらかが起こるのでしょう。

checkスパイがばれる

「我が家には既にネズミが入り込んでいるようです」というマガトの発言から、工作がばれている様子。ただし、これはエレンの侵入がばれているとは限りません。エレン以外にも別のスパイがいるのは想像できますので、そちらがばれたという可能性があります。

 別のスパイというのはエレンの仲間かもしれませんし、まったく関係のない他国のスパイかもしれません。

check手紙のやりとり

 エレンの手紙のやりとりはファルコを介して、何度も行われている様子。しかし、いまだに手紙の内容の実態は描かれておりません。仲間への連絡なのか、マーレ内にいる協力者(現段階で存在するか不明ですが)への連絡なのか、いまだに謎です。

 ただひとつ気になるのは送り先から届けられたと思われるグローブとボールです。グローブと言えばジークですよね。ジークが内通者となってエレン側に付いている・・・なんて可能性も・・・無理筋に近いですがそういう可能性もあるのかもしれません。。

checkエレンの祖父、区の診療医イェーガー

 エレンにとっては祖父にあたる人物です。もちろんエレンは気づいているのでしょうが、イェーガーは孫であると気づいておりません。そもそもエレンという存在すら知らないでしょうし、彼にとっての孫はジークだけです。無論、ジークがイェーガー診療医にエレンの存在を話していなければ・・・の話ですが。

 そんな彼はグリシャの楽園送りの件などで精神を病んでいるようで、後悔に打ちひしがれています。エレンの存在を知ったら彼はどう思うのでしょうか。

check東洋人は絶滅していなかった

 壁内では絶滅したと語られてきた東洋人でしたが、「壁外には人類がいない」並みの偽歴史だったようで、普通に前夜祭のパーティ会場で要人と思われる東洋人が出席しています。それもウドをかばったことから、エルディアに対してはどうやら好意的、もしくは中立的な様子が伺えます。

 ウド曰く、「東洋のヒィズル国」から来た人なのだろうと語っています。ヒィズル国という新しい国が出てきたわけですが、どのような国か気になるところ。さらに気になったのはヒィズル国の背中にある3本の刀の紋様でしょうか。覚えておきましょう。

 ミカサの母方の先祖にとっては故郷の国となるのでしょうか。

checkエレンとライナー、ついに再会

 因縁の二人がついに再会しました。あえてエレンが地下に呼んだのはお互い変身をしないという縛りを設けて、話し合いをするためでしょうか。ここで戦うと大量のエルディア人が犠牲になるので、どちらにしてもライナーもそれは望まないでしょうが・・・

 それにしても何を話すのでしょうか。個人的にはマガトとヴィリーの話す「家の増築の件」に絡んでいるのではないかと疑っております。

総評・次回の予想

 いよいよエレンとライナーが出会いました。それも話し合いのできる状態ということで、なんらかの進展や交渉が見られるのかもしれません。

 


 ということでいつもの次回予想。


 次回、ヴィリーとマーレ軍がレベリオ収容区のエルディア人を大量虐殺!エレンとライナーが手を組んで共同戦線!?


 ということで――それではまた次回にお会いしましょう。さようなら。

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。

コメント一覧

    • 1. Evan
    • 2017年10月10日 16:27
    • はじめまして、エバンと申します。
      コメント欄から大変恐れ入りますが、
      貴サイトを拝見し是非、マンガアプリ案件のご掲載をご提案させていただけないでしょうか。

      弊社はアプリに特化した完全クローズド型ASPを運営しており、
      ご興味ございましたらこちらのメールアドレスまでご連絡いただけますと幸いでございます。
      info.app.asp@gmail.com
      お忙しいところ恐縮ですが、何卒よろしくお願い致します。
    • 2. 進撃の名無しさん
    • 2017年10月10日 17:14
    • まとめお疲れ様です。
    • 3. 進撃の名無しさん
    • 2017年10月12日 08:15
    • ダイバー家と隊長の話から、巨人の世代交代や世代交代の発表がありそうですね
    • 4. 進撃の名無しさん
    • 2017年10月15日 09:53
    • 日出ずる国かな?
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット