76話 分析【考察・解説】編

   

タグ:  

76話の考察・解説編、感想パートです。本編を読んだ方や「76話ネタバレ記事」を読んだ方向けの記事となります。まだ本編をお読みでない方はネタバレに注意してください。

※76話・・・2015/12/9発売の別マガ1月号掲載

76話を読んだ人向けだ。私だけが・・・76話を見ているのだ

一息ついて
先にこちらの記事を読むことを推奨します。

76話 あらすじ・感想記事

解説・注目ポイントなど

 気になった部分の感想や解説、捕捉などをしていきます。最新話考察はここで浅く広くご紹介しています。単独で別記事で出す場合もあります。

 今月は回想や雷槍説明がメインの回。感想が主で考察部分は少ないです。主にライナーの生き死にが話の焦点になりそうです。

check「雑魚は嫌いだ」

 ストーリーの本流には関連していませんが、本話で話題となったリヴァイの台詞。2chを軽く眺めた感じでは「味方に雑魚呼ばわりとは何ぞか」という声が結構多く見られました。そもそもこの言葉は味方に対してなのか、それとも敵の巨人のことを指しているのでしょうか。あるいは両方なのかもしれませんね。

check「悔いなき選択」のワンシーンが回想で

 「進撃の巨人」スピンオフ作品のシーンが登場。

 元々諫山先生はスピンオフから設定やキャラなどを逆輸入・利用するケースはありませんでした。それが唐突に「悔いなき選択」のシーンが登場。元々、スピンオフと原作の整合性にはいくつか矛盾があり、公式の設定と思わない方が良いという意見も多かったので、ここでリヴァイ外伝のシーンが採用されていることに驚いた人も少なくはないと思います。

checkエルヴィンの自問自答

 エルヴィンの回想・葛藤らしきシーンも描かれました。私利私欲で動いてた面も否めないということが改めて描写。また、戦いが終わる前に地下室に独断で見に行きたいみたいな心情も。これがフラグとなり、戦いの最中に「世界の真相」を見に行く展開が有りうるかもしれません。

 なお地下室にあるのは「世界の真相」確定で話していますが、エルヴィンの勝手な見立てです。若干作者の語り視点に近いので、本当に「世界の真相」があるっぽい流れです。しかし確定では有りません。どういう思考で「世界の真相」と確信したのかは不明。

また大量の亡骸の山のシーンはベルセルクからではないかという指摘も。

626: 進撃の巨人の読者さん 2015/12/10(木) 01:55:28.55 ID:5XtsYANA
完全一致


人類のために心臓を捧げよと
そうやって仲間を騙し
自分を騙し築き上げた屍の山の上に 私は立っている
ベルセルク

・・・・知ってた?
・・・・ぼくはここがどんな所か・・・知ってて・・・
そう・・・ぼくは知っていた
知ってて屍の・・・・
みんなの上を歩いて・・・・
ここまで・・・・
エルヴィン

諫山先生は15,6歳の頃にベルセルクと出会い、一読者でもあります。(ベルセルクと諫山先生で検索すれば詳細が出てきます) 今までの作中の演出や見せ方など、ベルセルクに重なる部分が多く見られるという声もあります。屍を超えていくという描写は映画などにもある故珍しいシーンではないかもしれませんが、明らかにその影響が垣間見られます。

check「雷槍」

 雷槍は中央憲兵によって隠された技術によって作られたそうです。

 詳しいメカニズムは分かりませんが、硬質化をも破壊する威力があるみたいです。また、威力だけでなく破片などが飛んでくるので、使用の際は爆発や破片を防ぐ遮蔽物や距離が必要になるのだとか。

 それなりの太さの木の幹を一発で折ることが出来るほどの威力があります。

 現実の兵器だとどれくらいに相当する威力かは不明。詳しい方はぜひ教えていただけたらと思います。

 遅い相手に有効、遮蔽物が必要などの使用に制限があり、使える状況は限られている様子。今後のメイン武器にはならないと予想。

checkライナーの生死は?

 「でぇじょうぶだ。脳機能を移動したら生き返る!(CV 野沢雅子)」。ということで今月の予想問題です。

 正直作者のさじ加減次第なので、どちらにも転ぶ事が出来ます。前の話では「脳機能移転」まで登場しているので「さあどっちでしょう」と二択を突きつけられている気分。

 また、2chを見ている限りでは「危なかった・・・巨人のつま先や髪の毛などに脳機能を移してなかったら即死だった・・・」というようなネタのコメントも見られ、はっきり言って死んでないのではないかという意見が多かったです。仮にもメインキャラクターが死んだかもというシーンなのですが、「脳機能の移動」設定で今一ショックが和らいじゃってますね。

 直前には「もはやこの手を使うしか――」という台詞を吐いた直後にこの状況なので、個人的には生きてると予想。

総評・次回の予想

 普通の予想で申し訳ありませんが、ライナーの生死が明らかになりそうです。生きている派の予想としては、戦いがそのまま継続するのか、ライナーが「死んだフリ」をして不意打ちを入れるか逃げるか・・・・・・というところでしょうか。アニの結晶化みたいに死なずに戦闘から脱落する可能性も。

 そして肝心の「猿vsリヴァイ」。どうやらこの戦いの最後の見せ場にするような意図を感じます。よって、まだ当分(数ヶ月)は見られないと思います。

 マルロたちの馬を隠し切ったり、エルヴィンの回想・葛藤なども見られるかもしれません。


番外編

ライナー・ブラウン

!?ライナー・・・!?脳機能の移動を使いすぎたんだ・・・ブレインマッスル脳筋に・・・。

ライナー

見切れてるけど「イエスビッグボス!」。故郷に帰りたいために身を粉に!?もういい・・・。ゆっくり休もう。

ライナー巨人化

ライナーの巨人体も残念なことに。

ライナー4

そうか、あかんかったか。予想が外れた・・・。


ということでネタ明かし。同誌掲載の「赤橙せきとう」。サイコパス・犯罪系で絵も綺麗で中々楽しませて頂いてるお勧め作品のひとつ。名前被りをしてて、しかも色んな意味でどハマリしててやりたかったネタ。ママさん刑事が良いキャラしてるんですよ!。



それではまた次回にお会いしましょう。さようなら。

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。

コメント一覧

    • 1. 進撃の名無しさん
    • 2015年12月09日 07:06
    • ライナー殺られそうなのに樽トルトさんの出番はいつ?
    • 2. 進撃の名無しさん
    • 2015年12月09日 07:09
    • 雷槍ブラウン
    • 3. 進撃の名無しさん
    • 2015年12月09日 09:16
    • 「この手」って本体が爆発したら使えないんじゃないの?どうせライナー死なないんだろうけど。でもエルヴィンのクローズアップよりミカサの謎をとっととどうにかして欲しいわ。だから腐媚びなんて言われるんだよ。
    • 4. 進撃の名無しさん
    • 2015年12月09日 20:06
    • ああああ
    • 5. 進撃の名無しさん
    • 2015年12月10日 02:14
    • 「雑魚は嫌いだ」ってハアハア言ってる自分のことなんじゃないかな。
      ケガでもしてて、「弱い奴はすぐ死ぬ」って自分を叱咤してるように見えるんだが。
    • 6. 進撃の名無しさん
    • 2015年12月10日 05:52
    • >>5
      いつもの野郎ツンデレだろ
      その弱いやつを退かせて自分が前線に出てるんだから

      ライナーもし殺られても樽トルさんが居るしなぁ・・・・・・
      機動力が低い分捕虜にはしやすそうだが
    • 7. 進撃の名無しさん
    • 2015年12月10日 10:25
    • 2ちゃんでも普通にいろんな説で議論されてたのに
      ID出ないスレで叩き利用しているのを「多かった意見」にしないでほしいな
    • 8. 進撃の名無しさん
    • 2015年12月10日 13:35
    • >アニの結晶化みたいに死なずに戦闘から脱落する可能性も。

      これ見てふと、アニが結晶化するときエレンとの融合未遂を思い出した
      融合はアニオリだけど、もしそれが可能ならライナーの「この手」はエレンと一緒に結晶化して猿に持って帰らそうとしたとか
    • 9. 進撃の名無しさん
    • 2015年12月10日 16:06
    • 殺した人を積み上げた上に立っているシーンとかヴィンランドサガにもあるし わりと定番じゃないすかねえ 雑魚は嫌いだは もし隊員に向けられたものなら 弱い部下を絶対死なせたくないため無理をしている自分を叱咤するための発言じゃないすかねえ 相当ひねくれていると思いますが 一人でも死なせたくないとかは フラグすぎるし 急にいいこと言い出すのもねえ でもエレン達の影響で兵長も相当人間臭くなってきたという気はしますね  
    • 10. 進撃の名無しさん
    • 2015年12月10日 21:45
    • 完全にベルセルクだな
      ちょっと微妙な気持ち
    • 11. 進撃の名無しさん
    • 2015年12月12日 00:16
    • リヴァイの「雑魚は嫌いだ」は誰にも死んでほしくない気持ちの表れかと思った。自分の信じた部下やイザベルとファーランも結局は巨人に殺されてしまったし、これ以上仲間が死ぬのを見ていくのは嫌だってことなのかなって。
    • 12. 進撃の名無しさん
    • 2015年12月12日 02:25
    • 以前のリヴァイなら息切れひとつせずにザカザカ巨人を削いでいたのに、今は3メートル級を倒しただけでぜいぜい言ってるから体調が悪いのか?それとも巨人の力に限りがあるようにアッカーマンの力にも限りがあって弱体化しているのかも…と考えたけど歳くったケニーはバリバリだったから何らかの病気に罹患し、弱体化しつつある自らを雑魚と言ってるのかと思ったんだけど
    • 13. 進撃の名無しさん
    • 2015年12月12日 11:37
    • 息切れも雑魚発言も描写不足で急に来たから分かりにくい
      もっと部下を守って巨人を倒して飛び回っている1コマでもあればよかったんだが
    • 14. 進撃の名無しさん
    • 2015年12月12日 17:55
    • 今回もやたらおもろかったな
    • 15. 進撃の名無しさん
    • 2015年12月12日 23:41
    • 急にエルヴィンの内面描写が増えてるせいで「そろそろ退場なのか?」て思ってしまう
      せめて地下室覗いてからにして欲しい…
      そしてライナーはどうなってしまうんだろう このままアッサリ退場とかはないと思うけど
    • 16. 進撃の名無しさん
    • 2015年12月13日 01:41
    • 人類の力を思い知れ!みたいな回だったな
    • 17. 進撃の名無しさん
    • 2015年12月13日 21:39
    • エルヴィンはサイコパス的な人なの…と読み進めていくうちに思ってしまうんですが
    • 18. 進撃の名無しさん
    • 2015年12月16日 16:14
    • ベルセルク信者ウザすぎぃ!
      連載してもらえないからってこっちに来んなっての、たったワンシーンでパクリとかこの世のほぼすべての作品がパクりになるわ。
    • 19. 進撃の名無しさん
    • 2015年12月16日 16:15
    • 視野が狭い、よくあるパターン 演出なのにベルセルクのパクり!とかアホかと
    • 20. 進撃の名無しさん
    • 2015年12月24日 00:20
    • 獣巨人のおっさんてグリシャさんに似てないか
      5年老けさせて白髪にしてヒゲ伸ばしてメガネかけて
      親戚?
    • 21. 進撃の名無しさん
    • 2015年12月24日 04:22
    • ベルセルク信者ってかよく分かってない知ったかが勝手に言ってるだけだろ

      すぐに信者呼ばわりする方の知能も大概だわ
    • 22. 進撃の名無しさん
    • 2016年01月20日 02:03
    • すぐに腐媚びとか言う奴も大概だわ
    • 23. 進撃の名無しさん
    • 2016年12月15日 01:07
    • 凄い前の記事に今頃失礼
      ベルセルクってグイン・サーガに凄く影響受けてるんだよ
      作者の三浦先生が、グイン作者の栗本先生との対談で「グイン・サーガはベルセルクの母に当たります」って言いきってるくらい
      グリフィスのキャラもガッツのキャラも、グイン読んでれば「ああ、あのキャラの影響だな」ってはっきりわかる
      自分も昔からのグイン読者だけど、でも、それでベルセルクがグインのパクリだの何だのとは全く思わないよ
      素晴らしい作品に影響を受けて創作活動して、影響受けた表現が出るのは当たり前だよね
      このシーンも正直全然グリフィスのあのシーンは思い出さなかったわ
      屍の山踏みしめてどうのこうのなんてよくある表現
      しかし諌山先生がベルセルクファンだったとは知らなかった、偉大な作品の影響がそうやって繋がっていくのは嬉しい
      栗本先生に進撃の巨人を読んでみてほしかった
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット