「進撃の巨人」舞台版の点検中、TDR内で男性転落事故

 

舞台版「進撃の巨人」の点検中に事故がありました。

10日、東京ディズニーリゾート内のホールで転落事故があり、エンターテインメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」の元メンバーの男性が死亡した。

(中略)

吉野さんは7月開演予定の人気マンガ「進撃の巨人」舞台版のワイヤアクション装置の点検作業中だった。事故当時は高さ約10メートルのところで自ら宙づりの状態になり、落下するスピードの調整をしていたということで、警察が事故原因を調べている。

舞台の点検中に…TDR内で男性が転落死 日テレNEWS24

警察のその後の調べで当時、複数のスタッフが、演出装置を使い宙づりの状態の吉野さんを上げたり下げたりするテストをしていたことがわかった。警察は業務上過失致死の疑いも視野に捜査している。

演出テスト中に。業務上過失致死も視野に

舞台版公式サイトのキャスト欄を確認すると分かりますが、吉野和剛さんはアクロバット(曲芸、軽業師)の担当をされてました。

吉野和剛さん

貴重な人材が失われたことが非常に残念でなりません。ご冥福をお祈りします。吉野さんはその業界ではかなり有名な方だったとのこと。

ネット上では、その道のプロでも事故が起きてしまったという状況から、立体機動のワイヤーアクションの危険性を指摘する声も見られ、中止すべきではないかという意見が見られました。

具体的な状況は分かりませんが、このような事故が起きてしまった以上は舞台を中止したほうがいいのではないかなと私個人も考えた次第です。刑事にも発展する可能性もありますし、役者や観客に対する安全性も怪しいという印象も抱いた次第です。公演は2017年7月からなので、どういう風な判断になるかは分かりませんが、せめてワイヤアクションだけでも控えたほうがいいのかもしれません。

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。

コメント一覧

    • 1. 進撃の名無しさん
    • 2017年04月12日 16:29
    • アクセス集めのために人の死をネタに使わないでほしい。
      俺は知らなかったけど、進撃の巨人のネタに持って来るこの悪質な行為自体をやめてほしい。
      ファン代表として言わせてもらうけど、二度とネタにするな!
    • 2. 進撃の名無しさん
    • 2017年04月13日 11:51
    • ちょっとこの手の事件が続きすぎだね
      お祓いとか行ったほうがいいのでは
    • 3. 進撃の名無しさん
    • 2017年04月13日 21:09
    • 吉野さん、毎度チェックしてたシルクの舞台で拝見して素晴らしいアクロバットをする方だったので本当に残念です。

      舞台の方も、仕方ないとはいえ中止がとても残念ですね。
    • 4. 進撃の名無しさん
    • 2017年04月19日 18:15
    • ちょっと気持ち悪いコメント湧いてますね。小学生かな?代表しなくていいからさ。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット