「進撃の巨人」の秘密を読みました。早速レビュー!

   

タグ:  

前回から引き続きの書籍レビュー記事です。今回読んでみた考察本は非公式「進撃の巨人の秘密」という書籍になります。

「進撃の巨人」の秘密表紙

データハウスからの出版で定価は1000円+税。著者は、進撃の巨人研究会です。発売されたのは2011年7月22日で、本書は第3刷発行のものです。原作本編22話までを参考にしたとのこと。かなり古い本になってしまうので、読み始めは「しまった~」と思ったのでしたが・・・!?ということで感想・レビューに入らせていただきます。

古い本ということで、あまり期待せずに読んでいたのですが、これがかなり楽しめる部分が多くて意外と面白かったというのが大筋の感想です。

「進撃の巨人最強考察」はストーリー主体のバランスのとれた初級者向けの考察本だったのに対して、こちらの書は資料などは用意されておらず初級者~中級車以上向け。作品の内容を心理描写含めて把握している方向けです。淡々とした文体で内容が書かれています。また、ストーリー面による考察は思ったよりも少なく、設定・メタ・インタ・作品の外側からの分析が多い印象でした。そういうこともあって、今の進撃でも通用する内容になっています。良い意味でも悪い意味でも、ムダに深読みするところもありました。それが中々面白く、空想科学読本的というか・・・考古学的というか、ちょっと自分とは全く違ったタイプから捉える方向性だったので、これが中々癖になりました。

2011年の数少ないインタについても考察されている

当時の数少ない諫山先生インタビューを数多く引用されており、当時のインタの出典元が分からなかった私には目から鱗でした。「このマンガがすごい!2011」と「読売新聞」の出典が多かったです。

インタビュー内容については、興味が出る人と出ない人と大きく分かれる傾向にあるのですが、諫山先生の心理に近づくことは作品の本質の理解にも近づけるかもしれないことなのでオススメの情報源のひとつです。特に先生のブログを普段から覗いている人にはオススメと言えるのかもしれません。

諫山 『カバーをめくった下の表紙は、世界観だとか、時代的なものを感じさせるようなものにしたかったんです。これは、この世界の教科書の1ページ目、みたいなものをイメージしました。この世界の人々が共通で持っている知識とか、そういうものが込められています』

このマンガがすごい!2011 (宝島社)

この書では、こういうインタについての考察も数多くされています。ちなみに「実際に人類がカバー裏の内容を把握しているのは怪しい」としています。

諫山 『50キロも体重差がある相手と対戦するはめになって、親の命令で、やむにやまれない気持ちでぶつかっていった。あれはトラウマになりました』

読売新聞2011年4月15日夕刊

まさに人類と巨人・・・と言いたいところですが、最近の「ペチン」のところを連想しました。

という感じです。2011年の本なのにかなり楽しめました。その上、他にも興味深い内容が載せられているので読んでみてはいかがでしょうか。また、面白いことも書いてあったので、それもまた近々別の記事でご紹介したいと思います。

  • 進撃の巨人 最強考察 (晋遊舎)
  • 進撃の巨人 調査報告書 (英和出版社)
  • 進撃の巨人の真相 (データハウス)
  • 進撃の巨人 考察BOOK (マイウェイ出版)
  • 進撃の巨人の謎 (データハウス)
  • 進撃の巨人の秘密 (データハウス) ←本記事

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。

コメント一覧

    • 1. 進撃の名無しさん
    • 2013年12月13日 23:13
    • 管理人さんお疲れさまです

      2011年時に既に考察本が出ていたという事実に驚いた。
      さすが進撃というべきか
    • 2. 進撃の名無しさん
    • 2013年12月13日 23:38
    • へー。
      この考察本は初めて知ったかも。
    • 3. 進撃の名無しさん
    • 2013年12月14日 07:00
    • 乙です
      インタデューとかから作者の考え方を分析して
      どういう展開にしそうか考察してるってことかな??
      なかなか面白そう
    • 4. 進撃の名無しさん
    • 2013年12月14日 15:57
    • 管理人さん頑張れー!
      目指せ、考察本駆逐!!

    • 5. 進撃の名無しさん
    • 2013年12月15日 13:54
    • 公式じゃない考察本読んで、公式読んだ気になってるところが痛々しいな
      所詮はファンの予想、作者も過去のインタビューで「あまり、期待はしないで欲しい」
      と言ってただろ。深読みし過ぎ
    • 6. 進撃の名無しさん
    • 2013年12月15日 14:20
    • ※5
      え?これって公式じゃないのか?
    • 7. 進撃の名無しさん
    • 2013年12月15日 14:23
    • ※6
      おまえ馬鹿だな、公式がなんでわざわざ考察本だしてんだよ
    • 8. 進撃の名無しさん
    • 2013年12月15日 14:25
    • ※6
      冷静に考えてみろ馬鹿
      名探偵コナンで黒の組織の考察本を公式が出してたら変だろ?それと一緒だよ
    • 9. 進撃の名無しさん
    • 2013年12月15日 14:26
    • ※8
      いや別に変じゃないし
      なにが冷静に考えてみろだよバーカ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット