マルセルの名前の由来は、『マルセル盗難事件』が鍵を握る!?

   

タグ:    

謎多きキャラクター『マルセル』の名前についてですが、実在の事件が由来となった可能性があります。その事件は過去の京都に起きていました。 

※こちらの記事は『マルセルとベリックの差し替えの謎について』の続きの記事となります。

ベリック

▲ベリックとマルセルの名前差し替え理由については未だ不明

実在の事件がマルセルの由来の可能性

こちらの事件に注目します。

マルセル盗難事件

1968年(昭和43年)に起きた美術絵画品盗難事件。

京都国立近代美術館で開催された「ロートレック展」の最終日に、フランスから借りて展示されていた油彩絵画「マルセル」(3500万円ほど)が盗まれた。事件から7年後の1975年(昭和50年)12月27日、窃盗罪の時効が成立。

その後、1976年(昭和51年)1月、大阪市に住む夫婦が「盗まれたマルセルではないか」と新聞社に連絡が入ってきたことで発見された。その夫婦によると「マルセルは知人で京都に住む中学教論から預かったもので風呂敷に包まれた中身を確かめずに押し入れに置いていた」と話している。中学教論は「知人から預かっており、中身を知らなかった。知人の名は信義があるので言えない」と主張している。時効のため、事件の真相を追求できなかった。

同年の2月27日、マルセルは読売新聞社を経て、フランスの貸し出し元に無事戻った。

何かぴんと来ませんか。十中八九、これですよね?この事件を模しているような。ちょっと言い換えてみます。

マルセルの巨人の力盗難事件

845年(?)に起きた"巨人の力"盗難事件。

ウォール・マリア南シガンシナ区で起きた壁門崩壊後に、故郷(?)から借りていた「マルセル」(巨人の力)が盗まれた。

その後、850年のウトガルド城で「盗まれたマルセルではないか」とライナーたちに発見された。クリスタによると「ユミルの力(=マルセルの力)は雪山で秘密にされていたから知らなかった」と話している。ユミルは「誰かから力を預かっており、誰を食ったのか知らなかった。本当の敵の名は『せ―・・・」』信義があるので言えない」と主張している。壁外のため、事件の真相を追求できなかった。

同年の約1~2ヶ月後、マルセルの力は故郷に無事戻った。 (予想)。

  • マルセル絵画=マルセル=巨人の力

という主張です。言い換えは若干適当で誤差部分は多いかもしれませんし、完璧に同じとは言えません。しかし、かなり似ています。「知人の名は信義があるので言えない」という辺りも進撃らしさが伺えますね。

マルセル絵画

▲実在するマルセル絵画。女神様のようにも見えます。ユミル・・・様・・・?!

マルセル絵画は発見されて、1~2ヶ月のうちにフランスに返還されています。『1~2ヵ月後に故郷に着いた』という意味でも捉えることが出来ますが、『1~2ヶ月後にユミルは戦士達に食われた』とも解釈が可能です。

つまり、この事件を準えるのならユミルも1~2ヶ月の命ということになるのかも。

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。

コメント一覧

    • 1. 進撃の名無しさん
    • 2014年01月09日 22:23
    • マルセルまさかの物扱い(泣
    • 2. 進撃の名無しさん
    • 2014年01月09日 22:30
    • 管理人はどうやってこの事件を見つけたの?
      あんまり有名そうじゃないから諌山さんが参考にしたとは考えづらいな
    • 3. 進撃の名無しさん
    • 2014年01月09日 22:38
    • うーん、表面上のこじつけ感が...。
      コアな部分での進撃の世界観と何も通じる物が無いというか...
      でも1つの考え方として面白いですね。
      まあ、マルセルの件は謎が多いよね
    • 4. 進撃の名無しさん
    • 2014年01月09日 22:54
    • ちがうよ、まるせるはしゃんそんかしゅえでぃっとぴあふのあいするひとで、のってたひこうきがついらくしてしにました。
    • 5. 進撃の名無しさん
    • 2014年01月09日 22:58
    • ソニービーンの名前が歴史に残る食人一族だったり、イルゼラングナーが実在する旅行記の作者だったりするからあり得ない説では無いかも
    • 6. 進撃の名無しさん
    • 2014年01月09日 22:59
    • ユミルが「巨人の力を盗んだ」と言った事を思い出した。
      マルセルを食べて巨人化能力を身につけたなら「奪った」でいいだろう。
      とか考えるとこの考察もありえるかも。
      すると、ユミルの絶命(あるいは巨人化能力の移転=返還)が起こる展開は少し先にあるのかな? そこで、ライベルの故郷とされる場所が明かされる?
    • 7. 進撃の名無しさん
    • 2014年01月09日 23:16
    • そういえば。。。進撃の巨人化法則は、高橋留美子作のマンガ「人魚」シリーズの不老不死?設定に似ていると思う。

      ★生命力が強い人魚を食べた人間は、人魚のように不老不死となる。
      ただし、誰でもはなれない。大抵は人魚とは違う化け物になって不老不死という地獄。体質が合って不老不死になる者は滅多にいない=無知性巨人

      ★人魚の肉を食べて不老不死になった人間を食べる事で、人魚は若さを取り戻す=巨人から人間に戻るには、知性巨人の人間体を食べる
    • 8. 進撃の名無しさん
    • 2014年01月09日 23:19
    • ※7
      一部間違い書き直し。
      そういえば。。。進撃の巨人化法則は、高橋留美子作のマンガ「人魚」シリーズの不老不死?設定に似ていると思う。

      1/生命力が強い人魚を食べた人間は、人魚のように不老不死となる。
      ただし、誰でもはなれない。大抵は人魚とは違う化け物になって不老不死という地獄=無知性巨人
      体質が合って不老不死になる者はたまにしかいない=下記2/

      2/人魚の肉を食べて不老不死になった人間を食べる事で、人魚は若さを取り戻す=巨人から人間に戻るには、知性巨人の人間体を食べる
    • 9. 進撃の名無しさん
    • 2014年01月09日 23:41
    • マルセル云々よりも盗まれた時のフランスの反応とかの方が気になってしまったw

      無理やりだなとも感じるけど考察としてはとても興味深く面白いです
    • 10. 進撃の名無しさん
    • 2014年01月10日 00:31
    • 美術で「マルセル」といえば、これよりも
      便器に『泉』ってタイトルを付けて展示した現代アートのおっさんを先に思い出すw
    • 11. 進撃の名無しさん
    • 2014年01月10日 01:26
    • とりあえず管理人さんが進撃大好きなのは理解したw
    • 12. 進撃の名無しさん
    • 2014年01月10日 09:34
    • ひとつの考察としては面白いな
    • 13. 進撃の名無しさん
    • 2014年01月10日 09:50
    • ※11
      今更過ぎんだろ
    • 14. 進撃の名無しさん
    • 2014年01月11日 20:10
    • マルセルがクッパ衣装のユミルに誘拐されて
      マリオブラザーズなライベルが助けにいく図が思い浮かんだ
    • 15. 進撃の名無しさん
    • 2014年01月11日 21:59
    • 余所で マルセル=フランス語で「戦士」を表す名前 と聞いた
    • 16. 進撃の名無しさん
    • 2014年01月12日 02:54
    • 更新内容がだんだん糞になってきた
    • 17. 進撃の名無しさん
    • 2014年01月12日 13:10
    • 管理人さんの何とか盛り上げようとしたい気持ちだけは伝わったw
    • 18. 進撃の名無しさん
    • 2014年01月14日 21:57
    • 「マルセル=巨人の力」だとして、あの食われた奴の名前がそのまんまマルセルっておかしいだろww
      マルセルの力を持ったマルセルさん!?

      まぁ、こじつけとはいえおもしろい考察ではあった。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット