超映画批評「進撃の巨人 後編」の評価は30点(100点中)

   

タグ:    

image

実写映画「進撃の巨人 前編」の批評では炎上の火種となってしまった超映画批評でしたが、後編の評価もついに公開されました。

気になる点数は30点ときびしめ。(以前も申しましたが、こちらの批評家さんの感覚は私とは全く違うので参考になるかどうかは分かりません)

基本的にはネタバレなしの批評サイトなので読んでも問題ありません。映画へ行くかどうかを迷っている方は参考にすると良いかもしれません。

ざっくりな内容はというと・・・
  • 主に「前編」のときの炎上事件について言及している内容。
  • 樋口監督のメンタルの脆さを指摘している。
  • 試写会の出禁云々についても言及。
  • 作品に対しては「出来の悪いシェイクスピアでも見せられているようだ」

全文はこちらの「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」30点(100点満点中)へどうぞ

非常に厳しい評価です。

作品のポテンシャルや技術は一定以上認められているものの、うまくまとまりきっていない、また脚本や演出、監督へのだめ出しが目立つ感想となっています。

点数においても前編が40点だったのが30点に下がってしまってます。

ただこちらの批評家の前田有一さんは点数にかなり厳しく、私が面白いと思った作品でもそれくらいの点数は珍しくありません。この点数を見ても落胆されるのではなく、最終的には皆様自身で面白いかどうかを決めていただければと思います。(何度も申し上げていますが、レッテルを張ってしまうと正当な評価が難しくなるので)

また、東宝の批評家に対する姿勢とかもしっかりと説明されておりますね。特定の批評家に対する出禁とかそういうのが無くてほっとしました。フェアネスを貫く精神は正直かなり同調しちゃいます。

前編の批評を読んだ方はひとつの意見として一見の価値があります。ぜひ読んでみてください。

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。

コメント一覧

    • 1. 進撃の名無しさん
    • 2015年09月13日 23:23
    • 映画批評というか監督への私信ですなぁ・・・
    • 2. 進撃の名無しさん
    • 2015年09月14日 00:52
    • まとめこれだけ?
      監督のメンタル、出入り禁止の言及や作品の感想や評価についても、これだけのざっくりまとめじゃさっぱり分からん
    • 3. 進撃の名無しさん
    • 2015年09月14日 00:58
    • 東宝の姿勢は良かったが
      その東宝にお世話になってる監督や一部のスタッフの姿勢は、一部共感はできるが同調はできない
    • 4. 進撃の名無しさん
    • 2015年09月14日 08:29
    • 何だかんだ言って、樋口監督への私怨に満ちているので(笑)
      どっちもどっちかとw
      でも、映画は、人の意見に惑わされず、
      自分で見て判断するのがいいですね。
    • 5. 進撃の名無しさん
    • 2015年09月19日 16:45
    • 前編みれば分かるよ、どういう姿勢でこの映画が作られているか。
      監督は人間を描くことに興味など全くない。
      音楽、衣装、小道具、カット割り、見せ方全てが、普通に映画をみること
      そのものを拒んでる。
      「なんだこれ???」って我に返るんだよね、映画に入っていけない。
    • 6. 進撃の名無しさん
    • 2015年12月23日 19:43
    • 1 というか 話まとめて流してるだけ…
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット