「実写化不可能なものしかやらせてもらえない」・・樋口監督の特撮の苦悩

   

タグ:  

TOKYO MX系列の番組「バラいろダンディ」で実写映画「進撃の巨人」の樋口監督が出演。樋口監督が映画制作の苦悩を語られています。

実写映画イメージ

 7日に映画『進撃の巨人』特集を放送した『バラいろダンディ』(TOKYO MX系)にスタジオ出演した樋口氏。原作コミックは全世界累計5,000万部突破という、大人気作の実写化に挑んだことを聞かれると、「2つ、ちょっと違うなというのが(あって)」と前置きし、「映画化しようと思って手を挙げた時は人気だったけど“大人気”までではなかった。(映画の)準備をしている間にどんどん(人気が)大きくなってしまって、最初にやりたい時の衝動とちょっと違ってしまった」と、心境に変化があったことを明かした。

さらに、「自分の仕事は特撮なので、基本的に実写化不可能なものしかやらせてもらえない」と語った樋口氏。樋口氏は1990年台の『ガメラ』3部作で特技監督を務め、2006年公開の映画『日本沈没』や、来年公開予定の『ゴジラ』最新作もメガホンを取る特撮界の巨匠と呼べる人物。だが、映画『進撃の巨人』では酷評が集まっているという背景があるからなのか、番組冒頭では言い訳とも取れる発言を連発。(以下略)

「実写化不可能なものしかやらせてもらえない」…映画『進撃の巨人』の樋口監督、炎上気にしすぎ? | おたぽる

ということで本記事を読んで、初めてそういった事情を知りました。

特撮のプロ監督を名乗っているためでしょうか。表現の難しい映画の仕事ばかりが舞い込んでくることが多いそうです。言われてみれば、樋口監督が恋愛青春映画とかのメガホンをとっているイメージはありませんね。

実写映画「進撃の巨人 前編」のドラマパートや人間同士のパートがあまり評価が高くなったのは特撮部分が特化されているからでしょうか。

当時は“大人気”ではなく“人気”だった

過去のインタビューから、アニメが始まったときくらいから打ち合わせをしていたそうです。確かにアニメが始まったときは「進撃の巨人」は大衆向けの作品ではありませんでした。しかし、1話が進むごとに白熱するファンが増えていったのを当時覚えています。

しかし、その副作用としては2ch本スレの旧住民はごっそり入れ替わっている印象を受けましたね。現在も時々本スレを覗くのですが、なんというか言葉にしづらい・・・。

少し弱気に?

炎上事件以降の発言を見ているとかなりネガティブになってきている印象が伺えます。映画直前では「(実写進撃の巨人が)ヒットしていないとモチベが下がる」など、ゴジラが控えている現在では少し不安が残ります。実は思っていたよりもかなり繊細なお方なのかも・・・。

諫山創「怒りも受け止める」

弱気といえば、原作者の諫山創先生も同様です。

賛否両論を巻き起こしている実写映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』について、原作者の諫山創が「憤りも受けとめ、できるだけ理解したい」とコメントした。

http://www.cinematoday.jp/page/N0075588

ヤフーレビューでは平均2点(5点満点)と苦戦を強いられているみたいです。以上のコメントも批判の声が多く届いてるからこそのニュアンスが込められているのでしょうか。

※今のデザイン飽きたのでサイトのデザインを近いうちに変えます(PC向けのみ)

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。

コメント一覧

    • 1. 進撃の名無しさん
    • 2015年08月12日 07:48
    • キムチ・真っ赤ーマンにだ。
    • 2. 進撃の名無しさん
    • 2015年08月12日 14:35
    • 「いい原作があるから実写化しよう」ではなく、
      「ブームのうちに便乗しよう」だからな
      現場は一生懸命作ったのかもしれないが、そもそもの
      発想が話題性先行の売り上げ目的映画だから、
      いいものが作れるわけはないよ
    • 3. 進撃の名無しさん
    • 2015年08月13日 10:25
    • 苦悩も何も実写化可能なことって特撮にする必要あんの?
    • 4. 進撃の名無しさん
    • 2015年08月13日 14:54
    • 設定いじり過ぎなんだよ。
    • 5. 進撃の名無しさん
    • 2015年08月13日 20:32
    • 作者サイドが色々と変えようと言ってきたのは、再現が難しいものを少しでもアイディアで面白くできないかと思ったからかな。業界の先輩に対してきっぱりと断る事ができなかったんでしょう。自分達だけ売れて独占するのかと言われそうだし、チャレンジがある方が今後のためと思って乗ったのかな。でも結果も今後に影響するからね。
    • 6. 進撃の名無しさん
    • 2015年08月13日 23:59
    • 実写化不可能でも、そんなあほうな・・・でも
      納得させるのが監督の力量だと思う。
    • 7. 進撃の名無しさん
    • 2015年08月14日 04:07
    • 監督の発言が見た人を逆なでしたのも事実
    • 8. 進撃の名無しさん
    • 2015年08月14日 05:54
    • 樋口は単独でやらせちゃダメだったんだよ だれかと共同監督で特撮中心でやってしっかりした脚本の人持ってきてたらまだ良いものになったはず
      まぁ公開まで秘宝系のアホ共が持ち上げすぎてしまったから調子乗った発言多かったのは擁護できないがな
    • 9. 進撃の名無しさん
    • 2015年08月15日 17:28
    • 諌山は映画に口出しした立場から批判も受ける姿勢だけど監督の方は言い訳したりしてなんだかなぁってなる。
    • 10. 進撃の名無しさん
    • 2015年08月16日 14:09
    • 原作が思ってたより人気出ちゃったからダメでしたとか
      映画監督がそんな言い訳しないでほしい。。
    • 11. 進撃の名無しさん
    • 2015年09月04日 02:38
    • ガメラも平成三部作はよかったがその次作が来たのがただの亀だからな
      あれでガメラとゴジラが共演の夢すら吹き飛ばしてしまったし、のぼうさまで原作から
      改変してる部分もあったが時代劇映画の領域で済んでるし、庵野御代がエヴァQの前に
      巨神兵の奴作ったのもあって、CGが常態化して特撮技術を残す為に引き受けて、
      こんないい訳だと・・・特撮の神様が作った円谷プロもCG映像の会社の子会社になっても
      頑張ってるのに、結局は特撮も、ジブリも庵野御代一人に背負わせるなの化と思う。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット