75話 分析【考察・解説】編

   

タグ:  

75話の考察・解説編、感想パートです。本編を読んだ方や「75話ネタバレ記事」を読んだ方向けの記事となります。まだ本編をお読みでない方はネタバレに注意してください。

※75話・・・2015/11/9発売の別マガ12月号掲載

75話を読んだ人向けだ。お手並み拝見と行こうか。

一息ついて
先にこちらの記事を読むことを推奨します。

75話 あらすじ・感想記事

解説・注目ポイントなど

 気になった部分の感想や解説、捕捉などをしていきます。最新話考察はここで浅く広くご紹介しています。単独で別記事で出す場合もあります。

 今月も戦闘や立ち回りがメインの回。感想がメインで考察部分は少なくなります。ただ重要そうではないにしても新しい情報が色々と出ています。そういった部分がメインの話に。

check新たな知性巨人が登場

 恐らく進撃史上もっともさりげなく、存在感のない知性巨人が登場。「四足歩行型」の荷物を運ぶ巨人だそうです。見た目は完全に通常種モブと同化しております。

 調査兵団を発見した巨人もこの固体だとエルヴィンは予想。

 ただ少し矛盾を感じる内容となっており、ずっと巨人化して24時間監視していたのかなという疑問が。一応巨人の体力設定とかがあったと思うのですが、それに強い固体なのかな。また、知性巨人ではなくて猿の支配を受けて荷物を抱えていたという可能性が排除されているのも少し不思議ですが――とそこらへんは気にせず置いておきます。

 まだ本体の姿や素性は明らかになっていませんが、ライナーたちの故郷の本国の人間かユミルをそこらへんの通常種に食わせて、味方にした人間なのかもしれません。

 そこらへんの巨人は元々人類に敵対する人間ばかりだとしたら後者の可能性も大いに考えられます。

 「四足」の特性としては足が速そうということでしょうか。今まで登場してきた「四足歩行」はサシャの馬に追いついたり、馬で駆けているエルヴィンを襲ったり、という特徴があります。

check四足歩行型の抱える荷物とベルトルト

 次の疑問が「四足歩行型」の抱える荷物。

 ハイドアンドシーク中のベルトルトさんに、樽に開けられた黒ひげ危機一発風の穴の特徴――。

 これはさすがにベルトルトと見ていいですよね・・・・・。機動力がないベルトルトのカバー要因が四足といったところでしょうか。超大型巨人は巨大な爆弾というか、閃光弾みたいな役になると予想。隣の荷物も爆薬とか破片系のものでは。単独で動いている鎧の巨人とも相性が良いですね。

 エレンたちは壁から離れて戦う方針ですが見当違いになるかも。

check狙われた馬

 猿側はジリ貧戦法を望んでるようで、「調査兵団の馬を狙う」、「退路を断つ」という方針。

 馬がなければ調査兵団はほっといても死ぬという戦法です。機動力を奪うのは重要な戦法。この場合、機動力は「立体機動」と「馬」になります。他にもケガ人を増やす、指揮系統を奪うなどの方法が考えられます。後は補給路を断ちます。これはウォールマリア内が敵領なのでクリア。という要塞や城を落とすときの常套手段です。

馬は一箇所に集めるのはやめたほうがいいかもしれません。

check真兵器「雷槍」

 くっ・・・・・・・力よ、目覚めよ「雷槍グングニル」!!

雷槍

 とちょっとだけ中二病心をくすぐるネーミングの新兵器が登場。この世界では電気や雷を制動する技術はなかったと思うので、どういう兵器かは全く分かりません。

 恐らく中央憲兵によって封印された技術が用いられた兵装でしょう。

 ここで北欧神話ネタのグングニルですが、FFなどでもおなじみのオーディンが使っていた槍です。オーディンのポジションはエルヴィンと近しいものがあり、そちらとも関連があるのかもしれませんね。

 ここでどういう兵器が予想。「光る鉱石」の正体は蓄電された電気石であり、それを電気的エネルギーに変換した兵器、と見た!あれだけ光が出続けるのなら、一応電気に変換できなくもないから・・・・・・という超斜め上の予想を残しておきます。(※実際にそんな鉱石は存在しません)

check「脳機能」を全身に移す

 ライナーがリヴァイの攻撃で死ななかった理由の説明。「でぇじょうぶだ。脳を移動させたから問題ねぇ」と悟空の声が脳内で響く!そこは頚椎を硬質化でカバーしたとかで良かったような・・・・・・。

脳機能

 ということで「脳機能」を体に移してリヴァイの攻撃を受け流したそうです。「内臓」の移動で急所を避けるネタとかは見たことあるのですが、「脳機能」は初めてです。

 「脳」ではなくて「脳機能」という言葉から、舌や心臓、肝臓、すい臓、筋肉、神経とかに「脳の機能」を移すことが出来るということでしょうか。事実上の不死設定なのかも。それともリヴァイがあの時に体へ追撃して、切り刻めば勝機があったということでしょうか。切り刻んでも分散してるから意味がないのでしょうか。

 とにかく、これはちょっと分からないので考えるのは保留にしておきます。今後の設定次第。

check戦士長vs兵士長

猿は戦士長ということが明らかに。これはかっこいい展開。なんとなく戦士長vs兵士長という響きがいいですね。今後のサブタイトルでも使われそうな響き。

checkアニの方がずっと手強かった

 これは今まで読者間でも言われていたのですが、本編内でもエレン視点で明らかになった事実。

checkエレンが完全に座標の力を身につけた後では手遅れだ

 ライナーの思考部分、「エレンが完全に座標の力を身につけた後では手遅れだ」について。

 この思考から、「座標」は猿の「巨人を使役する力」よりも上位のものではないかと感じ取りました。全く同種の物ではない可能性が高くなったように思えます。具合で言えば、ライナーの硬質化>アニの硬質化くらいのイメージでしょうか。

 また、エレンが座標の力を身につけた後に進軍していれば、ほぼエレンの勝ちが確定していたというニュアンスも受け取れます。では万が一、エレンが座標を身につけていたら猿側たちはどうしていたのでしょうか。いえ、本来習得には何年も必要な技術なのかもしれません。そうでないとシガンシナで待ちに徹することができないからです。

 しかし、硬質化をたった2ヵ月で習得したエレンにライナーは驚愕。規格外な奴だったと再認識したというのが現在のライナーの実情でしょう。

 ところで「座標」の発動条件には諸説ありますが、「大事な人たちを守りたい」みたいな感情が引き金になるという説があります。実際はどうなのでしょうね。

総評・次回の予想

 前哨戦開始回。見せ場のひとつはエレンvs鎧の巨人。続いてリヴァイvs猿の巨人でしょうか。

 次回の展開も中々予想が難しいのですが、エレンvs鎧の巨人がメインの回になると在り来たりな予想。後は馬たちを守る調査兵たちの戦いとかの見せ場もあるかなと思っています。「雷槍」の詳細も次回辺りで明かされるかも。

 互いの切り札が「ベルトルト」と「雷槍」で、これらは打ち消しあう展開になるんじゃないかなぁ。

 予想が本当に難しい!ここらで一旦話を締めます。


それではまた次回にお会いしましょう。さようなら。

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。

コメント一覧

    • 1. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月09日 01:19
    • そういえば、四足歩行型ってサシャ追いかけてた奴とか、今までにも出て来てたんですね。
      なんだかとても気味が悪いんですが、、
    • 2. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月09日 02:18
    • 脳機能を移すって( ;´Д`)
      なんだよそれ。意味不明すぎる。
    • 3. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月09日 03:02
    • 知性巨人が何体か紛れてるっぽいから、いきなり劣勢に陥る可能性がありそう。最後は座標で何とか凌いで猿は撤退かな…今回で地下室まで辿り着ければいいけど。
    • 4. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月09日 15:09
    • 猿はすべてを知る者だからそれ明かすまでは絶対死なないし、リヴァイはリヴァイでここで死なすと戦力が大幅に削られるしで決着つかない展開になるか?ライナーは明らかに情が残ってるし、正直死亡フラグ立ちまくりな気がするな…
    • 5. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月09日 17:17
    • ここで故郷組の誰かが死ぬならライナーだろうな
      ミカサアシストでエレンゲがとどめを刺す。
    • 6. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月09日 19:45
    • 四足型は操られている無知性の線もあると思うけどな
      ほんとにあいつが斥候してたなら知性の可能性が高まるが
    • 7. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月09日 21:46
    • 座学の成績については管理人さんと同じ感想を抱いた
      でも物語の初期から見てみるとキャラの設定が結構変わってるなと感じるからこんなもんなのかな
      アルミン、ライナーは初期から上位だろうなと思ってた
      ジャン、ユミルは描いているうちに作者内で株が上がって感情移入できるようになったキャラ(作者の考えを代弁させることがあると読んだことがあるので)だからかなあと
      ミカサ、エレン、ベルトルトは物語の進行上、幅をもたせるために言及無しって感じかな
      おそらく良い決断も悪い決断もする時があるだろうから
      でも三人とも平均以上なイメージだけどね
    • 8. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月09日 23:40
    • 猿が戦士長で確定なんですかね?
      あの流れだとそう考えるのが妥当だけど、
      だとすると何故ライナーは戦士長と戦ってブチのめされていたのか。
      上官に歯向かうとか軍隊なら厳罰ものだし、ライナーの性格からして無さそうなんだが・・・
    • 9. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月10日 00:16
    • リヴァイvs猿の巨人

      ってことなら、リヴァイはいよいよ巨人化の薬を使うんだろうか? 自分に…。
    • 10. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月10日 00:50
    • 153ページの6コマ目、ハンジが「よし!鎧をトロスト区内で迎え撃つぞ!」って言ってるけど、ここは「トロスト区内」じゃなくて、「シガンシナ区内」の間違いじゃない?
      ハンジ班は、エレンを囮に鎧の巨人をシガンシナ区内におびき寄せて、そこで倒そうとしているのだから、ここは「シガンシナ区内」が正しいと思うのですが。
    • 11. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月10日 02:31
    • 「トロスト区方面」てことで、そっちの方向つまり調査兵団が出てきた方、の意味です。
      私もちょっと「あれ??」と思ったけど地図を見なおせば分かります。
    • 12. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月10日 02:33
    • 11補足。ウォールローゼにくっついた突出区です。
    • 13. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月10日 08:16
    • 猿が岩をぼんぼん投げれば終わるでしょうに・・
      なんか変だわ
    • 14. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月10日 08:40
    • 猿が調査兵全部を巨人にしちゃえば終わるし、
      一方で
      巨人たちのうなじに食用油塗って火矢飛ばせば
      高温だわ酸素はあるわで、再生する前に焼け落ちて終了

      色々変なのはもう仕方ねーんじゃないの
    • 15. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月10日 10:16
    • ※8さん
      一応ライナーが猿のとこを戦士長って言ってた
      猿と戦ったのはアニを先に助けて欲しかったのでは?
    • 16. 進撃のベルトルさん
    • 2015年11月10日 16:15
    • 5 四足歩行型ってトロスト区襲撃時もいたような…
    • 17. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月10日 16:50
    • >>8
      少しでも早くアニを助けたいライベルと、座標優先でその後アニ救出な猿で一悶着あって戦っただけじゃない?


      トロスト云々はコミックスで修正されそうだよね、出来れば脳機能の件も高質化か別の表現で(笑)
    • 18. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月10日 16:56
    • リヴァエレだったからもういいじゃない。

      アルミン、エレン、と来たから来月はミカサの活躍を期待したいけど………望み薄だよな。
    • 19. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月10日 20:02
    • 四足歩行が戦士長かもしれないぞ
      背中に大判小判‥じゃなくて金貨ぎっしりの木箱積んでたら
      最強だろう
    • 20. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月10日 21:09
    • >リヴァイがあの時に体へ追撃して

      心臓にぶっ刺してましたよ
    • 21. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月11日 00:33
    • 脳機能を移す件で自傷行為で巨人化する理由が少し見えてきたんじゃないか?
    • 22. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月11日 03:50
    • 他のとこで言われてたけど、脳機能云々ってGとかプラナリアみたいなもんじゃないの?
      とりあえずエレン厨は、自分がワカンナイからって先生のブログ荒らすの辞めようか。って書いたらアイツは他のキャラ厨だぞって言われそうだけどw
    • 23. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月11日 04:48
    • この戦いでエレンは座標の力をコントロールできるようになりそうだな。猿の使役してる知性を操り返す展開来るか?
      まぁそうなるためには大きな絶望が必要になりそうだが…

    • 24. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月11日 06:30
    • 雷槍は巨人に刺して通電することで動きを止めることが出来ると予想。
    • 25. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月11日 07:16
    • ベルトルトがいるのはあの積み荷の中だったりして(笑)。ずっとあの状況を覗き見してるのは間違いないんだけどね。
      「雷槍」が鎧にも対抗出来る兵器ならあの杭のようなものはエレンの硬質化で作った物かな。それを打ち出すパイルバンカーのような武器。でもそれだけだったら新兵器として出すほどの物でもないから何か特殊な効果でもあるのかな。
    • 26. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月11日 09:48
    • 多分クライマックスに向けて幼馴染組が全面に出てくると思う。リヴァイは好きなキャラだけど正直出張らせすぎた。まあ人気出てしまったから仕方ないんだろうけど。
    • 27. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月11日 16:02
    • 今月と夜間行軍の回もエレンちゃんが主軸だったから、ヒロインのミカサも2回ぐらい主軸の話が有るといいな…と勝手な希望を書いてみるw

      ライナーの装甲は武装してやっと砕けたから、ライナー負かした猿も硬化できるのか!?だったらリヴァイかなりヤバくね!?と思ったり。
      壁外勢は硬化能力標準装備とか?
    • 28. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月12日 18:30
    • 「獣の巨人はお前にしか託せない」ってなんかフィッシング詐欺みたいだな
      逃げろ兵士長
    • 29. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月12日 20:57
    • Gの首がなくなって死ぬのって、窒息だか飯が食えなくて餓死するだったから
      まぁ、似たようなもんでしょう。
      って、そういやGに子どもを生みつけてGをリモートコントロールする蜂が数年前に見つかったのを思い出した。
    • 30. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月12日 21:16
    • 29
      そんな蜂いるんだ
      自分はカマキリとハリガネムシを連想した…
    • 31. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月14日 15:04
    • 樽トルト
    • 32. 進撃の名無しさん
    • 2015年11月17日 18:04
    • 脳機能の内、生命維持を司っているモノを、脳だけに限定せず、
      別の部位でも出来る様にしたって云う事なのだろうけれど。
      そう考えると脳機能の移行って、それだけで読むとピンと来ないが、
      『巨人』と云うものに対しては、割りと大切なファクターな気がするな。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット