81話 分析【考察・解説】編

   

タグ:  

81話の考察・解説編、感想パートです。本編を読んだ方や「81話ネタバレ記事」を読んだ方向けの記事となります。まだ本編をお読みでない方はネタバレに注意してください。

※81話・・・2016/5/9発売の別マガ6月号掲載

まだ終わらんよ

一息ついて
先にこちらの記事を読むことを推奨します。

81話 あらすじ・感想記事

解説・注目ポイントなど

 気になった部分の感想や解説、捕捉などをしていきます。最新話考察はここで浅く広くご紹介しています。単独で別記事で出す場合もあります。

 今回も考察は若干少なめ。印象的な部分が多かったので、そちらの感想を語っていきます。

checkエルヴィン死亡?

 開幕最初のページでわき腹を穿たれたエルヴィン。(恐らく)そのまま息を引き取ります。

 あっさりと書いてますが進撃史上の中でも大事件。といっても、もしかしたらまだ息は残っている可能性があります。しかし助かることはないと思われる致命傷っぷり。もしまだ生存しているというのであれば、せめて地下室で判明する謎くらいは教えてもらってから旅立ってもらいたいところ。今後、そういう展開になることも考えられます。

 また、「巨人注射→四足巨人を食べる――」のコンボで復活の兆しとなる展開もまだ残ってます。エルヴィンファンの方、まだ絶望するのは早いかもしれません。

checkマルロ死亡

 案外生き残るのでは――と期待していたマルロでしたが、こちらもあっさりと死亡。食堂で104期面子にも溶け込んでおり、レギュラーの位置にこれから食い込むのではという期待はあっさりと打ち砕かれました。

 マルロの場合は頭部を穿たれており、助かる見込みもないと思われます。

 最後の走馬灯でヒッチが出てきた所から、少しでもヒッチに救いがあったのは不幸中の幸い。死なせるには少し惜しいというか早いキャラクターでした。エレンの分身的なキャラクターでもあったので非常に残念です。

checkジーク戦士長とその父親

 哀れな特攻を繰り出す兵団を見て、ジーク戦士長が少し感情的になる様子が見られます。

 いくつか気になる点はありますが、「お前(自分)は父親とは違うだろ?」と言った自問自答が少し気になりました。このジークの父親は未登場のキャラクターのことを指しており、過去に感情的になって盛大な失敗をした人物だと思われますが――。話の流れ的にはレイス王一族のことを指している可能性もありえます。

 つまり、ジーク・レイスという想像です。グリシャ・イェーガーとの血縁関係も疑われているキャラクターでもあります。

checkリヴァイvs猿圧倒的

 鎧の巨人を楽々と倒してたこともあり、獣の巨人の強さは未知数でした。そんな相手を不意打ちとはいえリヴァイは圧倒。ここまで強いのかと安心感を見せてくれました。

 さらに獣の巨人は硬質化能力も覚えていることも発覚。長年の疑問のひとつが明かされました。しかし、そんなのもお構いなし。巨人でもないのに巨人をも越えるその力には惚れ惚れします。

 戦闘は一瞬とはいえ今回の見所のひとつ。

 ただ最後に欲が出ました。相手の力を奪って味方の巨人として蘇らせることを考え、結果として知性を持つ四足巨人に出し抜かれてしまいます。これで戦いは仕切りなおしとなってしまいます。とても惜しかった。

 恐らくリヴァイにはブレードはほとんど残っておりません。ガス切れも懸念の必要に迫られています。

check生き残ったモブ

 前回では悲痛な涙を見せていたお調子乗りの104同期モブが特攻隊の中で一人生き残りました。個人的には嫌いになれないキャラクターで嬉しいです。このまま生き残って、今後の準レギュラーの立ち位置になるほどの成長を見せてくれることを期待。

check改めて明かされた巨人の力のルール
  • 巨人化直後、体を激しく損傷し、回復に手一杯なうちは巨人化できない
  • 続けて巨人化できるのは3回まで
  • 全身を硬質化できるのは2回まで
  • 限度を越えた後は力が先細りするだけで有効な力は発揮できない=ほぼ無力
  • 以上のルールは15m巨人のものだが、60mの巨人は恐らくもっと効率が悪い
  • 熱風は肉を消費して出していた。いずれ筋肉は無くなり動けなくなるだろう。
check超大型巨人の弱点「消耗戦に弱い」

 とっくの昔に出ていた結論ではあるのですが、それらが明確に判明した以上は全然士気もモチベーションも変わってきます。それをアルミンは突き止めました。アルミン特有の観察力があるからこその芸当です。

 問題はどうやって倒すかですが、「この作戦がうまくいけば僕はもう海を見にはいけないな」と自分の死をも覚悟している様子。いったいどうするつもりなのでしょうか。

総評・次回の予想

 全然予想が当たらないのですが。それでもいつもどおり予想を残します。

 ミカサたちは鎧の巨人をひきつける。その間にアルミンはエレンを起こし、超大型巨人に挑む。基本は瓦礫や廃材による投石。熱風バリアを出そうが出さまいが、相手の筋力にダメージを与えることが出来る。エレンは体力を消耗しないように比較的効率よく動いて対象の体力消耗を狙う。相手の体力に陰りを見せたら、瓦礫に隠れて死角からアルミンも一緒に投げる。その隙を突いて超大型巨人のうなじをアルミンが狙う。

 一方、リヴァイは執念で猿を追う。刃もガスもあまり残されていない。一方的に四足の巨人を使って逃げる猿に勝ち目は無かった。リヴァイは注射を取り出す――


 なんだか自分で嘘バレを書いている気分に!全然的中しないのでまたまた外れると思います。

 ということで――それではまた次回にお会いしましょう。さようなら。

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。

コメント一覧

    • 1. 進撃の名無しさん
    • 2016年05月09日 06:00
    • 団長は未だ虫の息なのか?
      猿の父親は誰なのか?
      猿に謎が出た以上、今回は生延びるだろう。
      リヴァイは注射を誰に使用するのか?
      この注射はどんな巨人を生み出すのか?
      鎧は記憶を保持しているのか?
      ハンジは今どこにいるのか?
      熱量が落ちた超には槍が通用するのか?
    • 2. 進撃の名無しさん
    • 2016年05月09日 07:41
    • リヴァイ死亡フラグだよねこれ
      4足にはたぶん追いつけないし、ブレードもあと一対、ガスもおそらくあまり残ってない
      そしてなにより、周囲に木や家屋、壁がないから、はじめから巨人に直接アンカーを刺すしかない状況
    • 3. 進撃の名無しさん
    • 2016年05月09日 07:54
    • ハンジがリヴァイ助けるってシチュエーションは無いのか??
      リヴァイ兵長が心配すぎる(>_<)
      もおおおおおおお!絶対に幸せな所を見たいね
    • 4. 進撃の名無しさん
    • 2016年05月09日 12:21
    • ここにきて一時退場したハンジのつかいどころが出てきた感じ
    • 5. 進撃の名無しさん
    • 2016年05月09日 12:40
    • リヴァイ死亡フラグか・・・
      ウォール・マリア奪還作戦で死ぬと思ってるんだけど
      いよいよ現実味を帯びてきたか
      個人的には兵長の死に様も一種の見せ所だとは思っているので
      いや別に嫌いじゃないんですよ!兵長!
      好きです!!
    • 6. 進撃の名無しさん
    • 2016年05月09日 20:21
    • モブ新兵の生き残った奴はいないのか?コマの中央下部はマルロ・・・?
      死んでしまってるよな、さすがに・・・
    • 7. 進撃の名無しさん
    • 2016年05月09日 22:43
    • ふむ、>>1の続きだがエレンの父のグリシャと猿のジークの
      人間の時の雰囲気が似ているのが気になるな・・・
      と成ると、エレンの祖父が自らの息子達に注射をしたのか?
    • 8. 進撃の名無しさん
    • 2016年05月09日 23:38
    • リヴァイ、ケニーからの注射打って巨人化
      だな
      まだ死なないっしょ
    • 9. 進撃の名無しさん
    • 2016年05月10日 10:06
    •  お邪魔いたします。先月はショックのあまりなんか血迷ったこと言って
      しまいました。すみません。
       やっと立ち直ったところだったのに、いえ予想はしてましたが、1頁目
      からこの絵はショックが大きいです。リヴァイはやはり戦死してしまうのか。
       しかし、何故リヴァイは巨人化薬を自らに注射しないのでしょうか。
      彼が巨人化し、四足を仕留めジークを捕食した方が、作戦成功を
      最優先する上では確実性が高いように思えるのですが。エルヴィンを
      助けたいとしても、生存を確認する時間的余裕はなさそうです。
       リヴァイに巨人化できない理由があるようには見えませんし。
       なんて偉そうに言いいながら、来月号でリヴァイが巨人化してたら
      どうしましょう。
    • 10. 進撃の名無しさん
    • 2016年05月10日 14:08
    • 団長は瀕死ながら存命と見た。死んでるならマルロ同様、アタマを吹っ飛ばす描写にするだろうし。落馬のショックで気絶しているところをあのモブ新兵に助けられるんじゃないかな。
      あと、誰かが巨人化してジークを食べれば、記憶を継承できる可能性ってないのかなぁ。地下室が要らなくなる。エレンか、注射された団長か、あるいはリヴァイ本人か……。
      リヴァイは叫びの力のことを考慮して、目だけではなく頬の筋肉を切り裂いておくべきだった。捕食させるにしても。まあ、そこまで考えるのは無理がありすぎるか。
      あとは、ジークの俺の巨人、というセリフも気になるところ。俺の、ということは、俺のじゃない巨人たちもいるはず。彼は外の巨人を全員支配するような存在ではないってことだ。
      あとジークの父親はエレンの父だったりして。少なくとも、ジーク自身は壁の中の人類をよく思ってはいない。彼の父親はその逆の存在だとしたら? 壁内人類に好意的だったエレンの父だったりしないだろうか。無謀な特攻に義憤を覚えるのがジークの父の考え方だとすれば、いかにもありそうな……?
    • 11. 進撃の名無しさん
    • 2016年05月10日 16:32
    • 文章が長いよ(泣)
    • 12. 進撃の名無しさん
    • 2016年05月10日 18:55
    • リヴァイは死なないよ。アッカーマンスイッチが入ったもの。
    • 13. 進撃の名無しさん
    • 2016年05月10日 23:58
    • 兵長死んだらきっと兵長ロスで読まなくなる人続出すると思うからまだ死なないと予想…したい(泣)
      あのときの笑顔がフラグだったら泣いちゃうよ本当に
    • 14. 進撃の名無しさん
    • 2016年05月12日 03:40
    • リヴァイが注射打つ展開になるのかな?
      いつもながら続きが気になる。
    • 15. 進撃の名無しさん
    • 2016年05月13日 02:10
    • 今回初めてリヴァイにフラグ立ったように感じた。
      あと、復活した鎧のうなじの中の描写がないのが気になるんだが
    • 16. 進撃の名無しさん
    • 2016年05月15日 20:13
    • まさかあのベソかいてた新兵が生き残るとはな。
      彼の活躍に期待したい!!
    • 17. 進撃の名無しさん
    • 2016年05月17日 22:57
    • 状況的に考えて、リヴァイが自分に注射を打つだろ。んで出てきたのが3メートル級の巨人だったら泣くわ。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット