エルヴィンの父

 

タグ:  

エルヴィンの父親

エルヴィン・スミスの父親。同時に教師でもある。故人。

エルヴィンの育った地域の教室を担当していたこともあり、エルヴィンは父親の学び舎で育ったという特殊な経緯がある。結果としてそれは後のエルヴィンに多大な影響を与えた。

王政の配布する歴史書には嘘があると気づいており、それを教室の他の子供たちには伝えず、エルヴィンにだけ伝えた。結果、エルヴィンがその話を周囲に漏らして憲兵に目をつけられてしまい、帰らぬ人となった。

後に中央第一憲兵のジェル・サネスがこの件に関わっていたとされる描写がある。

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット