95話 分析【考察・解説】編

   

タグ:  

94話の考察・解説編、感想パートです。本編を読んだ方や「95話ネタバレ記事」linkを読んだ方向けの記事となります。まだ本編をお読みでない方はネタバレに注意してください。

※95話・・・2017/7/7発売の別マガ7月号掲載

ライナーも色々苦労していたようだ

一息ついて
先にこちらの記事を読むことを推奨します。

95話 あらすじ・感想記事(外部)

解説・注目ポイントなど

 気になった部分の感想や解説、捕捉などをしていきます。最新話考察はここで浅く広くご紹介しています。単独で別記事で出す場合も。

 本話も考察するポイントは少ないので、感想がメインになりそうです。

check血縁は「記憶の継承」と因果関係がある

「血の繋がりは九つの巨人の記憶の継承に強く影響するって巨人学会の人が言ってたよね」

 ということで血縁による継承にも意味を為すことが明確に。記憶だけでなく能力の引継ぎなどの影響もあるのかもしれません。少なくとも始祖の巨人は血縁者じゃないと本領発揮しにくいということが判明しております。

check「この部屋にはいない」

 マガトたちに盗聴されているということをジークが仲間に暗に伝えた台詞です。

 ガリアードことポッコはそれに気付きませんでしたが、ライナーやピークは気付いていた様子でした。そして、マガトも「余計な一言」と言ったことから、ジークが盗聴をこっそり伝えたことを理解している様子。盗聴に気付いていないポッコが失言しないようにライナーが会話を遮るなど、微妙な駆け引きが垣間見られました。

 また、エルディア人同士での会話でジークの本音が見えるかとも思いましたが、この密室の会話も本心は定かではないという印象です。

check「戦槌の巨人」を操る謎のタイバー家

 今まで明らかにされてなかった最後の謎の巨人が明らかに。その力を受け継いでいるのはタイバー家と呼ばれる謎の一族。不戦・政治不干渉を貫いて名誉マーレ人として暮らしてきたようです。

 巨人大戦ではフリッツ王に最初に抗った貴族家であり、その実績からエルディア人であるも名誉マーレ人として豪華な暮らしっぷりをしてきたようです。エルディア人の中では特権階級に甘んじているように見える人がいるのも実情で、ポッコはあまりタイバー一族に対して良い印象は抱いていない様子。

 さらにタイバー家はフリッツ王を退けた一族ということから、諸外国もその存在は無視できないほどの発言力と影響力を持っている様子です。生存権を脅かされるほどの迫害を受けるエルディア人の一族ということに加え、嫌われ者の巨人の力を持っているのにそのような都合の良い権力と発言力があるというのは正直不思議な感じはしますが・・・。

 特に気になるのは能力です。始祖の巨人をも退ける力があったようですが、どのような力なのかは明確ではありません。「戦槌」という名前から想像できるのはハンマーですが、武器としてハンマーを扱うのでしょうか。もしくは硬質化でハンマーを作り出して武器にするとか・・・シンプルに予想するのであればそんなイメージです。戦槌には制裁という意味もあるかもしれません。

checkライナーの父親

 どういう父親なのかと想像したものですが、正直最低でろくでなしという印象です。立派に育ったライナーとは対照的と言えるでしょう。

 ライナーの拠り所のひとつが父と母が一緒になって幸せになることでしたが、その夢が砕かれてしまいました。

checkライナーが選ばれたのはマルセルの工作だった

 次にライナーが心の拠り所としたのは「自分は選ばれた戦士。島の悪魔から皆を救い世界の英雄になる」ということでした。

 しかし、マルセルからライナーが有利に働きかけるように印象操作をしていたことを告白されます。自分が正当な評価を受けて選ばれたのかを疑問に感じるライナー。ここで心の拠り所がまた一つ、雲行きが怪しくなっていくわけです。

 そうやって悩んでいるうちにマルセルは巨人(後のユミル)に襲われて、食べられてしまうのでした。どんどん彼の自責の念が募り募っていきます。

checkライナーの精神病の布石が着々と

 まだ描かれるのは次回以降になるでしょうが、ここからパラディ島の現実を目の当たりにし、さらにライナーは葛藤に蝕まれることでしょう。唯一、最後に残った心の拠り所は壁内人類を成敗すること。しかし、そこにはエルディア人の収容区と大して変わらない光景が広がっていました。

 そりゃ精神的に病むのも仕方がないといえます。それどころか壁内人類は全く何も知りませんでした。

総評・次回の予想

 ライナーがいかにして精神的に厳しい状況に追い込まれていったのか、というのがよく分かる回です。

 


 ということでいつもの次回予想。


 次回、またまたライナーの回想モード!


 ということで――それではまた次回にお会いしましょう。さようなら。

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。

コメント一覧

    • 1. 進撃の名無しさん
    • 2017年07月09日 23:52
    • なんでこのサイトはポルコ・ガリアードのことをいつまでもポッコと呼んでいるの?
      管理人はあだ名と本名の区別もつかないの?
    • 2. 進撃の名無しさん
    • 2017年07月10日 09:39
    • 戦槌の巨人って、モロ北欧神話のトールでしょ。
      してみると、超大型→スルト、車力→フェンリルあたりをイメージしてるのかもしれない。
      オーディンの役割を鎧、ロキの役割を獣の巨人あたりが担っているのかもしれないけど、まだ分からないか。今後の展開がちょっと楽しみかも
    • 3. 進撃の名無しさん
    • 2017年07月10日 13:58
    • ピークちゃん可愛い(^○^)
    • 4. 進撃の名無しさん
    • 2017年07月10日 21:31
    • ポッコでもええやん!
    • 5. 進撃の名無しさん
    • 2017年07月11日 17:18
    • 「血の繋がりは九つの巨人の記憶の継承に強く影響する」ことが今回で明らかになりましたね。エレンがグリシャの記憶を受け継いだのに対し、ガリアードがユミルの記憶を断片的にしか見れていない理由はそういうとこにあったとわかりました(ガリアードはまだ顎を受け継いで日が浅いということもあるとは思いますが)
      ここから考察なのですが九つの巨人の内、もっとも強大な力を持つ始祖はこの記憶の継承が他の巨人よりも強いのではないかと思います(王家で力を受け継いできたことも理由の一つです)。
    • 6. 進撃の名無しさん
    • 2017年07月16日 10:14
    • 91話からのコメントの少なさw

      進撃のまとめサイトは
      エレンちゃんが好きな人(リヴァエレかエレリ)の
      エレンちゃんが好きな人(リヴァエレかエレリ)による
      エレンちゃんが好きな人(リヴァエレかエレリ)の為のサイト
      だから仕方ないか。
    • 7. 進撃の名無しさん
    • 2017年07月21日 09:38
    • ポッコの何が嫌なんだよ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット