【感想】実写ドラマ「進撃の巨人」 第3話-自由への旅立ち- レビュー記事

   

タグ:      

評価: 1

ドラマ版「進撃の巨人 反撃の狼煙」第三部「自由への旅立ち」のあらすじ・感想記事です。今までは長文の感想が目立ちましたが、今回は短めにまとめるつもりです。アクションがメインなことも幸いしています。

そして、最大の問題児で「進撃の巨人」シリーズのタブーをあっさりと犯してしまった黒歴史作品でもあります。

第三話「自由への旅立ち」
原作のハンナ&フランツのバカ夫婦に相当するオリキャラ「フクシ」と「リル」がメインキャスト。

評価: ★★☆☆☆☆☆☆

点数:30/100

良かった所: アクション(格闘、立体機動)、バカ夫婦、

悪かった所: スカートの中の下着が見える、とにかく意味不明なミスマッチ音楽(意図的なものだとは思うので逆の評価もありえる)、流れが意味不明

一言: ジャンルはシリアス風のギャグアクション。本人らは真剣のつもりだけど、ただの(つまらない方向の)ギャグ作品という意味。見たことある人なら分かるかもしれないけど、ニコ生で見られるような邦画「○○ガール」とか「ガール○○」というタイトルの残念系アクション作品と酷似している。下品なところも含めて。(※ただし、深田恭子のファイティングガールを除く)


一息ついて主な登場人物

リル

リル
訓練兵の中では対人格闘術最強クラスのように描かれているリル。高嶺の花として扱われており、モテるポジションにいる。ドラマ版の時点ではまだフクシと付き合っていない。自分より強い男がタイプらしい。映画版では謎のスパイをぼこぼこにするも、そのまま爆薬を積んだトラックで巨人に特攻し、壁を塞ぐ作戦を台無しにした。

フクシ

フクシ
リルとよく格闘訓練をしている。リルよりかはその実力は劣る。映画版ではリルとのお色気シーンのときに絶命している。見事なフラグ一級建築士だった。

☆あらすじ

巨人襲撃から20ヵ月後、外壁再建団が出征するまで後4ヶ月。

対人格闘中、数ある組み合わせの中でも一際目立つのがフクシとリルのペアだった。本気でぶつかり合う二人。リルのほうが強くフクシをぼこぼこに。そして圧力をかけてくる変な髪型の高官たち。

高官

フクシに色仕掛けをしてくる高官の側近たち。

変顔

高官に文句をつけると、その側近さんが謎の変顔。

とにかくヒアナと仲が良くなってくるリル。そして真夜中に何となくふらついているとリルは同じくなんとなくふらついてるフクシと出会う。いきなり「俺に勝ったら付き合ってください」という謎展開に。いきなり戦い始める。「僕が君を守る!!」と戦いながら抱擁。そのまま付き合うことに。

翌日から180度転換してバカ夫婦展開に、「みなさーん(せーの)私たち、結婚しまーす」 今まで硬派だった二人がなぜかハンナ&フランツ並に。しばらくメルヘン展開。急にギャル風の新婚夫婦っぽいべったりな性格になる二人。結婚するには政府の許可がいるらしく、壁外調査から帰ってこればOKがもらえるとかそういう話もヒアナから出てくる。

さらに何度も男に裏切られたとヒアナから聞かされるリル。「あ~.(^-^).v彼なら大丈夫」と答えるが・・・後にフクシが高官側近の女たちに浮気をしていると勘違い。いきなり頭突きで皿を瓦割りをする。

皿割り

そして「私とキスをしたら付き合って結婚する!!」と声高々に宣言し、男性訓練兵たちのカオスな唇争奪戦へと発展。

迫りくる魔の手

誤って衝突する二人・・・ご愁傷様

間違って男同士で・・・おぇっ・・・どげんかせんといかん。サムネにしてごめんなさい

結局フクシのわずかな手助けもあって一人で男子訓練兵を全員倒してしまうリル。

高官

さあ最後に「結婚しよう」「うん」と良い所に圧力高官の二人が登場。2対2で熱い立体機動戦を繰り広げる。さすがに強い高官。相変わらず役に立たないフクシ。リルはついに追い込まれてしまう。しかし最後はフクシがリルを守り、高官をワイヤーでぐるぐる巻きに。そのまま砲丸投げのように飛ばして勝利。最後にキスを交わしてハッピーエンド。

巨人の幻も拍手

みんな拍手。なぜか巨人の幻も祝ってくれる。意味が分からない。ハンジたちが「心臓を捧げよ!!」でオシマイ。

気づいたら真面目にあらすじを書いていることが恥ずかしくなっていたのでかなり投げやりです。どうするのこれ・・・

注目点総評・感想

対人格闘訓練や立体機動アクションの話がメイン。アクション寄りの話でストーリー的には何の進展はない。そういう志向は理解できるが、ついに「ついにやってしまった・・・」と思わざるを得ない内容になっている。格闘時、高官側近のスカートの中の下着が何度も丸見えになるというタブーを犯してしまったのだ。そういうあからさまなお色気シーンはやめろと・・・。諫山先生や川窪さんが監修していたら、まずNGになる場面だったのは想像に容易くない。

本作はスピンオフやグッズを含めて、そういったタブーは一切触れてこなかった趣旨がある。それを安物にありがちな作品と同様にあっさりと破ってしまったのはショックだった。「遺憾」とはこういうときに出てくる言葉なのかもしれない。

この下品な要素さえなければ60点以上はあったと思う。

一方、武田梨奈さん達の格闘演技は惚れ惚れとする動き。役者に依存するがアクション俳優としては若手でも実力派でしょう。ってたった今検索してみたら「空手家」って書いてありました。しかも出演映画に「○○ガール」という作品が数本も・・・(笑) ま・・・まあそれは置いといて。とにもかくにも納得の動きですね。あとは前半の硬派なリルからギャル風のリルへの転換演技も中々面白かったです。良い演技をされてますね。

立体機動の扱い方などの内容や展開についてはいくらでも揚足取りが出来る部分があるので割愛します。男の兵士同士が誤ってキスしてしまうシーンはノーコメントで。

とにかく「進撃シリーズ最大級の問題作品」と太鼓判を押しておきます。監督ー!出てきてくださいっ!

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。

コメント一覧

    • 1. 進撃の名無しさん
    • 2015年08月16日 22:40
    • わあツマンネ
    • 2. 進撃の名無しさん
    • 2015年08月16日 22:55
    • 管理人さん、お疲れ様です!
      この内容だと無料の第1部だけで良いかも…
      管理人さんの思考や感想、いつも楽しみにしてます^_^
    • 3. 進撃の名無しさん
    • 2015年08月17日 01:02
    • これは問題作ですね。
      管理人さんの指摘された下着が見えるは気づきませんでした。
      こちら電気消してタブレットの照明一番暗くしているので見えなかったのかもしれません。
      面白い部分もありますがしつこすぎる。
      気持ち悪い!
      アクションはとても素晴らしいのにリル役の武田さんがCMでやられている頭突きで瓦割るシーンをお皿に変えて割らせていたり、大人の事情を感じました。
      立体起動は巨人相手の武器なのに対人で用いたり、大事な物なのに乱雑に扱ってる風に見えて原作ファンとしてはイライラしました。ほんと何がしたいのか、、
    • 4. 進撃の名無しさん
    • 2015年08月17日 10:20
    • おえーーーーーーーー!ゲロゲロゲロゲロゲロゲロゲロ
    • 5. 進撃の名無しさん
    • 2015年08月17日 12:19
    • なんかほんとつまんなかった
    • 6. 進撃の名無しさん
    • 2015年08月17日 15:29
    • もう何が何だかわからない。
      原作を侮辱しているとしか思えない。
    • 7. 進撃の名無しさん
    • 2015年08月17日 18:46
    • これは謎でしたね。
      コメディにするのが悪い、とは言わないけれど、
      センスが悪すぎる。
      ここまで、コメディにしておいて、
      映画の方では、この二人の末路は。。。。。

      武田梨奈は、本編でアクションシーンを
      用意しれあげればよかったと思う。
    • 8. 進撃の名無しさん
    • 2015年08月17日 20:43
    • こんなもんをお金出してレビューまで書く羽目になった管理人さんに乙
      どうせなら地上波放送すれば制作側のアレさが世間に広まったのに
    • 9. 進撃の名無しさん
    • 2015年08月17日 21:50
    • 男同士のキスを面白いと思ってるの?どうかしてるよ
    • 10. 進撃の名無しさん
    • 2015年08月18日 00:59
    • 芸人がネタでやるバラエティーのノリを入れたかったのかもしらんけど
      コメディにもなってないのが辛い
      とりあえず原作ファン向けではないよ
    • 11. 進撃の名無しさん
    • 2015年08月18日 02:29
    • コメディーでも、ホラーでも
      男同士でちゅうしようが、女同士でちゅうしようがどうでもいいんだよ。
      それが訓令兵団の閉鎖感、圧迫された中で起きたもの(エピソード)として納得させられるんなら。
      日常とずれた異次元のバッカコメディーでも連作なら有だろうけれども、これはまとめ方もへたくそすぎる
    • 12. 進撃の名無しさん
    • 2015年08月20日 21:07
    • あーただただ気持ち悪い
      管理人さん、こんな作品に本当おつかれさまです……
      実写とはなんなんでしょうかね…
      原作潰し??まぁ作者さんはお金入るからいいんでしょうけど…
      映画はコマーシャルで大絶賛とか言ってるけど嘘乙ですよね~
    • 13. 進撃の名無しさん
    • 2015年08月22日 22:59
    • ひたすら原作にすがる日々だよ。
      今の心を支えているのは104期のみんなの後ろ姿と、
      その向こうに何を見ているのかを、私たちも見たいと思う心だけだ。
    • 14. 進撃の名無しさん
    • 2015年08月23日 13:56
    • 原作だけで良いよもう…
      実写というだけで地雷なのにあらすじ聞いただけで三流同人にも劣る内容とかどういうことなの
      コレでお金貰える仕事っていったい何なんだろう(遠い目)
    • 15. 進撃の名無しさん
    • 2015年09月02日 03:16
    • フクシとリルはこんなに強いんだったら本編でも一体くらい巨人倒せと思った
    • 16. 進撃の名無しさん
    • 2016年04月11日 18:06
    • アフィサイト消えろ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット