78話(あらすじ・感想など)記事

   

タグ:  

別マガ表紙

 こんにちは。高確率で後遺症が残る厄介な病にかかり、やむなく通院せざるをえなくなった管理人です。ということで78話のあらすじ&感想記事行ってみましょう。

別マガ2016年3月号掲載です。単行本派の方はネタバレご容赦ください。

ざっくりと要約すると
  • ベルトルトが飛んできて変身しようとするが、ライナーの姿を見て一旦中断。全滅の危機を免れる。
  • アルミン、ベルトルトに最後の交渉を行うも決裂。
  • ベルトルトが超大型巨人に変身、大爆発を起こしてエレンと104期を除いてほぼ全滅(?)の状態。

~続く~

ここでチェック!image一言感想

 「基本的に交渉の余地はない」ということと「ベルトルト覚醒」を読者や人類側に示した回になります。

 今までの話だと、まだ話し合いの可能性が残されている見方もありました。今回の話でベルトルトとアルミンの話し合いは決裂。仲良くお手手を繋ごうという展開は期待できそうにないことが改めてはっきりする形に。

 またベルトルトによる「脳機能の移動」のより詳しい説明も。読者の疑問潰し&戦闘前の準備回と言ってもいいかもしれません。ベルトルトの精神的な成熟も描かれており、少なくともベルトルト側の葛藤はもうこれが最後でしょう。良い具合にさっぱりしています。

 ところでケニー側近の名前が一問一答で明らかになりました。詳しくは記事最後に。

あらすじ

第78話 「光臨」

「全員鎧の巨人から離れろ!!超大型巨人がここに落ちてくるぞ!!」

 すぐ上空にはベルトルトが潜んでいる樽が迫っている。

「まずい!!この距離じゃあれは避けられない・・・!!」

「地面との距離・・・今だ!!まずはここらを吹き飛ばす!!」

 一瞬、樽の中から見える光景にライナーの姿がベルトルトの目に入る。ライナーは巨人体のうなじから半身がむき出しになっており、ぐったりしている。思わずベルトルトは宙に舞う樽から飛び出し、立体機動でライナーの傍に降り立つ。ライナーの頭部は無くなっていたが、その胸の鼓動は残っている。

「生きてる。これは全身の神経網に意識を移す事に成功したのか?・・・そうだ。神経網を通じて巨人の脳を利用すれば記憶も失わずに済む。でも、これは・・・最後の手段だ。まさか本当にやるなんて・・・君がここまで追い詰められるなんてな・・・ひとつ頼みがある。できるなら少しだけ体を動かしてくれ。できなかったら覚悟を決めてくれ・・・終わらせてくる」


 一方、ハンジたちはベルトルトの対応で命拾いする形に。

「ひとまずは助かった・・・ベルトルトがライナーに気づいて攻撃を中断したんだ。なんにせよ我々の目標が飛び込んできたんだ。好都合だと言っていいだろう。」

「目標前方より接近!!ベルトルトです!!」

「作戦は以下のとおり!!リヴァイ班はアルミン指揮の下エレンを守れ!!そのほかのものは全員で目標二体を仕留める!!鎧にとどめを刺せ!!超大型巨人は作戦通り力を使わせて消耗させろ!!」

ハンジはすぐさま指示を出す。

「待ってください!!これが最後の交渉のチャンスなんです!!」

アルミンがハンジに割り込み、遠方のベルトルトに声をかける。

「ベルトルト!そこでとまれ!!」

 ベルトルトが家屋の上で静止する。

「ベルトルト!!話をしよう!!」

 アルミンは声を大きくしてベルトルトに叫んだ。

「話をしたら!!全員死んでくれるか!?僕たちの要求はわずか二つ。エレンの引渡しと壁中人類の死滅!!これが現実だアルミン!!もうすべては決まったことだ!!」

 ベルトルトの非情な返答だった。

「だ、誰がそんなことを決めた!?」

「僕が決めた!!君たちの人生はここで終わりだ!!」

「それは残念だよ!!僕はもうアニの悲鳴は聞きたくなかったっていうのに!!」

 アルミンの挑発にベルトルトの表情が陰る。

「アニを残虐非道な憲兵から開放させてあげられるのはもう君しかいなかったんだよ!?このままじゃアニは家畜のエサに――」

「すればいい!!豚のエサにすればいい!!本当に捕まえているのなら!!」

 ベルトルトがアルミンに近づいてくる。その行動に危険を察知してミカサも動き出す。アルミンは引こうとするが、あっという間に距離を縮められて、同じ家屋の上に立つ。

「どこに行くアルミン?話をするんだろ?」

 アルミンとベルトルトは互いに剣を構え、警戒しあう。しかし武にあまり心得がないアルミンの表情にゆとりはない。

「アニの話を出せばまた僕が取り乱すと思ったか?おとなしくて気の弱いベルトルトなら言いくるめて隙をつけると思ったのか?」


 離れた場所から様子を伺っているエレンやジャン。

「下がれエレン。わかってんだろ?お前と超大型巨人ヤツじゃ分が悪いって・・・お前の出る幕じゃねぇぞ」

 ジャンの冷静な分析をエレンは聞き入れる。

(くそっアルミン・・・なんで!?)


「その実、本命はどちらでもない。ただの時間稼ぎだ。僕の周りを兵士で囲い、別の兵士にライナーを倒させるための無駄話。僕にはわかる。そうやって震えているうちは何もできやしないって」

「そこまで見えていて何で話しに乗ったの?」

「確認したかった。君たちを前にした途端にまた泣き言を繰り出し、許しを請うんじゃないかってね。でも・・・もう大丈夫みたいだ。うん。君たちは大切な仲間だしちゃんと倒そうと思ってる」

 ベルトルトの表情に躊躇という言葉は無くなっていた。

「それは僕たちが悪魔の末裔だから?」

「いいや君たちは誰も悪くないし、悪魔なんかじゃないよ。でも全員死ななきゃいけない。もうダメなんだ」

 語るベルトルトの背後にミカサの刃が襲う。白刃戦が始まる。弾きあう二人の白刃。寸前のところを回避して反撃に出るベルトルト。彼の強烈なキックがミカサを思いっきり吹き飛ばす。そのままベルトルトは即座にアルミンの元へ走り出す。ミカサは刃をベルトルトに投げつけてアルミンを死守。

 ベルトルトは一旦その場を離れる。

「追わないでアルミン。ライナーを助けに行った。彼がいつ巨人になるかわからない。距離をとらないとあの爆風に巻き込まれる」

 ミカサは一瞬の攻防戦でひどく消耗している。迷いなきベルトルトが思いのほか手練であり、かなり厳しかった様子だ。

「ベルトルトは爆風を起こす気はないらしい。瀕死のライナーを自分で止めを刺す事になるから・・・今ならライナーを人質にして白刃戦に挑める」

「そのはずなんだけど彼には考えがあるように見えた・・・というかあれが本当にベルトルトなの?私にはまるで別人に見えた」

 ミカサにはまだ刃を交えたときの感触が残っていた。

「僕もだ」


「急げ!!鎧は虫の息だ!!」

「早くとどめを――」

 鎧の巨人は本体を守るように仰向けに倒れている。

「これじゃトドメが・・・」


 ベルトルトは心がとても澄んでいた。

「すごく変な気分だ・・・恐怖もあまり感じていないし周りがよく見える・・・きっと・・・どんな結果になっても受け入れられる気がする。そうだ・・・誰も悪くない・・・全部仕方なかった。だって世界はこんなにも――残酷じゃないか」

 勢いよく上空に飛び上がる。

「飛び上がったぞ。まさか!?」

「しかしライナーはすぐ近くですよ!?」

「一旦離れろ!!」

「ハンジさ――」

 周囲が光明に包まれる。次の瞬間爆発が起きて周囲が吹っ飛んだ。キノコのような形をした雲が出来る。

「お前ら生きてるか!?」

 エレンのそばにいるジャンが第一声を放つ。コニーもサシャも無事だった。続いてミカサとアルミンが合流する。

「無事かお前ら!?」

「大丈夫」

「ハンジ班は!?」

「ベルトルトの近くにいた・・・」

「・・・まさか生き残ったのは・・・俺たちだけか・・・?」

 超大型巨人がこちらを向く。

続く

考察・感想編は別記事として出してます。解説や感想、予想などにご興味がある方、更なる分析をご希望の方はぜひそちらもお越しください。

↓

こちら: 78話 分析【考察・解説】編

気になった一問一答

Q. ケニーの女性部下の名前

A. トラウテ・カーフェンです。

 最後にロッド巨人化による崩落に巻き込まれ、気づいたら退場していたケニーの女性部下の名前が発覚。「トラウテ・カーフェン」とのこと。何か名前の由来はあるのでしょうか。今にして思えば結構もったいないキャラだったので、彼女だけはケニーの最後の一言で調査兵団へ付いて来るという展開があったら嬉しかったかも!?


進撃の巨人の関連情報は随時紹介します。乞うご期待!

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。

コメント一覧

    • 1. 進撃の名無しさん
    • 2016年02月09日 18:49
    • 管理人さん、大丈夫ですか?

      更新は楽しみですが、くれぐれも無理はなさらず、ご自愛くださいませ
    • 2. 進撃の名無しさん
    • 2016年02月09日 23:15
    • ケニーの女性部下は名前が有って嬉しい
    • 3. 進撃の名無しさん
    • 2016年02月10日 01:10
    • ベルトルト巨人化のキノコ雲は核爆発によるものを元に描いたんだろうな。
      これかもしれない。

      1953年 旧ソ連の核実験 爆発時のエネルギー:400キロトン(長崎のおよそ20倍)
      https://www.youtube.com/watch?v=r0dUIq8gHgc
    • 4. 進撃の名無しさん
    • 2016年02月10日 18:18
    • 毎月ここのサイト拝見しています。
      いつもわかりやすくまとめてくれていてコミックス派の私には嬉しいです。ご病気大丈夫ですか?
      少しでも早く良くなる事を願っています。
    • 5. 進撃の名無しさん
    • 2016年02月11日 12:42
    • 超大型巨人は進撃の巨人の顔だからいつか覚醒するだろうとおもってたけど
      とうとうきたな…
    • 6. 進撃の名無しさん
    • 2016年02月11日 15:14
    • 管理人さん、ご病気大丈夫ですか?
      お大事にしてください

      ケニーの女性部下の退場は惜しかった
      ハンジさんまで退場なんてことになりませんように!
    • 7. 進撃の名無しさん
    • 2016年02月11日 15:44
    • 樽トルトさん覚醒か。

      管理人さんお大事に。
    • 8. 進撃の名無しさん
    • 2016年02月11日 18:05
    • 管理人さん大丈夫ですか!?
      お大事してください(>_<)
    • 9. 進撃の名無しさん
    • 2016年02月26日 08:35
    • エレンちゃん「ボク特別ちゃうねん」
      キース「お母ちゃんは特別やのおてエエゆうてたよ」

      ビタミン欠乏症を貧血一辺倒で鉄剤しか処方されなかった経験がある俺としては、通院でいいと言われてる内に、セカンドオピニオンでもサードオピニオンでもオススメしたい。
      管理人さんが納得してるならいいけど。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット