80話 分析【考察・解説】編

   

タグ:  

80話の考察・解説編、感想パートです。本編を読んだ方や「80話ネタバレ記事」を読んだ方向けの記事となります。まだ本編をお読みでない方はネタバレに注意してください。

※80話・・・2016/4/9発売の別マガ5月号掲載

突撃!!

一息ついて
先にこちらの記事を読むことを推奨します。

80話 あらすじ・感想記事

解説・注目ポイントなど

 気になった部分の感想や解説、捕捉などをしていきます。最新話考察はここで浅く広くご紹介しています。単独で別記事で出す場合もあります。

 今回も考察は若干少なめ。印象的な部分が多かったので、そちらの感想を語っていきます。

check鎧の巨人代復活

「えっ?嘘ですよね」と思わせてくれたこのシーン。完全に読者を裏切るかのようにライナーの再復活&登場です。

「ライナーは生きるか死ぬか、いずれにしてもこの戦いが終わるまではほぼ脱落だろう」と予想していた人のほうが多いのではないでしょうか。自分もその口でした。ましてや例の超常の再生力を見せ付けられ、「さすがにバランスの問題で再び即座に蘇ることはないし、生死をも彷徨っている段階なんだろう」と無意識化に思っていました。いえ、思わされてたのかもしれません・・・。

 ということで良い意味で裏切られました。この絶望感がなんだかんだで進撃なんだなぁと思います。

check「地下室に行きたい・・・」

 初めてエルヴィンが弱み(?)を見せました。滅多に弱点を晒さないのがエルヴィンの特徴なので、読者側もリヴァイも何とも不思議な気分にさせられたのではないでしょうか。

 しかし「弱み」という言い方も少しおかしく、怖気づいたという意味ではありません。どちらかというと「我侭」というか「愚痴」というか「不満」というか・・・これがクリスタのような若い女の子キャラクターの台詞なら文字通りの「不思議ちゃん」と呼ばれていたような。そんな雰囲気です。

 これらは別に悪い意味ではありません。死期間際になると人間の本質が出てくるものです。元々幼少の頃から異端者・変人扱いされてたわけですから、その頃からの変わらぬ本音が出てきたと思われます。


 それにしても人生で追い求めていたものが目の前にあるのに、お預けをくらった挙句に死ななければいけないというのは最高クラスの精神的苦痛です。しょぼい例えですが「宝くじで一等が当たったのに無くした」「目の前に宝の山があるのに洞窟が崩壊しそう」「あと1ヶ月早ければこっちがノーベル賞もらえてた」「エクスカリバー2が数分差で取れなかった・・・」とかそんな感じの気持ちなのでしょうか。

checkエルヴィンの瞳に生気が宿る

 これも恐らく本話で初めてだと思いますが、「夢を諦めて死んでくれ」とリヴァイに言われてエルヴィンの瞳が力強くなります。明らかに普段のエルヴィンの一定した目の作画と違っており、気合が入った描画がされております。具体的には悟ったような表情で普段入らないハイライトが描画されてます。

 その意味は何とも深く考えさせられます。エルヴィンはこのとき何を悟ったのでしょうか。

 しかし、ここまで来るともうフラグ回避は絶望的です。むしろここ以外での死に場所がないくらいの状況に陥っており、仮に生存できたとしても現場では復活ができないくらいの状態になるでしょう。

checkエルヴィン、新兵、それにマルロも特攻

 何となくエルヴィンの生死に目線が行きますが、同じくマルロも突撃チームにいるのでフラグが立っています。それでもマルロには何故か安心感が漂っている気がするのは気のせいでしょうか。

 そして、前夜の食堂でどや顔していたお気楽ムードの104期の調査新兵が絶賛絶望中です。こういうキャラクターは大体嫌われる傾向にあると思うのですが、見ていてむしろ気の毒なくらいに同情できる脇役です。フラグ乱立しているモブキャラですが出来れば生き残って欲しいところ。

 肝心のエルヴィンの生死予想については生存のオッズが高くなるばかりです。エルヴィンファンは見てて胃が苦しい状況でしょう。明らかに104期との世代交代タイミング。でも死ぬことによる退場ではなく、案外重症による退場の可能性も有り得えます。リヴァイが思いのほか早く猿に到達すれば、投石は一時的にでも止む可能性が高いです。そうとなれば生存者は増えます。

 いずれにせよ団長はこれで調査兵団は引退、もしくは殉職することになるような印象。

checkモブリットは亡くなった?

 エルヴィン団長の後ろに、かつて共に戦って散った仲間たちの幻影が写ります。それらのシーンではおなじみのミケやナナバ、リーネ、ネス、リヴァイ班、ハンジ班などの懐かしい面々が垣間見えます。よーく見てみると、それらの中にモブリットらしき男性の姿が写っており、明らかに本人です。モブリットの生死はベルトルト爆弾以降はまだ描かれておりませんが、現在ハンジと共に危機的状況にあるのは確かです。

 逆に言えば、ハンジの姿は見当たらないので彼女の生存の可能性はありそうです。

☆幻影で出てきたキャラ

  • ミケ
  • ネス
  • リーネ
  • ナナバ
  • ニファ
  • ぺトラ
  • エルド
  • オルオ
  • グンタ
  • ケイジ
  • ゴーグルさん

 ところで・・・ゲルガーは存在しなかった。いいね?

総評・次回の予想

 アルミン側・・・鎧の巨人が来て絶望的な展開に至る。しかし、逆に弱っている鎧の巨人に対して集中攻撃を行い、そこから生まれるであろう超大型巨人の隙を模索する。

 一方、ウォールマリア側のリヴァイは猿に何とか辿り着く。だが猿は知略だけでなく戦闘能力にも秀でていた――。

 という当たらない予想を残しておきます。巨人伝いに立体機動というのは予想できなかったなぁ・・・というか、さすがに「忍んで伝う」というのは厳しいような気もします。すぐばれそう・・・!?そのための信煙弾だとは思うのですが、倒しながら進むとなるとばれた時点で近づけるか怪しくなるかも。それでも妙案。


それではまた次回にお会いしましょう。さようなら。

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。

コメント一覧

    • 1. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月09日 00:48
    • ふむ、未だ今月号を読んでいないのだが、今後の鍵は地下室の様な気がする。
      地下室に誰が入るのか、何が其処に在るのか、在るもので何が出来るのか?
      エレンの今後の座標能力の発達と併せて注目して行きたい。
    • 2. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月09日 02:18
    • ふむ、いま今月号を読んだのだが、雰囲気的にはエルヴィンが
      地下室に入りそうだな。その時はエレンも一緒なのかな?

      エルヴィンは自らを巨人化の人体実験にして片腕を取り戻すか?
      未だ登場していない巨人の能力を取得してエレンと共に猿超鎧に
      反撃の巨人と成るのだろうか。

      ところで忘れてしまったが猿超鎧は地下室の事を知っていたか?
    • 3. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月09日 08:54
    • ※2
      エルヴィンが調査兵団勧誘時に地下室のことは演説している。
      一応巨人組みにとっては、座標以外はどうでもいいのかその後は気にしていなかったのと、
      エレンに再会したときにエレン自体が巨人になったのも初めてで、
      実際は何も分かっていないと言うのを聞いているので、
      猿に伝えるのを忘れている可能性はあるかもしれんw
    • 4. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月09日 09:04
    • 別マガは9日発売なのに8日にバレ情報載せて大丈夫ですか?
      最近は発行元が目を光らせてると聞きましたけど
    • 5. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月09日 09:50
    • 近所のスーパーでは発売前日に山積みしてるから良いのだろう。
    • 6. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月09日 11:52
    • ※5
      スーパーとかは結構フライディングにうるさかったんだけれどもな。
      今は入荷したら並んでいるね
    • 7. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月09日 12:40
    • お邪魔いたします。
      私は団長個人のファンなのですが、彼の横顔が・・・
      あぁ・・・切ない。夢を叶えさせてあげたかったです。
      女性を差別する気は毛頭ないのですが、あの横顔は
      男性にしかできない顔ですね。
      悲壮感、諦め、悟り、優しさが一つになったような横顔に
      見えました。(あくまでも個人的な見解ですが)
      目の前にいたのが同性のリヴァイだったから、あんな愚痴も
      言えたのかと思います。
      男の優しさは袷仕立てだと言った向田先生の言葉を
      思い出した一コマでした。
      長々と失礼いたしました。
    • 8. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月09日 16:55
    • モブリットの隣はイルゼかな?
      ほんとうに今月号つらかった…
      逆にそれぐらい面白い漫画だった
    • 9. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月09日 18:37
    • ファーランやイザベルもいたね
    • 10. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月10日 18:09
    • この絶望的な状況を打破できるとしたら、エレンが壁を割ったところから中の超大型のみなさんに出てきてもらって、エレンが座標の力で猿に誘導する…というあたりかなとも思うんだけど、それだとエルヴィンや新兵たちも巻き添えで踏みつぶされそうだなあ…
    • 11. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月10日 19:07
    • ふむ、それだと壁が崩れ落ちちゃうんじゃないかな?
    • 12. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月10日 19:16
    • エルヴィンにはどうあっても這ってでも地下室に行ってもらいたい!
      死ぬならそこで何かを見た後にしてほしい!
      ゲ何とかさん再びみたいなのは見たくないよ!



      「誰だよ!! これ全部飲みやがった奴は!? 」
    • 13. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月10日 19:37
    • ミケさんの右後ろにいるのってゲルガ-じゃない?
      セリフに邪魔されてほとんど見えないけど
    • 14. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月10日 20:31
    • 井上麻里奈みたいな巨人がいましたね
    • 15. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月11日 00:12
    • 猿がミケの立体起動装置を持って帰ってたのが怖いなぁ
      リヴァイ大丈夫か・・・
    • 16. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月11日 01:25
    • エレン両右手になってね?
    • 17. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月11日 08:48
    • 創先生にそこまで求めてもな無理だぞ。
    • 18. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月11日 19:33
    • エルヴィンはでも74話で「まあ何も 、隠し事があるのは彼らだけではないからな」って左腕見ながら言ってるんだよね。まだ何かあるんだろう。
    • 19. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月11日 22:07
    • エレンが例の「叫び」で無知性を猿に向かわせる、とかできれば逆転できそうだけど
      それだと80話でのリヴァイ・エルヴィン・新兵たちの悲壮感が意味なしになってしまうし、その方法は以前やったから話の流れ的に使えないだろうし
      でもエルヴィンには一目で良いから地下室の「なにか」をその目で見て欲しかったなぁ…
    • 20. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月11日 23:48
    • 何で先が分からない中でエルヴィンを過去形にするのか?
    • 21. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月12日 12:59
    • あの〜……

      エレンが超巨大化するってのは……

      ないですか?そうですか
    • 22. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月12日 13:35
    • ふむ、地下室に超大型巨人化アンプルが在れば可能だが、
      創先生はエレンを誰も近づけないキャラにはしないだろう。
    • 23. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月12日 14:23
    • 今の所、生死が判然としてないハンジさんがキーポイントにならないか?と思ってますがどうすかね?
      単純ですけど鋼が立ち上がってきたのならハンジさんもその影に隠れてぇ…とか

      あと、そろそろユミルに動きがないかな?とも感じてます

      あくまでも地下室に到達するのがラストジャッジとしての話なので、まだまだこの後にエピソードが連なるようなら可能性は薄いですけど
    • 24. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月12日 19:25
    • なんとなく予想
      超大型後姿の見えないハンジ→目覚めたのが偶然地下室
      ボロボロになりつつある調査兵団の元へ巨人の謎を知ったハンジが登場
      大反撃の後、猿を含めた巨人側を倒す
      ・・・なんてのはどぉかな?
    • 25. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月13日 23:16
    • 巨人を遮蔽物として猿の巨人に近づいたリヴァイ。投石を続ける猿巨人の背後からうなじを狙うが…。

      俺が作者ならリヴァイを退場させ、まさかのエルヴィン生き残りをさせる。

      一度は諦めた自らの生…。そして地下室への執着。死生観を超越したエルヴィンはリヴァイを失った痛みを抱えながら何を思う。

      『私の冒険はまだまだ道半ば、ということか。なあリヴァイ。』

      諌山先生の次回作にご期待ください!
    • 26. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月14日 14:20
    • ↑何でそんなに行間が多いのかな?
    • 27. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月14日 18:19
    • ライナーが記憶失ってて超巨大巨人に噛みつく・・・。
    • 28. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月14日 21:43
    • 思い付かなかった展開だな。
    • 29. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月15日 01:43
    • 19巻で「脳機能」が「意識」に変更されてましたね

      次回は復活したライナーが意識朦朧で何かしでかしそう
    • 30. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月15日 02:27
    • 「呼べ」を「叫べ」の間違いじゃないかという指摘が他サイトでもあったんだけど、
      そんな超単純なミスを編集が見過ごすかなあ?と思った
      単純なミスの可能性も否定はできないけど、何か意味がありそうだなと思う
    • 31. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月15日 04:25
    • この漫画は兵士が吐くシーンがあったり死の描写がリアルで怖い
    • 32. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月15日 04:27
    • こんだけ団長があからさまに死亡フラグ立ってると逆に生き残りそな気もする。でもユミルは死亡っぽいしなぁ
    • 33. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月15日 07:21
    • ↑ユミルが死んだとは思えないが?
    • 34. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月17日 17:26
    • そろそろ、テレビ版アニメの続編を観たいのう・・・
    • 35. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月18日 19:49
    • ライナーご乱心という発想はなかったな
      あの作者ならやりかねん
    • 36. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月18日 22:47
    • 今の結婚しよさんは人格が無い状態でエレンの座標の力がガッツリ効くというのはどうだろう。
    • 37. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月19日 10:33
    • ライナーが味方になるのは希望的観測すぎると思うなー
    • 38. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月20日 09:25
    • 5 イザベルとファーランも幻影の中にいたよ!
    • 39. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月21日 09:18
    • 超大型巨人は燃え尽きるまでの時間が短いのでは?
    • 40. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月21日 09:27
    • 兎に角、猿がウザイ。
      真っ先に駆逐されるのは猿ではないか?
    • 41. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月24日 22:14
    • エレンの座標やリヴァイや地下室を過大評価しすぎて故郷勢力をナメすぎてる人が多い気がする
      別にそれはとても自然なことなんだけど、
      こんなところで一つの切り札要素で逆転勝ちしてしまったら人類が100年以上壁に閉じ込められた重みがなくなるような気がして・・・
      あくまで相手は100年以上もの間復讐できる時を待ち侘びてきた訳だしね
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット