「進撃の巨人」2期が17年春放送開始!ビジュアルも公開

   

諫山創さんの人気マンガが原作のテレビアニメ「進撃の巨人」の第2期の放送が、2017年春にスタートすることが3日、分かった。巨人になったエレン・イェーガーらが超大型巨人に立ち向かう姿が描かれたビジュアルも公開された。3日、東京国際フォーラム(東京都千代田区)で開催された同作のイベント「進撃!巨人中学校×進撃の巨人“進撃祭”Reading & Live Event」で発表された。(以下略)

全文はMANTAN WEB

ビジュアル
▲公開されたビジュアルイメージ

 待ちに待ったアニメ「進撃の巨人」2期が2017年春に放映決定!

「お待たせ!」と言いたくなる瞬間です。

「2016年に制作決定=2016年に放映?」と期待されてたのですが、放送は翌年だったらしく最終的には2017年春スタートとなりました。「2016年に制作はするが、放映するとは言っていない」というような石川さんの発言の噂は事実だった様子。

 順調に進んでいるのであれば、「WIT STUDIO」が2期制作を請け負うものだと思われます。(過去に海外で社長の和田丈嗣さんが2期の準備をしていると公言) こじれてない限りはWIT STUDIOと荒木監督のチームが制作続行するものと思われます。

 2017年の春に楽しみがひとつできましたね。

 放送終了後は2期の総集編・劇場版とかも放映されるのでしょうか。1期ほどの勢いは無いかもしれませんが、また色んなコラボやイベントが見られるかも。


news進撃2期は1クールなのか2クールなのか

 ところで気になるのは1クール(12話構成±)か2クール(24話構成±)なのか、ということです。昨今の深夜アニメは2クール構成が大幅に減っております。一見、「あれだけ人気があったのだから2クールは当然」とは思うのですが、2クールでやる場合は王政編をじっくりやる必要があります。かといって1クールだと相当詰め込むことにはなるのですが、ペースはよくなります。

見つめ合う二人

 どこまでアニメ化するかにもよるのですが、「ウトガルド編」「壁外エレン奪還編」「王政+レイス編」「ウォールマリアでの戦い編」と4つの構成をどのように配分するのか、どこまでアニメ化するのか次第でしょうか。

 1クール(13話)の場合、各編3~4話になります。短いかもしれませんが、なんだかんだでこれくらいがベストな気もします。2クールの場合だと、各編6~7話くらいになります。それはそれで長い感じがします。

 1期の話数と巻数を比べれば2クールになるのは一目瞭然だとは思うのですが、そういう可能性もあるということは頭の片隅に入れておいてもいいでしょう。

いったいどのような構成になるのか、1クールアニメなのか2クールアニメなのかも重要なところ。案外1クールという選択も王政編をばっさりとカットしていくのであれば有り得る選択肢なのかもしれません。

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。

コメント一覧

    • 1. 進撃の名無しさん
    • 2016年07月05日 23:27
    • 1期と同じペースなら2クールで女王即位までで終わり、かなという感じ。
    • 2. 進撃の名無しさん
    • 2016年07月06日 04:19
    • これは楽しみ!!
      いつも分かり易い記事を書いてくれる管理人さんにも感謝です。
    • 3. 進撃の名無しさん
    • 2016年07月06日 17:16
    • カバネリで監督、設定監修、スタッフとチームかなり重複してますんで、そのまま体制移行するんでないですかね?
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット