隔絶都市の女王(上)あらすじ&キャラクター紹介・感想など

   

隔絶都市

先日に発売された新作スピンオフ小説『進撃の巨人 隔絶都市の女王(上)』、皆さまはお読みになられたでしょうか。

今回はそちらを読んだ上での感想記事です。小説や文学は滅多に読まないので、参考にならない意見が多いかもしれませんが、よかったら参考にしてみて下さい。本記事には大きなネタバレも含まれます。

とりあえず、とても面白い作品ということだけは自信を持っていえます。皆様にも読んで頂きたい作品!

ダブルストーリー

本作は主人公マティアスとヒロインのリタ、ダブルストーリーで物語が進んでいきます。二人は幼馴染で互いに友情以上の気持ちを抱いています。

主人公は避難済みのところから物語が始まります。それまでの経緯などはざっくりしか描かれておりません。対して、リタは混乱状態のクィンタ区残留組となります。

マティアスはリタに会うために隔絶都市クィンタ区へ目指します。リタは隔絶都市クィンタ区の混乱と治安を治め、助けを待つという状態です。それぞれの視点でストーリーが進行していきます。

また、最初の章は二人の出会いがメインに描かれます。

舞台となるのは西の都、クィンタ区とフエルト区

今回、舞台となるのが845年、超大型巨人来襲から数日後。場所はウォールマリア西・クィンタ区とウォールローゼ西・フエルト区です。西側の設定や町名は本作で初解禁され、その様相が明かされた形に。

捕捉:過去の記事でウォールマリア東だとご紹介していましたが、本編を読んでみると西に変更されていました。

魅力あるキャラクター

読んでて驚いたのは、マティアスやリタ以外のキャラクターたちがかなり魅力のあるキャラクターだったことです。ということで、主な主要人物のキャラクター紹介です。

マティアス・クラマー

主人公の青年。ウォールマリア西・クィンタ区のクラマー商会を治める総帥ヨルグの一人息子。特別な身体能力はないが、対人における処世術は心得ている。貫禄も群を抜いている。近づいてくる人の卑しさに気づいており、同年代の友はリタ以外には全然いない。

ヨルグ・クラマー

クラマー商会総帥の大富豪でマティアスの父親。芸術品を集める趣味がある。マティアスの生みの母でもある妻を病気で亡くしている。

ベルンハルト

盗賊団のお頭。30代~50代の分からない年齢に見える、中年の口ひげを蓄えた男性。芸術的思考で変わった性格をしているが、かなりの切れ者。実は上位成績者にしか入れない憲兵団に所属していたことがある。その身体能力や判断能力・冷静さなどはマティアスからもお墨付きをもらうほど。対巨人においても、冷静に立ち回る余裕を見せる。

クラマー家の財と引き換えに、マティアスと共にクィンタ区を目指す。

ジャラット

盗賊団のメンバー。巨漢の白髪老人。ベルンハルトらと共に公道しており、メンバーの中では一番年齢が高い。

クラウス

盗賊団のメンバー。無愛想な若者。主人公と年齢は近い。主人公とは馬が合わないのかあまり喋らない。

ニッキー

盗賊団のメンバー。紅一点。クラウスよりも若くみえる女の子。

リタ

本作のヒロインでマティアスの幼馴染。親同士に付き合いがあったことから、マティアスとの関係が始まった。現在は駐屯兵団の新人として身を置く。事実上、駐屯兵団の生き残りで彼女が最上位の階級だったため、クィンタ区駐屯兵団団長代理に。次第に彼女は暴走していく。

へニング

リタの父親。薬屋を営む。

ドリス

リタの母親。同じくへニングとともに薬屋を営んでいる。

ヴィルコ

駐屯兵団のリタの同期、男性兵士。リタと共に市民の避難誘導を行った。

アマンダ

同じくリタの同期の駐屯兵、高身長で黒色の長髪女性兵士。面倒事はリタに押し付けて避けたがるクールな性格。リタは少し苦手としている。対巨人においても、冷静に仕留めてみせるところから、残留している少数の駐屯兵団の中ではかなりの実力者と見受けられる。リタのサポート役に回る。

ドゥッキオ

訓練兵の新人。リタに対して尊敬の念を抱いている。それなりに頭は回る様子。

ざっくりあらすじ

マティアス側

フエルト区の別邸にて、リタが避難できてないということに気づいたマティアスはクィンタ区に向かうことを決心する。ウォールマリア奪還のための志願兵として壁外へ出ようとするが、親の差し金で失敗。腐敗した憲兵に目をつけたマティアスは兵士に変装した盗賊団と出会う。彼らは元々クラマー商会の人間に目をつけていたらしい。クィンタ区に残された財産を出汁に、マティアスは盗賊団と交渉成立。マティアスの要求はクィンタ区に連れて行くこと。

表向きはウォールマリア奪還作戦開始時に参加。そして、巨人の襲来の隙に立体機動を奪う盗賊団。そのまま馬でクィンタ区に向かい到着する。果たして街の中の様子は・・・!?

リタ側

クィンタ区の避難住民をフエルト区まで誘導するために、犠牲になる駐屯兵団。クィンタ区の門近くにも巨人が迫り、門は閉じられる。生き残ったのはわずかな駐屯兵団の新人たちと訓練兵のみとなってしまう。街は事実上、隔絶された状態に。住民は混乱状態に陥ってしまい、それを制するためにリタは奔走する。

すれ違う二人

マティアスは何とか苦労し、クィンタ区にたどり着きます。しかし、リタと再会するタイミングが最悪なものとなります。そこで終わりです。下巻では一体どうなるのでしょうか。

下巻予告

巨人の襲来によって、切り離されたクィンタ区。街の秩序を守ろうとするリタとその暴走を食い止めたいマティアス。二人の思いは残酷な形ですれ違う―――――

今作の評価

一日で全部読み終えてしまいました。それほどのめりこんでしまいました。

どこが面白かったかと言われると抽象的になって答えにくいのですが。賛否両論はあると思いますが、とにかく不満な点などはありませんでした。進撃の巨人には少ない自覚のない恋心(?)が行動原理に関わってくる点も中々新鮮に感じますね。

ただ一つだけ言わせてもらいますと、挿絵が少なすぎます。今の最低でも2倍。出来れば3~4倍ほどは挿絵が欲しかったです。この辺りは大きな不満ですね。せっかく魅力あるキャラクターをたくさん用意し、時間もたっぷり掛けているのに、その辺りのキャラクターの絵が無いのが辛かったです。

漫画化する可能性を残しておいて、キャラクターデザインを持ち越しているのかもしれませんね。

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。

コメント一覧

    • 1. 進撃の名無しさん
    • 2014年08月12日 00:29
    • 読みたい…けど今の本誌の展開と同時進行で読むと頭爆発しそう(汗)
    • 2. 進撃の名無しさん
    • 2014年08月12日 01:21
    • 本誌だけで充分過ぎ。
    • 3. 進撃の名無しさん
    • 2014年08月12日 02:05
    • この設定であの表紙ってリタが幼すぎ
      ちったあ考えて描けよ
    • 4. 進撃の名無しさん
    • 2014年08月12日 02:13
    • 新人ってことだから10代の女の子ってことでいいんだろうけど
      新人の最上位の階級って何さ?
    • 5. 進撃の名無しさん
    • 2014年08月12日 07:19
    • 4
      まともなつっこみである。

      ほんと意味わからんな。しかも区ごとに団長がいるということに違和感だわ。トロスト区攻防戦の時は隊長のヴェールマンが指揮とってたけど、駐屯兵団トロスト区団長なんていたっけ?
    • 6. 進撃の名無しさん
    • 2014年08月12日 12:52
    • それ以前に時系列がさっぱり分かんない。マリア奪還作戦の発動は陥落の一年後じゃなかったっけ?数日で志願兵選出とかなんじゃそりゃ。
    • 7. 進撃の名無しさん
    • 2014年08月12日 13:22
    • 門があるってことは、クィンタ区はシガンシナみたいな城郭都市なん?
    • 8. 進撃の名無しさん
    • 2014年08月12日 13:44
    • ウォールローゼ西って本編ではクロルバ区だよな
      フエルト区って何?
      齟齬があるな
    • 9. 進撃の名無しさん
    • 2014年08月12日 14:02
    • ヘニングって本編にもいたよね
      もう死んだし全くの別人だけど
    • 10. 進撃の名無しさん
    • 2014年08月12日 15:21
    • 表紙のキャラが主人公じゃないんだな
      何を売りにしたいんだよ
    • 11. 進撃の名無しさん
    • 2014年08月12日 15:25
    • 突っ込みどころが色々と満載だな

      「西」の話なの? 予告では「東」の話だったはずだが…
    • 12. 進撃の名無しさん
    • 2014年08月13日 00:05
    • キュクロの話のgdgd感を見てると漫画化してほしくないなぁ・・・
    • 13. 進撃の名無しさん
    • 2014年08月13日 06:36
    • まちがんこ!
      ガズーレ=ベンベンジー!
    • 14. 進撃の名無しさん
    • 2014年08月13日 12:37
    • ちょっと進撃はもう色々ですぎて、原作だけでいいわあ
      あとは二次創作読んだからそれでおなかいっぱい
    • 15. 進撃の名無しさん
    • 2014年08月14日 00:41
    • 挿絵の服が乙嫁語り仕様なのが激しく違和感
      故郷とかユミルの民ならとにかく
      西洋人主体の筈の壁内で中央アジア風の民族衣装なのって、このエリアだけがそう言うマイノリティの区画だったって事でFA?
    • 16. 進撃の名無しさん
    • 2014年08月16日 20:11
    • 巨人のひしめくマリアの中を馬で走ってクィンタ区まで行く事は出来るんだな
    • 17. 進撃の名無しさん
    • 2014年08月23日 11:17
    • キャラクターは確かに魅力的だったけど、表現力が乏しい印象。そういう意味では前回のbefore the fall のほうが面白かった。
    • 18. 進撃の名無しさん
    • 2014年08月23日 11:18
    • 表紙の女の子の髪飾りが謎な件
      (ない方がよくね?)
    • 19. 進撃の名無しさん
    • 2014年09月04日 14:11
    • いろいろ本編と噛み合わない描写が多いな。
      地名や組織がおかしいというか、整合性がなくて困る。

      同じ世界観の物語なら、もう少しマトモにして欲しい。これじゃあ単に「酷似した世界の出来事」で、まるでパラレルワールドだよww
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット