【ARIA版】リヴァイ外伝6話あらすじ&感想

   

タグ:      

ARIA6月号掲載のリヴァイ外伝6話のあらすじ+感想記事です。

あらすじ

日も沈み、壁外の砦内の一室で明日の作戦を練るフラゴン班。明日は調査兵団の新陣形「長距離索敵陣形」の初披露になる。実験的に成功すれば、人類はまた一歩前進するだろう。だがそれと同時に、各方面から圧力をかけられている調査兵団に失敗は許されない。

フラゴン班は「次列四・伝達」が持ち場となる。そこは将来、アルミンが配属されることになる運命的な配置でもあった。

「この班はまとまりに欠ける―――――
「ム」

フラゴンの一言にイザベルの眉が下がるが、それは一瞬だった。

「が、幸い人材に恵まれている」
「フム(`ー´)」

イザベルは満更ではなかった。変革の一翼の三人はフラゴンや調査兵団にその存在と実力を認めてもらっていたのだ。先ほど険悪なムードだった新兵サイラムとも、イザベルは仲良くなっていた。まるで十年来の兄妹のようにも見えるその姿はどこか輝かしい。

「必ず成功させて次への道標とするぞ!」
「おう!」ビシッ

イザベル敬礼

敬礼もできるようになったイザベル。フラゴンにまで褒められる始末。すっかり調査兵団っぽくなっていた可愛らしい女の子がそこにはいた。

―――――

夜中、寝床で話す三人。この陣形でエルヴィンの書類を奪うのは難しいとファーランは話す。続けて、生きて帰るのが先決と優先すべきことを確認する。リヴァイやイザベルもそれに賛成する。さらにイザベルは調査兵団の邪魔だけはしたくないと話し始める。彼らはかつての地下にいた自分たちを連想させるのだ。彼らもまた、三人と同じ鳥かごに捉われていた仲間たちであった。

イザベルの寝顔

―――――

翌朝、日が昇る頃、調査兵団は平原を駆けていた。新陣形のテスト初日、「長距離索敵陣形」を展開し各々は持ち場に就く。幾度も無く、空に赤と緑の雲が走る。赤色の煙の先は巨人が居る場所を、緑は進むべき道を示している。その光景を見てリヴァイが口を開く。

「見事なもんだ」

調査兵団の実験は成功で終わるかと思われた。しかし、暗雲立ち込めるとはよく言ったもの。急な悪天候が調査兵団のもとへ訪れる。それは間もなくゲリラ豪雨へと姿を変え、各隊は視界不良・伝達手段なしの孤立状態となってしまう。

信号弾使用不能、霧、雨視界不良、轟音による会話・音声伝達不可、足場泥による馬転倒...事実上、調査兵団の索敵機能は失い、巨人に対して完全に無力と化した。

続く

所感・解説など

長距離索敵陣形のテスト初日回です。

陣形が生まれた経緯が描かれるのですが、初日でトラブルに合間見えます。長距離索敵陣形にはいくつかの弱点があるのですが、今回それがもっとも顕著な形で描かれることになりましたね。

弱点参考

  • 天候
  • 死角
  • 奇行種
  • 戦闘(平地・隊からの孤立)
  • 細かな情報伝達・共有の遅延

VN版と比べて

ビジュアルノベル版と比べて、調査兵団に対しての気持ちが明確に描画されています。はっきり言いますと、ビジュアルノベル版よりも面白さが増しています。当時の三人が調査兵団に抱いてた気持ちというのはビジュアルノベルだと省略気味になっているのですが、その部分がもっとも需要がある部分でもありました。それがかなり強めに補完されていることに思わず感動しました。

VN版と違うルート(結末)を辿ってほしいなぁなんて思っていたりもします。「全く違う内容でもいいのよ!」って考えていたり。

調査兵団の準キャラたちも良い感じに

私なりの考えですが、進撃の巨人の魅力のひとつは『チョイ役の魅力の高さ』です。テキスト版では少し物足りない印象だったフラゴン分隊長や新兵サイラムの魅力が数段上がっていることにも拍手を送りたいです。正直、彼らの存在感は虚しく感じていたので、今回のキャラクターたちの補完も本当素晴らしいとしか言いようがありませんね。

VNでは、フラゴンとサイラムへの印象は何も残っていませんでしたが、今ではすっかり好きなキャラクターになってしまいました。

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。

コメント一覧

    • 1. 進撃の名無しさん
    • 2014年04月28日 21:42
    • 管理人さん乙です!!
    • 2. 進撃の名無しさん
    • 2014年04月28日 22:35
    • お!なんか良い感じになってるぞ!
    • 3. 進撃の名無しさん
    • 2014年04月28日 22:36
    • イザベルは若いし素直だからか新しい環境やメンバーへの順応性高いなと思った
    • 4. 進撃の名無しさん
    • 2014年04月28日 23:11
    • さすが駿河先生!!
    • 5. 進撃の名無しさん
    • 2014年04月29日 01:19
    • イザベルかわいいな(/ω\*)
      死なないで欲しい…
    • 6. 進撃の名無しさん
    • 2014年04月29日 02:54
    • 「フム(`ー´)」←かわいい
    • 7. 進撃の名無しさん
    • 2014年04月29日 02:59
    • VNより詳しく掘り下げてくれるのはありがたい
      最初見たときはあまりにあっさりしすぎてたからなあ
    • 8. 進撃のズヤリン
    • 2014年04月29日 05:09
    • ついに来たか・・・
    • 9. 進撃の名無しさん
    • 2014年04月29日 06:56
    • >暗雲立ち込めるとはよく言ったもの

      たまにこういう言葉の使い方を間違えてるのが気になる;
    • 10. 進撃の名無しさん
    • 2014年04月29日 07:37
    • vnの時はリヴァイの馴染みのイメージでしかなかったけど、イザベルもファーランも今は大好きなキャラだわ
      来月号からクライマックス突入だね
      ほんと、別ルートを願ってしまう、、
    • 11. 進撃の名無しさん
    • 2014年04月29日 08:45
    • 最新話読みあらためて単行本1巻も読み返したけど
      やはり気になるのはリヴァイの心情かな

      ファーランやイザベルの「地上に対しての憧れ」をVNよりも強調させてるのに対して
      リヴァイだけは特に同意するわけでもなく・・・
      エルヴィンを殺すことが第一目的なのか
      ファーランとイザベルと地上に行く事が第一目的なのか
      調査兵団の団員達に対する気持ちの変化も台詞が追加されているし
      このまま「クソみたいなプライド」の流れになると
      なんだか納得いかない部分も出てきそうなので
      来月あたりに何か補完があると良いと思う

      そして索敵陣形が機能しなくなるという恐怖
      あんなに酷い豪雨じゃたとえリヴァイでも巨人の大群には
      勝てなかったかもしれないな
    • 12. 進撃の名無しさん
    • 2014年04月29日 09:03
    • 別マガ最新話読んで悔いなきを読み返すと
      リヴァイは地上に戻りたくなかったんではないだろうか?
      (もしもリヴァイがアッカーマン隊長の元から逃げてきたのであれば…だけど)
      調査兵団本部に連れて行かれる馬車の中
      イザベルは立ち上がって、ファーランも興味深そうに外を見ていたのに対して
      リヴァイの表情は明らか違うもんな
      でもファーラン達と一緒なら地上で暮らすのも悪くないと思っていたのかも
    • 13. 進撃の名無しさん
    • 2014年04月29日 09:13
    • まとめ乙です!
    • 14. 進撃の名無しさん
    • 2014年04月29日 10:06
    • 地下から出たい、なんとしても作戦成功の気持ちが一番強いのはファーランだろうな
      それが地下生まれの地上への憧れもあるならリヴァイにはその感覚はないだろうし
      リヴァイにとっては本当は3人で暮らせるなら地下生活でも良かったのかもしれない
      でもファーラン達の気持ちは無下に出来ないから作戦にのったけど、自分の中でも調査兵団に対して今までと違う感情がでてきたとか…
      想像の範囲だけど
    • 15. 進撃の名無しさん
    • 2014年04月29日 10:50
    • 2人を地上に行かせてあげたいという気持ちはあるだろうけど、リヴァイ自身が積極的という感じはあまりしないね。入団のキッカケも仲間を人質にとられたことだし、流れで「ファーランの計画に乗った」っていうのが本音かなと。
      アッカーマン隊長の元から逃れて地下に来たのだとしたら、ファーラン、イザベルとの地下生活はリヴァイにとっては悪くなかったんだろうね。

      別の作者の外伝だけど、意外としっかり本編とリンクしてる。6年若い、青くて判断の甘いリヴァイも結構好きだ
    • 16. 進撃の名無しさん
    • 2014年04月29日 12:31
    • イザベル可愛いなあ…
      最初は世界観に合わないなあと思ってたけど可愛すぎてそんなことどうでも良くなってきた
    • 17. 進撃の名無しさん
    • 2014年04月29日 13:04
    • リヴァイいいいい!
    • 18. 進撃の名無しさん
    • 2014年04月29日 16:51
    • イザベルゆすっ

      ただ、ペトラと同じく可愛いければ、
      可愛いいほど、この後の…
    • 19. 進撃の名無しさん
    • 2014年04月29日 18:30
    • こういう危険は、エレン達が入団した直後の壁外調査でも、対処法は考えられてないのかな。
      どうしようもないとは思うけど。
    • 20. 進撃の名無しさん
    • 2014年04月29日 20:01
    • 原作読んだときも、急に大雨降ったときとかどうなるんだろうとはずっと思ってた
    • 21. 進撃の名無しさん
    • 2014年04月29日 20:21
    • 雨は不利だよねえ
    • 22. 進撃の名無しさん
    • 2014年04月29日 21:23
    • VNによると進撃世界の雨天(降雨量?)は少ない
      特にVNのような豪雨はそれこそ10年に一度レベル、なので不幸が重なったというほうが正しいのかね
      めったに降らない雨がなければ非常に有効なのは原作でも明言されているのだし
    • 23. 進撃の名無しさん
    • 2014年04月29日 22:20
    • 目を開けていられないほどの大雨で
      索敵陣形で唯一の伝達手段である信煙弾は使い物にならない
      雷のせいで互いの声も聞こえない
      この時点で伝達手段も索敵能力も失われて
      挙句の果てに霧まで出てきて最悪の条件だよ
      運が悪かったとしか言えない
    • 24. 進撃の名無しさん
    • 2014年04月29日 23:47
    • イザファー死なないで!死なないルートに行ってくれー!
      もし生きてたら今頃リヴァイと名3コンビだったのかねー
    • 25. 進撃の名無しさん
    • 2014年04月30日 00:19
    • 管理人さん、緑の煙の先は巨人の居場所じゃなくて兵団がこれから向かう進行方向です 巨人を避けるためです

      原案では、この豪雨が非常に予測の難しい稀な気象変化であることが強調されていた 
      漫画化にあたって、この背景を一言でも付け足した方が良かったと思う
      でないと(VN見てない人には)調査兵団、気象予測もちゃんと出来ないぬるい集団に見えてしまうかもしれないので
    • 26. 進撃の名無しさん
    • 2014年04月30日 00:32
    • >>25
      >原案では、この豪雨が非常に予測の難しい稀な気象変化であることが強調されていた 

      次回はそのことについてのシーンがあることを期待したい
    • 27. 進撃の名無しさん
    • 2014年04月30日 06:32
    • 生きていたら、ファーランはメチャメチャ良い分隊長になってそう
      変人集団の中で、数少ないまともな上司
      その分、エルヴィンとリヴァイは今みたいな信頼関係を築けなかったかもしれないけど
    • 28. 進撃の名無しさん
    • 2014年04月30日 06:40
    • ※25
      それは絶対入れないと「ホント調査兵団何やってるんだよw」になるよな…
      索敵陣形や対女型戦での善戦ぶりからいってもエルヴィン始め兵団幹部は決して無能じゃないんだし、豪雨なんかがそこそこあるなら対処法を持ってないハズ無いわけだしその辺りのフォローないの辛いな
    • 29. 進撃の名無しさん
    • 2014年04月30日 20:54
    • ※27
      それを言い出したら、今まで死んできた何十何百の新兵たちもそうだったろうよ
      イザベルもファーランも、純粋に運がなかったことも含めて「初陣を生き残れなかった大多数の一人」なのが事実で現実なんだよな
    • 30. 進撃の名無しさん
    • 2014年05月01日 16:58
    • 話は進まなかったけど、心理描写や作戦会議シーンの追加のおかげで、来月以降のクライマックスがさらに盛り上がりそうだ
      かなり辛いシーンになるだろうけど、、
      リヴァイの心情をうまく描ききってくれることに期待してるわ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット