82話(あらすじ・感想など)記事

   

タグ:  

表紙

 82話のあらすじ&感想記事です。

 別マガ2016年7月号掲載。単行本派の方はネタバレご容赦ください。

 ふらいんぐうぃっちのクリアファイル特典付き♪

ざっくりと要約
  • 104期側vs鎧・超大型の描写のみ
  • アルミンが囮となり超大型の熱風をひきつける。エレンは巨人の硬質体を残してそれをデコイにする。そして死角から近づき、超大型のうなじを削いでベルトルトを引き剥がした。
  • 一方、ミカサたちはライナーに雷槍を集中砲火し、急遽参戦したハンジの手助けもあり巨人体から引き剥がすことに成功。
  • アルミンは髪の毛がなくなるほどの全身火傷状態となり、生死の状態は不明。

~続く~

ここでチェック!image一言感想

 ついに104期側での戦いは決着。サシャやジャンが致命的なダメージを負うものの、急遽ハンジが参戦してくれました。その甲斐もあって何とかライナーとも決着。ライナーの生死は不明ですが、うなじから本体が爆風で吹き飛ばされてるところで引き。次回、ここから再び戦いの流れにはならないでしょう。

 82話はアルミンとサシャ、ライナー、ベルトルトの生死が不明なところで終わりました。(といっても、描写から察するにアルミン以外は生きている可能性が高いです) ハンジは半身が重症ですが命に別状がある様子ではありません。

 そして今回は全く描写がなかったリヴァイ側もそろそろ決着が付く頃。あと1~3話くらいで戦いは終わるのではないでしょうか。それは次回へのお楽しみ。

あらすじ

第82話 「勇者」

「――エレン、作戦は以上だ。ベルトルトを騙す事ができれば勝ちだ」

 エレンとアルミンは超大型巨人をにらみつける。


「――いいか!?ベルトルトはアルミンとエレンで何とかすると信じろ!!俺たちはライナーをアルミンたちのほうから遠ざければいい!注意を引け!」

 鎧の巨人に向かうミカサ、ジャン、コニー、サシャ。鎧の巨人もそれに呼応してか、こちらに向かってくる。しかし、そのまま四人を無視してエレンのほうへと走り去る。

「無視かよ!?エレンに狙いを絞る気か!?」

 ここでミカサは鎧の巨人を倒すことを決意する。

 雷槍を走り去ろうとする鎧の巨人の膝裏に射出し、本体を転倒させる。

 ミカサの咄嗟の判断にジャンも少し動揺したが、その道しかないと即座に同意した。

(――何だ!?今何を食らった!?一撃で鎧の膝が砕けたのか!?あれから記憶が飛んでいる・・・俺に何があったんだ・・・?状況が分からない・・・力もあまり残ってない・・・だがエレンを奪い去る事が俺たちの勝利である事に代わりはないはずだ。そうだろベルトルト。早くこいつらにかたを付けて加勢に行くからな)


 一方のベルトルトもライナーたちを見遣る。

(――向こうに行った四人はライナーの相手。正直言えば・・・みんなまとめて吹き飛んでほしかった・・・でもこんな試練にももう慣れたよ。見せてくれ。君たちが最後に何を残すのか)

「――成功は僕がどれだけ耐えられるかで決まるなぁ」

(アルミン・・・お前・・・まさか)

「エレン、悪いけど僕は海を見るまでは死ねない。だから大事に至らない辺りで切り上げるけど後は任せたよ?僕ってそんな勇敢じゃないから・・・」

 アルミンの眼が泳ぐ。

(いや違うぞ・・・俺が知ってるお前は・・・)

「一緒に海に行くって約束しただろ。僕がエレンに嘘ついたことあった?だから何があっても作戦を守ってくれよ!?」

(く・・・くそっ・・・)

 不安になりながらもエレンは図体を起こそうとすると足を踏み外し、そのまま50メートルの壁の上から滑落。

「エレン!!」

(やっぱり勝負はついてたんだ・・・恐らくは重度の脳震盪のうしんとう。終わりにしよう)

 ベルトルトが大きな腕を鞭のように振る。アルミンがそれを間一髪で避けるとアンカーを超大型巨人のボディに発射し、顔面に近づいていく。それと同時にベルトルトも熱風を発する。


 それを遠方から見ているミカサ。

「エレン・・・アルミン・・・いや二人に任せた。私たちはライナーをやる」

 ミカサたちの所持する雷槍はもう残り三本。勝負は一度きりでこれを無駄にすれば後が無い。

 まずはジャンが背後からライナーに囮として飛び掛る。しかしライナーはそれを無視してサシャとコニーがいる側の民家を振り払うと、その木片や瓦礫がジャンとサシャに突き刺さる。作戦としてはコニーとサシャが雷槍を鎧の巨人の両顎にヒットさせて、口内で最後の雷槍をぶつけるというもの。コニーの雷槍は左顎にヒットするも、攻撃をもろに受けたサシャの雷槍は明後日の方向へと外れる。

(口は開いてない・・・それでもやるしかない)

「ミカサっ無茶だ!!」

「よくやった」

「!?」

 どこからともなくやってきたハンジが雷槍をライナーの顎右側面にぶつける。

(んな!?)

「ハンジさん!!」

「今だ!!ミカサ!!」

 ミカサの雷槍がライナーの喉元へと突き刺さる。

「ライナー、出て」

 爆発と同時に鎧の巨人のうなじからライナーが飛び出る。


(――なぜだ?アルミンを吹き飛ばせない・・・なぜアンカーが外れないんだ)

 アンカーの先は超大型巨人の歯に突き刺さっている。

「やっぱり骨は消費しないんだ!!そして何より!!熱風を放っているときは筋肉を動かせない!!」

(けどアルミン・・・それが君の最後か?)

「息が!!いやまだだ!!この程度じゃ足りない。もっと時間を稼ぐんだ!!」

(いったい何がしたい?陽動か?エレンならまだあそこでくたびれたままだぞ。これで本当におしまいなら・・・今楽にしてやる)

 熱風の勢いが増す。

 (・・・耐えろ・・・まだ離すな。エレンに託すんだ。僕の夢・命・全て・・・きっと エレンなら 海に たどり着く。海を 見てくれる)

 服は燃え尽きて無くなっている。体のハーネスベルトが焼失しているため、アルミンはブレードの柄を掴んで飛ばされないようにするので精一杯だった。そして真っ黒になったのと時を同じくして、ついにその手から柄が離れる。

「――終わった・・・さぁ次はエレンと馬を――」

 エレンの巨人体の異変に気づく。

「これは・・・硬質化・・・?・・・え?」

 狩人がうなじに狙いを定める。

った」

 次の瞬間、ベルトルトは斬られていた。

(陽動作戦・・・僕の隙を作るための・・・)


「――クソ・・・分かってたはずなのに・・・お前が誰よりも勇敢なことぐらい・・・」

 アルミンの変わり果てた姿がそこには横たわっていた。

続く

考察・感想編は別記事として出してます。解説や感想、予想などにご興味がある方、更なる分析をご希望の方はぜひそちらもお越しください。

↓

こちら: 82話 分析【考察・解説】編

気になった一問一答

Q. ぺトラとオルオは同期?

A. はい!

 来月号、「進撃!巨人中学校」が最終回です。


進撃の巨人の関連情報は随時紹介します。乞うご期待!

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。

コメント一覧

    • 1. 進撃の名無しさん
    • 2016年06月09日 00:59
    • アルミンまじか
      主要キャラを頃さなくていいから話を進めて欲しい

      管理人さんいつもありがとうございます
      梅雨入りしましたがご自愛ください
    • 2. 進撃の名無しさん
    • 2016年06月09日 01:45
    • 管理人さん
      いつもありがとうございます。

      80話でこれは人類側は勝てそうにないと思い鬱々としていたら、81話ではリヴァイの大活躍で溜飲を下げ、ガッツポーズ!
      そして82話では…アルミンが…
      アルミン、勇気があったな…

      マリア奪還作戦以降、気持ちが上がったり下がったりで、毎月別マを待ちわびてはいるのですが、読むのが怖いです。
      巨人化注射は、嫌〜なアイテムですね。誰を蘇生させるか選ばせるんだもの!残酷だ!
    • 3. 進撃の名無しさん
    • 2016年06月09日 12:24
    • アルミン、あんなに弱かったのに勇敢でかっこいい( ;-;)泣いてしまった…
      エレンも現実を受け入れられない感じで呆然な感じで(泣)
    • 4. 進撃の名無しさん
    • 2016年06月09日 22:37
    • 鎧も超大型も完全に息の根止まってないのが気を持たすというか
      誰かが鎧の意識障害による暴走は絶対ないと言ってたけど若干かすってたね
      記憶障害による新しい武器の認識不足で窮地に陥ったわけだし
    • 5. 進撃の名無しさん
    • 2016年06月09日 23:00
    • やばい。文章読んでるだけで泣いてしまった(;_;)
      何か奇跡的な展開で助かる道はないのか!?
    • 6. 進撃の名無しさん
    • 2016年06月11日 06:44
    • アルミンが超大型巨人に全力で立ち向かう姿や、それを信頼してライナー討伐に全力を注ぐ
      ミカサ、ジャン、コニー、サシャ。
      そして皆の意思を背負い、ベルトルトを討ち取るエレン。
      もうなんと言うか、お互いが信頼してなきゃできない事ですし、久しぶりに104期の全力が見れた感じです。
      急遽助けに来ハンジさんもかっこよかったですが、アルミンも心配です。

      管理人さんのことも陰ながら応援させてもらってます。
    • 7. 進撃の名無しさん
    • 2016年06月30日 14:26
    • まぁ、残酷な世界だからな!仕方ないね
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット