実写「進撃の巨人 後編」、原作のヒントが隠されていることが発覚!

   

タグ:    

三浦さん、本郷さん、水原さん

実写映画「進撃の巨人 エンドオブザワールド(後編)」には“原作とも関連する仕掛け”があることが明かされました。

一部抜粋

諫山創による人気漫画の実写映画2部作・後篇『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』に出演した三浦春馬、水原希子、本郷奏多が、後篇に隠された「原作とも関連する仕掛け」や、驚異のスペクタクル映像について語った。

 現在も連載中である原作の要素を踏襲しつつ、オリジナルストーリーへと展開していく後篇。その内容について、「原作でも明らかになっていない謎の重要なヒントが後篇に隠されているんです。ある登場人物が、原作の進行に関わる重要な言葉を発するんです」と主人公エレンを演じた三浦が打ち明けると、親友アルミン役の本郷も「原作のアレはコレじゃないか? とか、いろいろ推察する楽しみがあると思う」と続け、ヒロイン・ミカサ役の水原は「人間ドラマが濃くなって、いろんな意味で戦いが激しくなります」と瞳を輝かせる。

『進撃』後篇に原作の謎のヒントが隠されている

原作との設定リンクがあるようです。

三浦さんと本郷さん、水原さんが打ち明けました。

映画制作陣には原作の先の展開が明かされているかを考えたことがあるのですが、今までのインタビューの雰囲気で先の展開は詳細に明かされていないのかと思っていました。

ただ「原作のヒント」があるということなので脚本や監督、俳優などの一部の方には僅かながら、原作の謎について明かされている部分があったのでしょう。

実写エレンゲリオン

問題はその謎についてですね。

謎のヒントをぽろっとこぼすキャラについてですが、個人的にはクバルやシキシマ、敵のスパイ巨人辺りが怪しいかと思います。

まだ映画の内容自体が分からないので何も語ることはありませんが、映画館ではこちらのキャラクターに注意を向けようと思います。

映画公開は2015年9月19日からです。色々な方と映画の感動を共有できたらいいなと思ってますので、ぜひ皆様も劇場へ足を運んでいただけたら。

劇場でもまたお会いしましょう!それでは!

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。

コメント一覧

    • 1. 進撃のズヤリン
    • 2015年09月14日 23:09
    • 汚い客集めの仕方だな。
      観に行くしかないじゃないか!!
      楽しみ!!!
    • 2. 進撃の名無しさん
    • 2015年09月15日 10:22
    • 必死だなww
    • 3. 進撃の名無しさん
    • 2015年09月25日 17:36
    • 必死でもない
      お前が必死だなw
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット