実写「進撃の巨人」、アメリカで上映中に各地で字幕停止トラブル。クレーム殺到に

 

アメリカでは9月30日から映画「進撃の巨人」が公開されました。しかし、トラブルが発生する自体に。

要約
  • 9/30に「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」がアメリカの300館近い劇場で公開された
  • 各地の劇場で字幕が数十分間に渡って停止するトラブルが続出
  • ある劇場では「この日をずっと待っていた」という字幕がその後20分間表示されつづけた
  • Twitter上で「金返せ!」「今夜しか空いてないのに・・・」などとクレームが殺到する大惨事に

参考

The Attack on Titan Subtitle Disaster (英語)

http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/poverty/1443710424/

最初に申し上げておきます。アメリカでの配給会社はファニメーションさんです。つまり、ファニメーションの失態で東宝などとは無関係の事態だと思います。(責任問題は別にして)

とにかく300館で公開というのですからすごい規模です。そんな規模で字幕停止という上映トラブルが起こってしまいました。

現地の反応がこちら。

詰まるところ、「この日をずっと待っていた」という字幕が20分間出てたなどのクレームがファニメーションのツイッターに寄せられているようです。

「進撃の巨人」制作サイドは海外のファンも大事にする志向のように見受けられます。問題がうまく解決できればいいのですが。

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット