『グリシャ=人類へのスパイ説』。グリシャ・イェーガーは壁外からの来訪者!?

   

タグ:      

考察記事はかなりご無沙汰してました。ということで、今回取り上げるのは『グリシャ・イェーガー医師=壁外のスパイ説』です。その名の通り、グリシャは壁外の人間ではないかという説ですね。

謎を多く抱えたグリシャ
▲今回の話のスポットは、グリシャ・イェーガー。主人公エレンの父親。初期プロットでは英雄という位置づけだったらしいが・・・

62話までを読んだ上での内容となることを踏まえて、よろしくお願いします。(恐らく、12月発売予定の単行本15巻収録の内容です。単行本派ネタバレ注意)

62話に入って、ウォール・マリア陥落直後のグリシャとエレンの間に何が起こっていたのか、大雑把にですが判明してきました。

まずはその出来事について

グリシャはエレンに食べられていた!

845年の超大型巨人来襲時、エレンの父グリシャは二つ上の町、ウォール・シーナの診療に向かっていました。そこで彼はレイス家から力を強奪(疑惑の段階)したみたいです。その力をエレンに与えるも、グリシャ自身もエレンによって食べられてしまいました。(グリシャ自身が意図的にエレンに食われたのか、偶発的に食われたのかなどは分かりません)

グリシャがレイス家から力を強奪したというのは、ロッドの「思い出したか?父親の罪を」という発言からの推測です。

ロッド・レイスの「思い出したか?父親の罪を」の意味

まだ詳しいことは分かっていませんが、ロッド・レイスは人類の味方であり続けていると主張しております。それはエルヴィンやヒストリアの見解でも、承知のようであります。実際その通りだとすると・・・グリシャは人類の最大の敵とみなされても、おかしくないことをしてしまったわけですね。

そこから、グリシャは壁外のスパイではないかという疑念がよぎります。

また、グリシャが謀反(?)を起こしたタイミングと超大型巨人襲撃のタイミングが良すぎるのではないか、という意見も聞いたことがあります。超大型来襲を知って、グリシャが行動を起こした可能性もありますが、言われてみればその通り。

checkグリシャのここが怪しい!

① グリシャは、レイス家と人類に対して最大級の罪を犯した。

② 超大型巨人の来襲とグリシャの不可解な行動のタイミングが良すぎる(単に、グリシャが後手に回って対応した可能性もある)

=グリシャは壁外に与する人間!?

グリシャ=スパイ/壁外派説

また、このような書き込みを見ました。

51: 作者の都合により名無しです 2014/10/11(土) 12:34:59.89 ID:mpfyb47k0
壁崩壊の日にレイス家が礼拝堂に集まったのは
座標の力でなんとかしようとしたんだろな。
で、グリシャがそこを襲撃したのはグリシャ=壁の外側の人間って事になる。

レイス家=本当に壁内人類の味方
グリシャ=壁外側の人間

かなり的を射ているように感じます。

否定的観点

今度はこのスパイ説の否定部分も考えていきます。要はグリシャ=壁外派/スパイではない可能性も探していくということですね。

無知

エルヴィンは王政に対して反乱を起こしましたが、それは自分が無知である可能性も踏まえてます。グリシャもレイス家に対して無知だった可能性があります。

しかし、グリシャはレイス家と同等クラスの謎を保有するキャラクターであり、地下室はさらにその上位互換とも言える存在。グリシャが無知である可能性は低いでしょう。

発端は親心!?

壁の外、内・・・ということを一切気にせず、エレンの飽くなき外への探究心などで行動を起こしたという可能性があります。そこには一切の思想はなく、純粋な親心が動機と言えるでしょう。

この可能性は結構ありそう。

ウォール・マリアに暮らす理由とカルラの死

カルラとグリシャ

グリシャ・スパイ説を推すとなると、この否定意見がいつも最初に立ちはだかります。

ウォール・マリアは壁外とコンタクトは取りやすそうですが、同時に巨人からの被害を受けやすい場所でもあります。実際、カルラ・イェーガーを失いました。グリシャが超大型の来襲が分かっていれば、カルラやエレン、ミカサなどにあらかじめ適当な理由を説明して避難を促していたはず。そういうこともあって、グリシャはこれまでスパイ説を免れてきたのです。

グリシャ・スパイ説を支持するならば、カルラの死は偶発的なものだったということにしておくか、何か不足不測の事態が生じた・壁外組とグリシャの間で軋轢が生じた、などなど、適当な理由で補完しましょう。


今度はグリシャがスパイだったと仮定して、何が起きていたのかを予想してみます。

予想

① グリシャは845年某日をタイムリミットとして、座標を奪う任についていた。

② 845年、グリシャはレイス家から「座標」を奪う。

③ 超大型巨人の来襲(グリシャもなんらかの理由でこれは想定外だった)。カルラの死。

④ 自暴自棄になったグリシャは、壁外に謙譲する予定だった「座標」をエレンに与える。

⑤ 巨人化したエレンに食われてしまう。

まだ有力説という段階ですが、半々くらいでスパイ説は有り得そうかな、と考えています。

涙のわけ
▲なお、アニメ版の描写はアニメ製作サイドで考えたシーンらしく、参考にしないほうが良いかもしれません。

おまけコーナー:今期オススメのアニメ!

気が向いたらやるという伝統のコーナーです。今回は今期のオススメアニメは何かというコーナー。進撃の巨人読者にとって、何かオススメ作品がないかをご紹介します。

今回も例外なく、ほぼ原作は知らない作品ばかりです。

PSYCHO-PASS サイコパス(2期)

常守朱

オススメ:★★★★★★★★

今期の中では唯一のハードボイルド系に近い作品。第一期は名作クラス。第二期の1話を見る限り、第一期に劣らない内容です。

第一期のモンスター『牧島槙島』と並ぶカリスマ性を持つ敵がいるか心配していましたが、大丈夫そうです。

浦沢直樹作品の『MONSTER』のヨハン、『攻殻機動隊』の笑い男、『エヴァンゲリオン』の渚カヲル・・・とカリスマ性のある敵(?)キャラの人間を色々見てきましたが、第一期の牧島槙島はそれに続く存在です。そして、第二期にもどうやらそういう敵が・・・!第一期を見たことない方も、とりあえず様子見して頂きたいですね。

今期は今のところサイコパスのみです。

※視聴できていない作品があります。今後追加する可能性があります。

※一部、誤字のご指摘があったため修正しました。ご指摘ありがとうございました。

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。

コメント一覧

    • 1. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月14日 22:44
    • スパイつうても元スパイになるだろ
      なんだかね
    • 2. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月14日 23:31
    • 自分の見解では、グリシャは壁外の人間なんだけど壁内の人類を滅ぼす計画には荷担したくなくて、裏切って壁内に逃げてきた人物だわ。
      んで壁内のことを調査する中でカルラと出会ってしまい結婚、レイス家とも関係を持ち…なんてね
    • 3. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月14日 23:43
    • ライベルがマリアを襲撃した後、馬でウォールシーナまでやって来たと言っていたのが、レイス家の座標を奪う為だったとしたら、グリシャはその前にどうしても座標を手に入れて置きたかったのでは?
      彼は座標持ちが家族の誰であるかわからなかった為、女子供見境なく捕食した。
      座標を自分でもレイス家でもライベル側でもなく、自分の息子であるエレンに持たせたのは何故だろう?

      ライベルがシーナに到着した頃には、座標はすでに行方不明になっていて、次の襲撃まで5年も待たねばならなくなった。
      だから壁外ではあっても、ライベル側ではないか又は裏切ったのではないかと思う。

    • 4. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月15日 01:15
    • 座標が行方不明つうか、隠す為の偽の王政なんじゃね
    • 5. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月15日 02:59
    • 大人しく次回を待ちたい気持ちと、
      皆さんの仮説を聞きたい気持ちと…
    • 6. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月15日 04:32
    • 壁外には壁内と同じかもっと大勢の人類が地下や別の壁の内に存在するのか?

      王政側の囲う人類は全滅させなければならない理由があるのか?

      ライナーがベルトルトにヒストリアを故郷に連れ帰るにも、その利益を故郷側に説得しなければならなそうだった(以後の王政との闘いに利用価値は何か?)

      壁外勢力は王政側を絶滅か無力化しないと安心できないのか?

      “壁内が地獄にかわる”は壁外勢力によるものか、王政側によるものか?壁巨人が自然と暴れ出すのか、壁内人類が無知性巨人化するのか?
    • 7. 進撃のズヤリン
    • 2014年10月15日 07:30
    • やった久しぶりの考察だ。
    • 8. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月15日 08:02
    • でも、エレンがみた記憶の中で、教会を襲撃した巨人の見た目はヒストリアっぽいんだよなあ
      あと罪っていうのは謀反って意味じゃなくて、代々受け継いできた業じゃないのかと思った
      エレンがグリシャを食って特殊な力=座標の力を得た(受け継いだ)のなら、自然と鎧、超大型とかも親から受け継いだと推測できる
      ベルトルトの悪魔の末裔、って言ったのも、壁内の勢力がそれを一部の人間に押し付けてきたとも
    • 9. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月15日 08:19
    • 槇島じゃボケ
      誰だよ牧島って
    • 10. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月15日 21:04
    • グリシャはロッドと兄弟・・・までいかなくとも
      親戚あたりの関係なんじゃないかなぁと少し思ったが。
      ロッドの「思い出したか?父親の罪を」の言い方が
      関係のこじれた親類・身内のゴタゴタみたいな印象を受けた。
    • 11. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月16日 01:47
    • ヒストリアの目、エレンカルラの目が似てるってのもあるしなー
      グリシャとカルラは、レイス家と意見を違えて出奔したって線も

      壁外と壁内、さてどっちなのか

      壁外から来たグリシャが、レイス家のカルラと駆け落ちしたなら両方成り立つな
    • 12. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月16日 02:39
    • 俺もカルラがロッドの妹という可能性はあると思っている
      そしてグリシャが猿と同じ特徴を持つ巨人化の薬を持っていたことなどから猿のスパイだったんじゃないかとも考える
      もしそうであった場合グリシャはレイス家に近づくためにカルラと結婚した可能性がある
      そうするとフリーダの憎しみに満ちた視線は「家族を襲う暴漢」に対するものだけでなく「裏切り者」や「叔母に近づいた目的に対する嫌悪」と考えることができる
      またロッドのいう「罪」も座標を奪取したことによる被害の拡大に対するものや家族を全員殺されたことだけでなく裏切りの罪が含まれているのかもしれない
      とはいえまだ全て仮説に基づいた推測の域を出ないが
    • 13. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月16日 07:49
    • 最後の予想の時系列おかしい
      マリアの惨劇があった日の夜礼拝堂が崩壊、って書いてあるのになんでグリシャが先に襲ったことになってんの?
    • 14. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月16日 18:37
    • 管理人さん、いつも楽しみに拝見しています
      ちなみに<牧島>でも<槇島>でもなく<槙島>です
      ついでにもう1箇所、×<不足の事態>、○<不測の事態>です
      訂正をお願いします
    • 15. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月16日 19:06
    • ロッドの方が信用ならない(というか好ましくない)
      ・浮気をしてヒストリアが生まれている
      ・教会が襲われたとき戦っているのが女形の巨人で一人だけ生き残っている。
      ・レイス家は記憶を改竄する力をもっている可能性

    • 16. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月16日 22:25
    • 考察待ってました!

      ・レイスのいう「罪」が人類全体に対してなのか、それとも一家を皆殺しにした挙句座標を幼い息子に渡すなんていう業の深いことを指してるのかはまだわかんないな。話の流れとしては確かに前者な気がするけど。

      ・グリシャがスパイ的な何かだとしても、ライベルたち側だったら座標を奪ってまっさきにそっちに行くよね。わざわざエレンに自分を食わせたとするなら、むしろ座標の隠匿に近い。どこの勢力にも属さない特殊な存在なのかもと。
      でもわざわざエレンに託したのは自分の顔が割れてるから…と考えると、まったく無関係ではないんだろうなあ。

    • 17. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月16日 22:43
    • あとは、もともとグリシャはエレンを地下室に連れていくつもりだった。連れていくことを決めたと思ったら襲撃を受けたのは偶然なのか?
      偶然だったらグリシャの計画が狂って、急きょ件の「暴挙」に出ざるを得なかったってこと。
      ただ襲撃の日に家を空けてどっか行ってたとこみると、襲撃のタイミングはわかってたような気もするんだよなあ。
      でもじゃあなんでエレンやカルラをほっといたのかの無限ループ…
      うーん、わからん。
    • 18. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月17日 00:47
    • グリシャは自身が巨人になれたのになぜわざわざエレンに知性巨人の力を託して地下室に行ってもらおうとしたのか...
      グリシャではなく、座標を持ったエレンが地下に行かなくてはならない理由があるのか?
    • 19. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月17日 02:17
    • グリシャとアッカーマン一家との関係も気になる
    • 20. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月17日 22:31
    • 謙譲の字も違う気がする
    • 21. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月18日 00:31
    • 献上?
      謙譲も『へりくだって譲ること』だから、どちらもグリシャの身分が低いことになりますね。
    • 22. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月18日 09:51
    • こんなに伏線が張られまくっている物語なのに

      作者に何も聞かずに原作と異なるシーンを作ったのだとしたらアニメ製作者側は今後話の辻褄が合わなくなることは想定できなかったのだろうか。アホすぎやしないか?
    • 23. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月18日 10:21
    • グリシャの件と云うより、物語の背景的な部分への疑問だけれど、
      そういえば、巨人から身を守るために、壁内に引き篭もったって前提が有る割には、
      シガンシナ区の立地がオカシイなぁと思ったことは、有った。

      ウォールマリアは、壁の一番外側で、
      巨人は南から来るらしいのに、その壁の更に外側に、飛び出た所に、シガンシナ区は有る。
      『壁は絶対のモノ』と云う認識が有ったにせよ、
      よりによっても、そんな所に人が集中する居住区が出来るって、可笑しくね?と。

      もし、シガンシナ区が、「王政にとって好ましく無い人と家族親類」で構成されている場所ってんなら、
      個人的には、あの立地も頷けるかなぁとは思うんだけどね。
      一番巨人に襲われやすいだろう場所に隔離しとくのは、色々と都合が良かろうし。
      なんて、妄想はしたことはある。
    • 24. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月18日 13:30
    • ※23
      一巻の現在公開可能な情報に書いてあるよ
      巨人ってより人が多いところを察知して集まるだろ
      その習性を利用して壁が二重になってる突出区に人を集めて、そこに巨人を集中させている
      壁一枚の箇所に巨人が分散するより壁二枚の突出区に集めた方が防衛しやすい

      代わりに突出区は計画的に発展させて、しかもそこの住民は勇敢だ!と祭り上げているらしい
    • 25. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月18日 13:49
    • ちなみにそこの公開可能な情報の中には戦士という言葉も使われてるんだよな。
      ライナー達の言ってた戦士と無関係とは思えないんですよ
    • 26. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月18日 16:11
    • 壁の外・ライベル側と壁の中の2つの人類が戦争中ってことは、
      ライベルたち「戦士」と対になる「戦士」が人類側にもあると。
      壁側は一定期間まで防衛しきれば勝利(そのためにはどんな
      壁の中の人間が死んでも仕方ない)、
      その「守り」役が壁側の「戦士」ってとこか。本人たちに自覚がなくても。
      って感じなんだろうな。
    • 27. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月18日 17:35
    • うーん少なくともライベル側じゃないのは確かなはず。理由としては、

      ・エレンに座標を渡す必要性がないから。
      ・しかも「みんなを救いたいなら力を支配しなくてはならないっ!ってエレンに言った上で力を与えてること

      なのでグリシャはエレン側(つまり各兵団や壁内の民衆)だと思う。

      対立してるのはレイス家とエレン側で、人類の中で対立が発生してるような気もする・・・。
      それが今後ライベル側にとって付け入る隙になったり、あるいは結託できる要素になったりもしたりして。
    • 28. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月18日 17:51
    • 米27
      もとライベル側だけどライナー以上に壁内に情を持ってしまったというパターンはないかな

      自分達は戦士だ!誰かがやらなきゃ、と自分達の行動に正当性や根拠を持っていたライベルアニでさえ同情して、もう何が正しいのかわからないと悩んでしまうほど壁内の事情を知らない者たちは無垢だったんだろう

    • 29. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月18日 17:54
    • >>28
      ありそうw
      エレンとカルラ、更にはミカサまで自分の家族として持ってしまったわけだしね・・・。
    • 30. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月18日 18:02
    • 取り敢えず三重の壁の構造といい、前回の王政がローゼを捨ててでもシーナを守ろうとした事といい、坑夫の話といい、シーナの地下を何がなんでも守らなくてはいけないんだろうなロッドは
      グリシャはシーナの地下の秘密がわかったんだろうな
      エレンは今シーナの地下にいるし来月に期待
    • 31. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月18日 22:35
    • グリシャ「ついこんなことしたら面白そうだなと思ってやった。反省はしている」
    • 32. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月19日 07:31
    • 元々壁外のスパイだったけど、家族持っちゃってライナー達みたいに情わいちゃいました。
      だけど本来の目的の座標を手に入れようとして、ちょっとシーナに行ってきたら前情報なしに巨人に攻められてきて、カルラ食べられちゃって自暴自棄になってエレンに託した!とか?
      エレンに座標を渡したのは、自分が持ってたらすぐにバレるから欺くためにエレンに託したのかなーとか。

      ミカサとアルミンを守りたければー…。とか言ってたから、最初はともかく最期は人類?壁内?息子の味方だったのでは、と。

      根底にあるのはみんな、大切なひとを守りたかったんだろうなー。とか思ったりした。

      長文さーせん。
    • 33. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月19日 14:48
    • エレンに死んでほしくなかったから巨人化能力与えたのでは?
    • 34. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月19日 16:34
    • ※32
      なんかどこぞのゲンドウだよwwww
      あの人も最初は目的が合って今の妻に近づいたけど愛してしまった……という流れですし
    • 35. 進撃の名無しさん その23
    • 2014年10月21日 14:10
    • ※24
      ああまあうん、それはそうなんだけれど、
      結局の所それって、シガンシナ区の人間は巨人への供物みたいな立ち回りな訳で、
      如何な英雄と祭り上げた所で、其の背景に有るかもしれない、思惑は変わんないよなーって。

      ということは、あの公開可能な情報って嘘は言ってないけれど、
      鵜呑みにしたままの話って訳じゃ無いんだなって思って、
      まあ、こんなことを考えたんだ。
    • 36. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月21日 15:13
    • もしかして坑夫の話と今回の話は通じているのでは。
      というのは、坑夫の話の最後の場面、坑夫が友人に穴の話をする。その後坑夫は行方不明に。友人も憲兵団や駐屯兵団に洗いざらい話し、友人もまた行方不明に。
      こうは考えられないでしょうか?
      坑夫が穴を掘ったのは本当で、それを信頼できる友人に話したが、憲兵団に盗み聞きされ、友人はペラペラと話してしまう。坑夫は巨人にされ、壁外に追放処分になる。
    • 37. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月23日 20:44
    • グリシャがスパイだったら礼拝堂は仲間(巨人)と一緒に襲ったていうのもあるかな。
      地下室は襲撃前エレンに入れてやると言ったときは医療道具とか壁外の様子がわかる本とかだけで当たり障りがないものを見せてやるつもりだつただけで、襲撃後は座標の力で家まで戻ってエレンに対してメッセージを残してきたんじゃないかなー
      座標の力がない限り地下室は安全な場所だしね。
      その後エレンに注射した…と。
    • 38. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月25日 23:26
    • グリシャはミカサを救うために無茶をしたエレンを戒めた。戒めた理由は「軽挙」だったため。
      カルラはエレンに対して心配性のように描かれていた。

      エレンはこの二人の子供ではなく、ロッドの子供ではないか或いは濃い血の繋がりがあると考える。

      故にグリシャはロッドの一家を襲って力をエレンに託した。

      ライベル側が壁内人類を皆殺しにしてでも手に入れる?奪回する?この巨人を支配する力、ロッド或いはフリーダ或いはロッド一家がなぜ使用しなかったのか?その理由?
      礼拝堂で力を移転するために儀式が必要だった?(フリーダは年を取りすぎていて力が使えない?)

      来月号でロッド側の特殊な事情が明らかになることを期待している。


      礼拝堂を襲った巨人の腕が血管が浮き出ているように見える「新種」とため大人が巨人化すると短時間で暴走してしまう。という妄想もとにこんなのはいかが?

      グリシャはあそこで巨人化したのはロッド一族を護るために、同じくあの場で巨人化したライベル側の刺客と戦うためだった。しかし暴走して全部食ってしまったw。王家に力を引き継ぐ子供がいなくなったので贖罪の意を持ってエレンに力を託した、、。
    • 39. 進撃の名無しさん
    • 2014年12月24日 04:46
    • グリシャはライベルたちの故郷にいたか、もしくは故郷を知っているけれど、
      壁内人類を守るために壁外を裏切って出てきた人なんじゃないかな
      ライベルたちが攻めてきたので壁内人類を守ろうとロッドのところへ行ったんだと思うな…

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット