93話 分析【考察・解説】編

   

タグ:  

93話の考察・解説編、感想パートです。本編を読んだ方や「93話ネタバレ記事」linkを読んだ方向けの記事となります。まだ本編をお読みでない方はネタバレに注意してください。

※93話・・・2017/5/9発売の別マガ6月号掲載

ハンジたちも気になる!

一息ついて
先にこちらの記事を読むことを推奨します。

93話 あらすじ・感想記事(外部)

解説・注目ポイントなど

 気になった部分の感想や解説、捕捉などをしていきます。最新話考察はここで浅く広くご紹介しています。単独で別記事で出す場合も。

checkインターナショナルな政治色が強い方向に

 完全に別の作品になったのではないか、と感じるような転換した内容になって来ています。

 特に、国際政治色が強いと感じる方も多かったのではないでしょうか。巨人という存在も完全に味付けのような存在になっており、読んでいて少し悲しくなる部分も感じられました。以前は巨人は畏怖べき存在と扱われてきましたが、今後はユミルの民&巨人の差別問題などに方向転換していくものと考えられます。現在はパラディ島に侵攻する理由を組み立てているような展開に感じております。

checkジークの任期(寿命)1年

 ジークはあと一年の寿命ということで力を引き継いだのは842年だったという認識で良いのでしょうか。

check「獣の巨人」の特殊な力は王家の血が原因か

 仲間の巨人を増やしたり、月が出ていれば夜でも巨人を操れる能力などは王家の血が原因であろう、ということがコルトとジークの会話で伺えます。ただし、そのことはジークも隠している様子。今後の保身のためなのか、どういう思惑を秘めているかは分かりませんが、ジークもマーレに全てを明かしているわけではないみたいで、完全な忠誠心を持っているとも言えない様子が伝わります。

 なおジークの脊髄液をエルディア人に投与し、叫ぶことによって巨人に変身させて操ることが出来るとのことですが、ラガコ村においては井戸水経由から経口摂取で投与したという認識でよろしいのでしょうか。具体的な手口は謎ですが、仮にこの手口だとすると濃度が薄い脊髄液を飲んだだけでも変身因子になるのは怖いですね。

checkパラディ島に送られた調査船32隻が還ってこない

 パラディ島の偵察をしっかりと行っていたようですが、調査船は帰ってこず。

 エレンたちの状況がいまだに見えてこないわけですが、調査船からマーレ人・エルディア人を確保し、調査船の技術を吸収するなど、かなりの技術進歩をしていても不思議ではありません。

 また、エレンやアルミンたちの実力も当時と比べると遥かにパワーアップしているのではないでしょうか。そういったことが伺えるようなエピソードです。

check巨人科学の副産物アッカーマン一族

 アッカーマンもついに伏線回収らしき話が出てきました。ミカサの一族に伝わる刺青(アニメ板:刺繍)など、まだまだミカサには謎が多く残っていますが、アッカーマン=巨人説はあながちハズレではなかったということですね。

checkガリアードはユミルの後継、そしてマルセルの弟

 ユミルの巨人はどのように、誰に継承されたのかは具体的に明示されていませんでした。個人的には車力(四足)がユミルかと思っていたのですが、そうではない様子。どうやらユミルの巨人は「顎(アギト)」だったそうです。

 ユミルもあっさりと亡くなっていた様子。なんだかんだで生きてくれれば、とも期待していたのですが残念ですね。

 さらに彼はマルセル(ベリック)の弟だったということも明らかになりました。本名はポッコとちょっと弱そう(笑)。

check車力(四足)のピーク

 またまた謎多き病んでそうな女性ピークが登場。彼女は「車力」を保有している巨人です。

 「人間に戻るのは二ヶ月ぶり」という発言から、長期的・持続的に巨人化出来る特徴を持っていることが伺えます。シガンシナにて、常に巨人化した状態で待機していた伏線を説明しているものと伺えます。

 キャラ位置としてはミカサに似たヤンデレ枠という雰囲気で、そこそこ人気が出そうなキャラです。

checkガビ劇場?

 マーレ視点に変わってから感じた点のひとつとしては、諫山先生がガビをものすごく愛しているというか、贔屓しているのではないかというくらいの立ち位置に感じます。彼女を本格的な主人公にしたいという思惑なども感じられるキャラクターです。(良いのか悪いのかは別として)

checkライナーのクリスタへの思いは?

 地味に気になっていたのがライナーのヒストリアへの片思いの行方です。マーレに戻ってからというものの、そこらへんが一切合財描かれておず、クリスタへの片思いはもう無くなったのか、それとも一時の気の迷いなのかなと勘繰ってしまいます。

 無論第一線で戦う人間ですので、そのような恋慕は考えないようにしているのかもしれませんが、その辺りの感情も気になる部分ですよね。

総評・次回の予想

 マーレ視点に変わってきてからというものの、マーレの戦力の底が見えてきた感じですが、逆にエレン側がどうなっているのか不透明なのが怖いところです。

 


 ということでいつもの次回予想。


 次回、ファルコが訓練を頑張る!?の巻き。戦士候補生の日常が描かれるのではないかと予想します。


 ということで――それではまた次回にお会いしましょう。さようなら。

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。

コメント一覧

    • 1. 進撃の名無しさん
    • 2017年05月11日 22:31
    • ユミルが顎だったってことは九つの巨人のうち、まだ八つしか明らかになってないということになる。
      巨人対戦でマーレが七つ手に入れてクルーガーが隠れて進撃を保有、エルディアが始祖、となるとまだ明らかになってない巨人は途中からマーレの手を離れたことになるな。
    • 2. 進撃の名無しさん
    • 2017年05月11日 22:47
    • 1だが続きを書く、自分は残り一つの巨人をアッカーマン一族と結びつける。
      アッカーマン一族についての自分の主張は「エルディア人以外の人種にも九つの巨人の力は継承できるのか」という名目で行われた巨人科学の実験の産物ということである。
      しかし、アッカーマン一族は巨人になることはなく、人間の姿のままで驚異の力を発揮する一族となったわけだ。
      簡単にいうと巨人と人間のハイブリット一族だな。
      (この仮説が正しいとして)ただジークのアッカーマン一族に対する「王家の伝承のみの存在と思われていた一族」という発言からこの実験がマーレ側で公式に行われていたわけではなくなる。
      う〜んこっから結論がでない
    • 3. 進撃の名無しさん
    • 2017年05月12日 13:22
    •  ポッコって多分、名前ではないんじゃないかなー。
       小さいとか少なめという意味のイタリア語かスペイン語の「poco」で、「おちびさん」とかそんなニュアンスの愛称だと思いますよ。ジャンの幼児時代の愛称「ジャンボ」みたいな。
       ピークとガリアードは親しそうだし、ガリアードは子供時代の恥ずかしい愛称で呼ばれたから嫌がったんじゃないかなあ。
    • 4. 進撃の名無しさん
    • 2017年05月12日 17:30
    • 1,2
      アッカーマンが9つの巨人の一つっていうのは無理がないか?
      マーレ側はパラディ島にある始祖・進撃・女型・超大型の4つの巨人を奪えば9つすべての巨人が手に入るって言ってるんだぞ?
      それにアッカーマン一族はあくまで副産物であって源流である9つの巨人とは別物。
      未登場の9つ目の巨人もマーレ側が既に所有していて、非戦闘向きの巨人か領地防衛特化の特性持ちの巨人だからまだ登場していないと考えるほうが自然じゃないか
    • 5. 進撃の名無しさん
    • 2017年05月12日 19:08
    • 4.せやったな、マーレ側のその発言を忘れてたわ、指摘ありがとナス
    • 6. 進撃の名無しさん
    • 2017年05月13日 20:40
    • ああ…ユミル死亡けっこうショックだわ…
    • 7. 進撃の名無しさん
    • 2017年05月14日 01:06
    • やっぱ進撃の巨人面白えわ
    • 8. 進撃の名無しさん
    • 2017年05月14日 11:31
    • 最後のライナーの「冒涜したのか?」と豹変したように詰め寄ってからの「お前がガビを救い出すんだ」はライナーの役割に飲まれてしまうあの性質の描写だよね
      戦士のライナーが兵士として振る舞わなければいけなかった壁の中から退いても、すり込まれた戦士の自分とそうでない自分の間で同じことを繰り返してしまうんだな
      不器用に加えて人の情を無視できない男だからこそこうなってしまったと思うとやりきれない気持ちになった
    • 9. 進撃の名無しさん
    • 2017年05月15日 11:20
    •  多分ライナーはもう精神的には安定してると思う。年齢的にももう成人だろうし、自分が本来いるべき場所に戻ったことで自分を偽る必要はなくなり、同じ境遇の戦士たち、そして自分を慕う少年少女たちをと行動を共にしている。
      「冒涜したのか?」以下は、人格的な豹変ではなく、何処で誰が聞いているかも判らない密告が横行しているマーレ社会の中でで、不用意に体制に疑問・不満を抱いているような意見を洩らしたファルコを、厳しく嗜めている描写だと思う。近現代でも、特に軍事独裁政権社会では密告が横行し、たとえ親しい友人や親兄弟の前ですら、政権や社会体制に批判的な言動をしたら即座に連行された。
       ライナーはファルコに対し、暗に「たとえ如何に現状に疑問や不満を持とうとも、表に出して誰かに知られれば、お前だけではなく一族郎党みな破滅だ」と釘をさしつつ、「ガビに鎧を継承させ、短命に終わらせたくない、彼女を守りたい」というファルコの気持ちを理解して、「ガビを守りたければー」と彼の意志を確認したんだろう。
       「任期」の短い身として、次の代の少年少女に未来の救いを託す・・ライナーのそんな意志を感じたのだが、人の捉え方はそれぞれだからな。
       
       
    • 10. 進撃の名無しさん
    • 2017年05月15日 21:46
    • 9に同意だね。あの時ライナーはあえてそう振舞った。迂闊にそんなこと言うんじゃない、と。
      その後、真っ暗な未来とも言っているから、マーレに忠誠を誓っているガリアードなんかとは、もう向いている方向は違うんだろうね。
    • 11. 進撃の名無しさん
    • 2017年05月16日 12:52
    • ユミルの記憶はガリア―ドが思い出してくれるのかな。あんな手紙で終わるとか悲しすぎる。
    • 12. 進撃の名無しさん
    • 2017年05月17日 20:55
    • ユミル個人に関するエピソードはもう出し切ったような
    • 13. 進撃の名無しさん
    • 2017年05月18日 11:41
    • 今更だけどマーレやエルディア大陸って上下反転したインドだよね、パラディ島はそっから左右対象に反転したセイロン島
    • 14. 進撃の名無しさん
    • 2017年05月18日 21:03
    • ところで壁内の王家のフリッツ家はどこに行ったの?
      ヒストリア以前はアル中みたいなジジイがフリッツケと偽って王座に傀儡のように座ってたけど

      ユミル・フリッツの子孫が壁内へと逃げ込む
      →フリッツ家はレイス家と名を変えた?
      →フリッツ家の分家がレイス家でありシソを継承したから、ヒストリアの他に王家がまだいる?

      ちゃんとした描写あったっけ?前者が正しい?
    • 15. 進撃の名無しさん
    • 2017年05月18日 22:01
    • 14へ、ヒストリア以外の王家は超大型巨人襲来の際に巨人かしたグリシャに殺されたよ。
    • 16. 進撃の名無しさん
    • 2017年05月19日 00:53
    • 既に書かれているが9つ目の巨人はマーレ所有でほぼ確定だろうな
      エルディアからマーレが内部工作で進撃・始祖を除く「7体」の巨人を奪取したのは明記されてるし、ジークも壁内の巨人を「4体」と正体不明の巨人を一切考慮してないのも駄目押しになっている。
      少なくとも「空を飛ばない」以外何も情報がないが
      マーレの戦士全員が出兵してるのに、一人だけ戦争に赴いてない所から察すると、「戦闘向きではない」・「継承者が諸事情により戦闘に出る事ができない」etc…
      アッカーマン一族が9体目の巨人だというのはありえなさそうだが、アッカーマン一族が9体目の巨人に関わる実験台云々ってのはありえそうだな
      巨人化学系に関わってるとか
    • 17. 進撃の名無しさん
    • 2017年05月19日 01:05
    • ※14
      ちゃんとした描写云々どころかストーリー中の根幹じゃねえかよ
      ドラゴンボールで
      「あれっ、なんでこの人蘇ってるの???確か死んだよね??」
      とか言うようなもんだぞ
      グリシャがウォールマリアの陥落直後、礼拝堂地下で祈祷していたロッドレイスを除くレイス家の人間を皆殺しにしたんだよ
      なので現時点で存命している王の血族はマーレ国内唯一の王族ダイナの血を引く「ジーク」、ロッドレイスの隠し子「ヒストリア」のみ
    • 18. 進撃の名無しさん
    • 2017年05月21日 21:08
    • ダイナみたいなのがいたんだからまだ隠れ王家いてもおかしくないけどな
    • 19. 進撃の名無しさん
    • 2017年05月21日 22:09
    • *16
      次回出てくるんじゃない、最後の一体。ここまで出てこなかったということは継承のタイミングだからじゃないのか、と。
    • 20. 進撃の名無しさん
    • 2017年05月25日 22:11
    • エルディア人は人間の姿してるけど、実は人間(知能を持った生物)を駆逐する為にガイアに作られた人造人間。。。みたいなガイア理論(・▽・)
      エウレカセブンとかSPECみたいな妄想(・ω・)
    • 21. 進撃の名無しさん
    • 2017年05月31日 08:20
    • ※9
      ふーん、まあ普通に考えたらそうなのかもしれないけど
      この一話の間に夢でうなされて起きたり、軽く幻覚見たりしてたってのと
      ファルコに比べてライナーはずっと直接的に聞かれたらヤバい言葉つかってたからなあ
    • 22. 進撃の名無しさん
    • 2017年06月07日 20:47
    • ユミル生きてるに一縷の望みを賭けたい

      ライナーには勿体無いですよ、クリスタは
    • 23. 進撃の名無しさん
    • 2017年06月17日 23:46
    • 三期おめでとう
    • 24. 進撃の名無しさん
    • 2017年06月19日 20:39
    • キン肉マンの盗作シナチョ、ンボール
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット