別冊少年マガジン元編集長の妻が怪死、五ヵ月後に逮捕へ

 

 取り上げるか悩みましたが取り上げる事にしました。

ニュース

 大ベストセラー漫画「進撃の巨人」(講談社)を立ち上げたカリスマ編集長A氏(41)の妻が、変死を遂げていたことが「週刊文春」の取材により明らかになった。A氏は警察の事情聴取を受けているという。

(中略)

 A氏は、警察に対して「自殺だと思う」と説明していたが、警察は当初から事件性を疑っていた。発生から5カ月、捜査は水面下で慎重に進められ、複数の監察医による所見で、「事故ではなく、他殺と判断して矛盾はない」との結論に達したという。捜査関係者は週刊文春の取材に対し、「つまり夫が首を絞めた上で階段から突き落とした疑いがあるということです。捜査は大詰めの段階に来ています」と答えた。

「進撃の巨人」産みの親 別冊少年マガジン元編集長の妻が怪死 週刊文春

 講談社の編集次長朴鐘顕容疑者が妻の殺害容疑で逮捕されました。

 別マガ創刊当時、無名だった「進撃の巨人」の立ち上げ企画にGOを出した人でもあり、川窪氏に続いて朴氏のOKがもらえなかったら、今頃「進撃の巨人」は連載されることすらなかったであろうという存在です。編集の中でも超がつく実力者。

 本人は無実を主張しています。講談社も本人の主張から推移を見守る方針とのことです。よって、確実に事が確定したわけではないということを念頭に置きながら、この事件を見守りましょう。いずれにせよこのようなことになったのは非常に残念です。

講談社コメント

「このような事態になり、大変遺憾です。本人は無実を主張しており、捜査の推移を見守りつつ、社として慎重に対処してまいります」

その他関連ニュース

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。

コメント一覧

    • 1. 進撃の名無しさん
    • 2017年01月10日 19:46
    • 少年誌から殺人容疑って怖すぎ
    • 2. 進撃の名無しさん
    • 2017年01月10日 21:45
    • ※1
      少年誌じゃなくて、青年誌だ。
      いまは「モーニング」の方の編集部にいるそうなので
    • 3. 進撃の名無しさん
    • 2017年01月10日 22:00
    • まあ、作者含め関係者には衝撃だろうけど
      だからと言って作品に影響する事はないでしょう
    • 4. 進撃の名無しさん
    • 2017年01月12日 00:21
    • »3
      その通りだと思う。
      作者の方には今まで通り作品を描いてほしいと思います。
    • 5. 進撃の名無しさん
    • 2017年01月18日 17:32
    • 最初に出たニュースタイトルみて
      進撃の巨人の編集ってあったから
      「まさか!」と思って某編集さんの
      ツイッタ見に行ったやないですか。

      誤報も甚だしい、と思いましたわ。
    • 6. 進撃の名無しさん
    • 2017年01月19日 12:55
    • ひとつ前の記事で呪いの漫画とか言ったり他のブログへの誘導してずっと荒らしてる人、アクセス拒否できないんですか?(^_^;)
      他のいくつかの進撃考察ブログでも同じことやってアクセス拒否されたみたいなので、ほっとくと今度はここに住み着きそうで、、
      まったり進行で好きに考察言い合えるここのブログが一番好きなので、連投でコメ欄埋め尽くす人は居てほしくないんですが、、
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット