ライナーの「脳機能を全身に移す」をマジメに考察・分析

 

 原作75話で出てきたシーン、ライナーの「脳機能を全身に移す」を幅広い視点で考察。

脳機能

 正直、自分は医学分野なんてさっぱり分からない上、「神経学」や「脳研究」などの知識もありません。ニュースで「脳のあれこれはこうだった」というデジタル記事を見る程度。有名な脳の疑似科学を知っている程度です(右脳派左脳派とか利き脳とかクリエイティブが右脳とか)。素人が知った口で語ると痛い目に合うということで、「ファンタジー的」にロマンを語るような視点で考えていきます。真剣に考えたら負けのような気がするので、浅いレベルに留めておくということ。

(そもそも脳科学分野って疑似科学も含まれてますし全体が解明されていない器官。それを無学のまま専門的に設定で突っ込んで発信していくというのは少しタブー感があるんですよね。)

 諫山先生がどのくらい「脳科学分野」に詳しいかによって、捉えるレベルの度合いが変わってくるかと思われます。

 例えば、以下の例をご覧下さい。

手塚治虫「脳機能を全身に移す」
小学生「脳機能を全身に移す」
ファンタジー脳の人「脳機能を全身に移す」

 極端な例ですが、説得力が全然違うことが分かります。また、考察する度合いや深度も発信者に合わせて、変えなければいけないということが分かります。

 故人ですが医師免許を持つ漫画家手塚治虫先生の場合、読者も深く考える人ばかりになるでしょうし、はたまた本業の方々から考察する人も出てくるかもしれません。小学生が思いつきで考えたとなると、もはや考察する価値なし。

頭脳

 ファンタジー脳の人が考えた設定ならば、それに合わせて読者もファンタジー知識で考えます。今までの考察はこれが多かったですよね。無意識に考えた人のレベルに合わせる、もしくはそれ以上のレベルで考察してた方が大半でした。ファンタジー設定というのは「学」はあまり必要としないので、誰でも平等に考えることが出来てロマン溢れる楽しい分野なんです。本格推理物とは真逆。

 しかし、今回のシーンはファンタジーとすら言えなく医学でも説明できず、超常とも言えない急遽出てきた設定で戸惑っている声が大半です。

2chを開いてみる。

2chより一部抜粋
  • ライナー化け物どころじゃなかった
  • 脳機能を全身に移転とか余計なトンデモ設定付け加えなくても いいのにな
  • 脳機能を全身に移す、とか何かいちいち説明台詞いらない気がする
  • 脳機能を全身に移すなんて器用なマネ見てるともう巨人になった人間は もう本体が体内を流動可能な液体人間かなにかのように思えてくるな
  • 脳機能移動がただの「巨人TUEEEEEE!」フラグじゃありませんように 後付で超能力設定足されても萎える 逆に意外な弱点フラグだったら評価する
  • 脳機能転移ライナーどうすればいいの 気絶させて引きずり出して拘束して エレンゲが一気に踏み潰すとか?
  • 脳機能を全身に移す=人間の身体を巨人の脳に変える  脳機能を本来の位置に戻す=巨人を解除して人間に戻る だと思う
  • 脳機能を全身に移動って本当に意味不明なんだが ライナーの脳みそは液体状にでもなるの?
  • なんか脳機能云々で ドラゴンボールのセルが上半身ふっとばされても死ななかったのを思い出した

 2chを覗いてみると「考察」ではなくて「否定的」なコメントが目立つ形に。良い設定という方向で捉えてる人はざっと見た限りでは皆無でした。

 脳機能について。理屈はよくわかりませんが、巨人の脳はクリティカルな弱点ではないということのようです。

進撃の巨人 ネタバレ考察

 ネタバレ考察さんも分からないとのこと。

 逆に「分かる」といった人のほうが「えっ」となりますが・・・・・・。巡った個人ブログでは「反則」という声も。

 75話の分析記事で頂いた感想を見てみる。一部抜粋。

■75話分析記事コメントより■

2: 進撃の名無しさん 2015-11-09 02:18:29
脳機能を移すって( ;´Д`)
なんだよそれ。意味不明すぎる。

21: 進撃の名無しさん 2015-11-11 00:33:42
脳機能を移す件で自傷行為で巨人化する理由が少し見えてきたんじゃないか?

22: 進撃の名無しさん 2015-11-11 03:50:09
他のとこで言われてたけど、脳機能云々ってGとかプラナリアみたいなもんじゃないの?
(一部省略)

 自傷行為と脳機能転移に因果関係を示唆するようなご意見、そしてプラナリアに見立てるご意見も。

 前者についてはまだ分かりません。プラナリアについては「おおっ!」と思いましたが、だとするとライナーは体を分解すれば無限増殖が可能ということに。(参考:記憶は脳の外にある? プラナリアの実験からわかったこと

プラナリア

 最強クラスの再生力を誇るプラナリアさん。ばらばらに切ってもそれぞれ元通り。しかも実験で、脳を切り離した個体から再生させたプラナリアにも過去の記憶や経験が残っているという結果が。その再生力のメカニズムはまだ明らかになっていません。

 実際、ライナーが「脳機能」を全身に移した後にばらばらにしたら、それぞれが鎧の巨人となる可能性もあるのでしょうか。巨人化の再生力はプラナリア由来のものということでしょうか。それなら、脳機能を移すまでもなく再生できるような気がしますが、確かに面白い説ではあります。

 しかし、「超再生力」と「脳機能の移動」は全くの別物という疑問が。


とにかく適当に脳機能関係でぐぐってみる。

「Googleエンジニアが脳機能をコンピュータにアップロードして不死。今後30年で実現か」という記事が出てくる。仮にそんなことが出来たとしても「自己の連続性」を保てないだろうけど。

引用

・人間は今後30年以内に「不死」になる

 人工知能の権威であるレイ・カーツワイル氏は、最近行われた『グローバルフューチャー2045』世界会議にて、「近い将来 、脳機能を コンピュータへ移行することが可能になる」と述べている。それって、人間は肉体の損傷や消滅にかかわらず生き続けられるようになるということ!?

・意識をコンピュータ上に移行した「ソフトウェア型ヒューマン」

カーツワイル氏は2005年に発表した著書でも、脳機能をコンピュータ上に移行した「ソフトウェア型ヒューマン」について記している。この意識をコンピュータ上に移した「人間」は、人の姿が必要なときは3Dホログラムやプロジェクション(投影)によって姿を表現。物理的な接触は、ロボット技術を使って行われるそうだ。まさにアニメ『攻殻機動隊』の「電脳化」とそっくり! そんな未来が近づいているということか!?

Googleエンジニアが「脳機能をコンピュータにアップロードして不死が実現する」と主張 / 今後30年で実現か

 今回、ライナーは体に脳機能を一瞬で移してるわけですから、この記事はあまり関係が無さそうです。脳機能を移動というより精神転送ですね。しかし、昔書いた「巨人化の力=ナノマシン」で制御するという説なら、まだワンチャンあるかも?と思いました。

 この説ですが、要は体の中に無数のナノサイズのスーパーコンピュータがあるという説です。それはスパコンとしてだけでなく、増殖も出来ますし物質に変換&生成を行うための機能も持っているという架空のナノマシン。タイムマシンよりも実現性がないもの。

 いちいち全身に脳機能を移す必要性はないような気がします。却下。


 個人的に「脳機能の移動」という説明が悪かっただけで、「脳や脊髄に滞留する巨人の素となる成分を一時的に核化、もしくは凝縮。胴体部分などに移動・分散させた」とかならまだぎりぎり分かるのですが・・・・・・。なんにせよデメリットくらいは用意するべきでした。

 分散して巨人の力が抜け落ちた分、弱くなるとか。体力がほぼ無くなるなどの致命的な弱点を用意しないと。調査兵団→ライナー発見→リヴァイ仕留めそこなう、までの流れが完全に茶番となってしまった感が。「ライナーを見つけた」→「で?」感。元々ライナーは何をしようとしていたのか、というのも分かりにくいままに。


 次に「世界初の脳移植を受ける見通し」という最近のニュース。

“ある一人の末期患者は、この医師にすべてを委ね、世界初の脳移植を行う予定だ。・・・・・・医師の説明によれば、現代の医学は十分に脳の移植が可能だという。 末期の男性、世界初の脳移植を受ける見通し

 注目を受けている手術。これは結果が気になりますが、ライナーの件には参考にならなさそう。


 今回は脳研究を専門とする本業の方にファンタジーロマンを踏まえて意見を聞きたいところです。諫山先生は身近にそういう方がおられて、アドバイスを受けているのかもしれません。専門書を何冊も読まれているのかも。(思いつきじゃないことを願う)今後、どのようにこの設定を解説されるかを期待して待つことにします。

 ということで今回の考察・分析はリタイヤ!

 もし何かピンと来る設定や意見を思いついたら教えてください!

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。

コメント一覧

    • 1. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月14日 20:26
    • 気になるけど足を踏み入れちゃいけない所ですよねぇ(笑)
      マンガなんで深く考えすぎると負けな気がします(笑)
      確かに色んなマンガでコアを異動できるとかありますよね、最近だとワンピースのピーカとかですかね。
    • 2. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月15日 00:14
    • 巨人の中にいるときの人間って全身からなんか出してるじゃん
      あれが人間と巨人体をつなぐ神経細胞で
      その神経細胞が全身から出てるんだから全身が脳ってことでFA
    • 3. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月15日 07:00
    • これでコミックスで修正されてたら草生える、ただ表現の問題だと思うからもっと単純な言い方に変えるなら修正して欲しいかな、設定とかじゃないと思う。
    • 4. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月15日 07:06
    • 色んな情報があって面白くなりそうな展開なのに、たった一言や1つの設定で萎えたり批判できるのって逆に凄いと思うわ、ストーリーの根幹を揺るがすようなもんでもないだろうに
    • 5. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月15日 20:06
    • いまゼノブレイドってゲームやってるんだけど、なんか進撃の巨人を思い出すんだよね!
    • 6. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月19日 15:31
    • 月刊だからねぇ。何か理由があってわざわざ出してきたと見るのが妥当だと思うけど。リヴァイvs戦士長の伏線なのかな。

      それか巨人は、うなじの弱点である人間の脳から脊髄までにあたる部分のどこかを横断だけでは殺せない、大部分を削ぎ落とさないと殺せないっていうことの説明なのかな?
    • 7. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月21日 14:39
    • グリシャ巨人もスパコンだったから、練度の無いスカスカだったフリーダ巨人を倒せたわけね。
      レイスは劉備だな。逃げて逃げて弱小国で良いから勢力作った訳だし。座標はスパコンの核なのか?
    • 8. 進撃の名無しさん
    • 2015年12月04日 00:29
    • うなじ部分の肉片(元人間)が脳の役割って事なのかな、だから切り落とさないと巨人は死なない…と。
      巨人になった人間部分が脳の機能を果たすのではなく、最初に全身に脳の機能を移してから巨人になるって事がわかったぐらいか。
      まるで人間を種にして大きくなる植物みたいだな…あれ、この方向性もありか?注射は決まった方向に成長させる栄養剤みたいな物か?
    • 9. 進撃の名無しさん
    • 2015年12月10日 23:36
    • >>5
      サントラが同じ人だからじゃね?w
    • 10. 進撃の名無しさん
    • 2016年01月10日 15:33
    • サシャの切り込みいれたところでふさがってしまう巨人みたいに
      巨人化して刺し傷じゃ死なない感じにしたのかな
      やっぱ切り離し・・・うなじ削がなきゃかもしれん
    • 11. 進撃の名無しさん
    • 2016年01月25日 20:15
    • プラナリアの実験は実際の所記憶じゃなくて条件反射だし、そもそもプラナリアは全身に走っている二本の太い神経が脳の代わりをしているから、二つに切っても割と機能が残ってるだけだし。
      このようにして疑似科学って広まって行くんだな……。ちなみに上のプラナリアの実験は日本人がレポート書いてた気がするから調べてみると面白い。
    • 12. 進撃の名無しさん
    • 2016年02月03日 01:07
    • 昆虫みたいな、神経節脳に切り替えるて意味かと思ってた
      勝手に翻訳して、そう解釈
    • 13. 通りすがりの脱走兵
    • 2016年02月22日 17:04
    • 脳髄移植なら、影響下を受けた一つであるマブラヴの
      OOユニットと言う原作漫画版ライダー1号みたいな
      サイボーグ化で復活するヒロインがいるな。

      でもあれの影響もあるなら、何処かに鍵が転がってそうだ

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット