Giant(ジャイアント)じゃなくてTitan(タイタン)の違いを研究しよう!

   

「巨人」の英訳は基本的に「ジャイアント」と「タイタン」の二つが有名です。英題で「タイタン」が選ばれた理由について、2chユーザーが疑問を抱いてます。

ヤハフェ・エホバ

どっちでもよくね・・・?

133: 進撃の名無し 2013/09/28(土) 06:07:47.79 ID:zzYjPtxJ0
英題が“Attack on Titan”なのが気になる
“Titan” = タイタン
とはギリシャ神話に登場する巨人の種族名であり
ただ巨人を意味するなら“Giant” = ジャイアントになるはず
よく北欧神話に似てるといわれるがギリシャ神話も関係あるのでは


134: 進撃の名無し 2013/09/28(土) 06:22:22.18 ID:4qpWS7WL0
>>133
表紙デザインしたときに
デザイナーが見栄え用につけた英語のタイトルがそのまま採用されただけで
作者がつけたわけじゃない
って

138: 進撃の名無し 2013/09/28(土) 07:20:28.10 ID:6XoLtTsw0
>>133
GiantじゃなくてTitanなのは、そっちの方が英語の字面というか
語感がカッコいい、ぐらいの理由では?


超大型巨人の Colossus Titan とか Colossal Titan って訳も
特別にギリシャ神話がどうとかいうわけではないと思う。

142: 進撃の名無し 2013/09/28(土) 08:04:42.17 ID:uzD/Xq+80
>>133
読売ジャイアンツは
昔、巨人ていうのは神話に出てくるティターンの日本訳で、
ジャイアンツを日本語でいうなら「大男軍」だろうって逆のこと言われていたけどね。

158: 進撃の名無し 2013/09/28(土) 09:17:48.76 ID:TejxpwbPO
>>133
ギリシャ神話ならそうなのか
俺の勝手なイメージでは
GIANTは自然につくられた命ある生物
TITANは人につくられた命なき物質
あと人型で巨大なイメージにゴーレムとかもあるが魔術等で人につくられたが命はあるが物でもある

161: 進撃の名無し 2013/09/28(土) 09:30:09.96 ID:ygeOLfNV0
>>133
タイタンは種族名じゃなく氏族名、ないし称号だよ
ガイアがウラノスと交わって生んだ最初の12柱(13柱)がタイタン
その後同じガイアがウラノスの血で生んだ種族がギガス(ジャイアント)
タイタンが種族名だっていうんならガイアが生んだ全ての神々がタイタンになるわw
だから後者のギガスらと区別してつけられた氏族名だ


ついでにオリンポス12神というのがいるがこいつらは血統もバラバラ
種族名ではなくオリンポスに集った最高位の12柱(13柱)をまとめた称号でしかない
それ以前に世界を支配していたのがタイタン12神。
だからタイタンというのも種族というよりは称号と考えていい。

162: 進撃の名無し 2013/09/28(土) 09:30:24.44 ID:mdQNl4o00
>>133
神話レベルの強大な敵にはみんなTitanって名称が付いてるよ

166: 進撃の名無し 2013/09/28(土) 10:14:20.33 ID:2XK0zV2G0
Attack on Titanじゃ「進撃の巨人」のダブルミーニング的曖昧さの良さがないよな

169: 進撃の名無し 2013/09/28(土) 10:33:00.47 ID:uxHH/H2Q0
>>166
巨人に攻撃する、と巨人に乗って攻撃する、ってかけてるのかと思ってた

間違ってないよな?

170: 進撃の名無し 2013/09/28(土) 10:38:00.93 ID:mdQNl4o00
乗って攻撃するというのはきついんじゃないかなぁ
ものすごく巨大なTitanの上で何かに攻撃するって意味を取ることもできるだろうが

178: 進撃の名無し 2013/09/28(土) 10:58:54.48 ID:uxHH/H2Q0
>>170
あーいやそうじゃなくって、attackの目的語としてtitanをとらえれば「巨人への進撃」になるけど、
巨人に乗っかった状態(on)で進撃=エレンが人類の命運を背負い、人間と共に進撃する、と捉えれば「進撃する巨人」
という風にも考えられるんじゃないかなって
なんか説明ヘタですまん

182: 進撃の名無し 2013/09/28(土) 11:05:32.53 ID:mdQNl4o00
>>178
あーそっかそっか
ごめん言いたいことが今わかった
どうだろうなーそういう意味でも通るかは自分にはわからん


いくつか理由が考えてみましたが、商業的な部分もあるのかなぁと。ジャイアントだと野球と重なってしまいますし、お互いのブランドに影響しあうかも・・・。

続いてTitan(タイタン)にはチタンという意味もあるので、超硬質ブレード(攻:スナップブレード)が黒金竹+チタン合金という意味合いも兼ねているのかなぁと推測。

さらにヤフー知恵袋で面白い回答を見つけました。

Giantはギリシャ神話のギガース、Titanは同ティターン神族に由来します。

ギガースはたんなる巨人、ティターンは巨人の「神」です。含まれる意味合いがまるで異なる。

また、一般にGiantと言うとニュアンス的には大柄な人、巨体の人という意味で、種族的に異なる巨人族といった意味には使われない。人とは異なる怪物としての巨人には、Titanを使う方が一般的


ジャイアントは大きさだけで呼ばれる意味合いに対して、タイタンは神や怪物というニュアンスが含まれていることを説明しています(一部賛否や例外もありますが)。これに関連して作者が4年ほど前に、ブログでこのような書き込みをしています。

巨人は神様

つまり、この漫画で言う神様ってのは巨人のことです、超大型巨人のキャラデザは、結構時間をかけました、あの見開きは一回出来た原稿を没にして、書き直したぐらいです、他のページもがんばれよ!っつー話ですなんですが、超大型巨人だけは他と同等の扱いはできなかった、何故なら神に見えなければいけなかったからです。

主人公や、調査兵団は、自我に目覚めたアダム・サタンです、巨人と言う絶対的な支配者、神に従わない人達です、「たとえ地獄でも自由でいたい!」、ってのが町山さんの話を受けてやりたかった事なんですが、どうも壁が壊されて以降はこのテーマ設定が生きない気がします。

諫山先生ブログより


これらのことを踏まえるとTitan(タイタン)が選ばれるのは商業的にも設定的にも当然の流れなのかもしれませんね。北欧神話では「神と巨人の争い」というイメージが強いですが、巨人も神様の一種みたいです。とはいえ「Giants」「Trolls」や「Demons」などと訳されることもあるみたいですが・・・。

そして、エレンや調査兵団をアダム・サタンと名付けているのが気になりますが、一言で言えば「禁断の果実」を食べた(知性を得た)ということでしょうか。エホバ神は禁断の果実を食べることを禁じています。とまあ話が旧約聖書に脱線してきたのでこの辺りの話はまた今度にでも!

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。

コメント一覧

    • 1. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月28日 18:07
    • うむ
      タイタンは「巨人」じゃなくて「巨神」だよな
    • 2. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月28日 18:10
    • 「進撃の巨人」はエレン巨人の通り名だとおもう。
    • 3. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月28日 20:41
    • ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm10639978
      これか
    • 4. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月28日 20:48
    • ベルベルトさんは神様だからまだしばらく死なないということですね、先生!
    • 5. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月28日 21:14
    • 鋭いと思うけどまあ語感がいいからだろうなw
    • 6. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月28日 22:17
    • てゆーかサムネイルの絵がカッコいいだけど、なんかの作品?
    • 7. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月29日 16:06

    • attack onというのはよくある表現で,onの後には攻撃されるもの(場所)か人が続くのが普通.
      だから「進撃の巨人」を「巨人が攻撃する」ではなく「巨人を攻撃する」という意味に理解するなら,たとえばAttack on the Titansでよいと思う.
      ただしAttack on Titanは和製英語と思われているかも.
      Titanが特定の個体だけにつけられた名前なら無冠詞単数で当然だけど,TitanはUranusの子供たちも含む可算名詞だから,the Titan, the Titans, a Titan, Titansのどれかでないとおかしい.
      無冠詞でTitanと言われると,誰かTitanと呼ばれる巨人ひとりが存在しているように感じる.
    • 8. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月29日 19:04
    • ↑新聞の見出しとかも冠詞を省いたりするらしいぞ
      間をとってattack on tits で
    • 9. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月29日 20:04
    • 野暮ですが、titsの意味を承知での提案ですよね?

      それはともかく、冠詞の省略は常に考えないといけませんが、書名でこの位置の冠詞がないとは考えにくいです。
      無冠詞普通名詞はやはり奇妙ですし、巨人がたくさんいるのが初めから明らかな話の題名がattack on Titan というの不自然でしょう。
    • 10. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月29日 23:22
    • アルミン→アルミニウム合金のミョウバン
      チタン(タイタン)→訳して巨人
      トロスト→パラジウムの化学反応のこと


      座標ってのは原子座標のこと
      原子の配列を三次元のてあらわした見取り図

      炭素が配列次第で
      黒鉛→ダイアモンド
      になるようなもの

      ミカサの刺繍は原子座標の見取り図
      面心、体心、頂点

      多分 巨人になるための原子座標
      エレンは生体標本

      ここまで化学マニアな作品だから
      やはりチタンをタイトルにするだろう

      元素表見ながら読むと
      いろいろわかる漫画だよ
    • 11. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月30日 02:18
    • お!原子座標のひと!?
      この説好きだからもっと考察して欲しい。

      それと、タイタンというと真っ先に
      ギリシャ神話のティターン神軍を連想してしまう。
      数年前に3部作のうちの2作目までが公開された
      「タイタンの戦い」っていう洋画もあるし
      実は、いまだに北欧神話=巨人というイメージが
      湧かない...
    • 12. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月30日 03:15
    • なるほどTitanがtitaniumのことを指しているとすれば,たしかに英訳は大変なネタバレですね.

      するとTitanをドイツ語と理解して「チタンを攻撃すること」という作品名ですか(でもドイツの翻訳者は気がつかなかったようです.ドイツ語の作品名は"Riesen des Angriffs"のようです).

      相手がチタンなら,これをなんとかしようというのは大変です.
      巨人がチタンなら,見た目より軽く,壁の中だけでなく地下まで巨人でいっぱいでも不思議ではないです.
      なかなか精錬加工が困難で高価ですが,安価に利用できる技術を開発できれば,開発者はかなりな力をもてるかもしれません(チタンにしたいところ全部チタンで戦闘機や潜水艦を作れたら強力でしょう).

      「タイタンの戦い」という映画を観たことはないのですが,原題はClash of the Titansです(英語としてはTitanは無理でthe Titansにならざるをえません).
      粗筋を読んだら,世界観も「進撃の巨人」に似ている面もありそうです.

      いろいろ考察できて面白いですね.
    • 13. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月30日 03:33
    • ごめんなさい,"Riesen des Angriffs"のところ推敲途中のまま投稿してしまいました.
      ドイツ語訳はまだ出ていないようです.

      Wikipediaには,作品名は,文字通りに訳せば,Riesen des Angriffsだけど,それでは意味が通じないからangreifende Riesenという意味(普通に「進撃の巨人」と言われれば,「巨人に進撃すること」でなく「巨人が進撃してくること」だと思うのが当然です)で,英語ではAngriff auf die RiesenあるいはTitanenですよという記述がありました(巨人は,やはり冠詞つき複数形です).

    • 14. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月30日 16:16
    • 巨人は人間の身体が材料だから
      チタンはそんなに無いと思う

      アニ結晶みてると
      炭素使ったダイアモンドじゃないかな
      炭素なら人体に沢山あるし
      水晶だとすると 向こう側の線が
      二重に見えないとおかしい

      今はゴメン 原子座標のことさておき
      アッカーマン関数のことが
      あたまから離れない
    • 15. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月30日 16:28
    • アッカーマン関数というのは
      とにかくやたら数値が巨大化されてしまう式

      負でない整素数 2つ使って計算するんだが
      要するに数値が爆発的に増大する

      ウィルヘルム・アッカーマンという
      巨大数にとりつかれた天才数学者が発見した
      化学のモルとか天文学とかで使う

      巨大樹とか超大型とかみてると
      遺伝子操作のとき
      アッカーマン関数ひとつ引数まちがえたんじゃね?
      とか突っ込みたくなる

      ドイツ人としては珍しいこの名字
      しかも数値の巨大化で有名な関数
      医者のグリシャと懇意だったらしい
      ミカサパパ

      偶然にしては出来すぎかも、と思う
    • 16. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月30日 16:32
    • 実はアニメで
      「アッカーマン戻りました!」
      とミカサが言ったとき、
      えっ 計算しないと でもめんどくさいな
      って反射的にビビった
    • 17. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月30日 16:41
    • 巨人がチタンにたとえられても驚かないというのは,野暮ですが,巨人がチタンでできているだろうという意味ではないです.

      アッカーマン関数は,高橋正子さんの「計算論 計算可能性とラムダ計算 (コンピュータサイエンス大学講座) 」の練習問題にあって,知らずに手計算で計算し始めたら,とんでもないことになったことを憶えています.
      計算量という観点からも面白いですが,計算可能生という観点から眺めるのも興味深いですよ.
    • 18. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月30日 18:48
    • あとはギガントピテクスの存在

      これは生物学専攻の友人が偶然、あのお猿を見て呟いたこと

      「あーこれは実在した巨大類人猿だね、
      ギガントピテクスだなあ」

      絶滅した3メートル~4メートルクラスの
      巨大類人猿
      歯とか顎が見つかっている

      ポイントは
      人類と同時期に生息していて
      共存していたこと

      身体が大きく知性もそれなりにあったため、
      絶滅しなければ人類を支配していたかもとも
      謂われる
      絶滅理由は諸説ある

      もうエレンとミカサに駆逐されました
      でいいかも

      作者はやっぱりサイエンス読んでそうだなあ
    • 19. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月30日 21:18
    • 超大型巨人が「神」なのに、それに対して先頭で立ち向かうのがリヴァイなのが面白いよなぁ。ジーザスキャンプの牧師を目指す少年リヴァイからとった名前なのに。
    • 20. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月01日 18:57
    • うわぁ~※18のギガントピテクス説面白そう~!

      獣の巨人は、人間がまとった知性巨人なのではなくて
      そもそも、それそのものが、言語を話せる「巨大類人猿」で
      ライベル側の人類と共存かつ支配していると考えてみると
      ライナーがユミルに「あの猿は何だと?」と問われて
      「猿?何のことだ?」と答えた意味が何となくわかるかも...

      ライナーもユミルも「猿」は知ってるけど、ライナー側の人類にとっては、支配者?である巨大類人猿と
      「猿」と認識している動物の「猿」とでは明らかに認識が違っていて、文化?の違うユミルは
      オランウータンのような獣を読者側と同じく、ひとくくりに「猿」系と認識して「猿」と言ってるけど
      ライナー側にとっては違うから「猿?何のことだ?」になるんじゃないかっていう...

      それに、巨人ならユミル巨人が片言で喋ることが出来る以外は
      知性巨人は、どの巨人も喋ることが出来ないのに
      獣の巨人は、子供の様な口調とはいえちゃんと喋ることが出来ている。

      で ↓ この説が当てはまってるかなと
      > 身体が大きく知性もそれなりにあったため、
      絶滅しなければ人類を支配していたかもとも謂われる

      ・獣の巨人は、「巨人」でも「猿」でもなく「巨大類人猿」である。
      ・「類人猿」だから、それなりの知性があって喋ることが出来る。
      ・「超大型巨人」=壁内人類世界の「神」(← 多分原作者ブログで触れられてたと思われ...)
      ・「巨大類人猿」=ライベル世界の「神」(← ヒンドゥー教の猿の姿をしたハヌマーン?がモチーフ?)
      というところまで考えが及んだんですけど...果たして...
    • 21. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月01日 20:11
    • おおー、ギガントピテクス説を凄い論理的に発展させてれてありがとう

      原子座標のときもそうだけど
      オレ説明下手でさorz

      オレもほぼ同じ

      で、ユミルの「せ…」は
      「戦争ゲームさせて喜んでる猿ども」
      くらいの感じかなと

      人類のコロニー同士に
      生存をかけた戦争ゲームさせて
      潰しあいさせてる

      ライベルアニの故郷vsエレンのとこは
      絶滅させた方の勝ち、
      ユミルのとこはまけて絶滅、
      唯一の生き残りがユミル
      だからユミルは故郷がもうない
    • 22. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月01日 20:31
    • ギガントピテクスは
      科学や技術に興味があり、
      立体起動とか原子座標とかに
      お目めキラキラ

      人類に開発競争させて
      たとえばライベルアニに
      「完璧な原子座標サンプル連れてきたらお前のとこの勝ちにしてやる」
      とかいってるかも

      ライベルアニ国→不完全な知性巨人化システムあり→ユミルは故郷の為に命がけでシステム盗んだけど絶滅

      エレンの国→アッカーマンと組んで完全な原子座標完成→ミカサの原子配列図による

      ユミルの「あの猿はなんだ?」は「お前のとこの監視役か?名前は?らくらいの意味で

      「知らなかったのか?初対面?あーわたしは王族だからよくあってたわ」くらいの意味かと

      そうするとクリスタ一人くらい、
      ライベルアニ国に受け入れて、
      エレンだのみの、未来のない国なんか捨てるべきかもと思っている
    • 23. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月01日 20:55
    • もともと知性巨人は
      vsギガントピテクス用に
      つまり抵抗運動のためにライベルアニ国か
      どっかの東洋人コロニーが
      開発したんだと思う

      悪魔の末裔云々てのは
      エレン国が他コロニーに
      「猿どもに抗おう」と
      協力要請して
      人柱だけ出させて技術も盗んで
      自分達だけ壁のなかにこもったのかも
      だからエレン達だけ、記憶しようがいあって
      他コロニーのことも知らない

      引きこもって、他コロニーが絶滅するのを
      じーっと待ってる戦法
    • 24. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月01日 21:06
    • 長くてすまぬ これで終わるからさ

      シーナ、ローゼ、マリアは
      全部地下床あり

      でもシーナの中央だけ、地下床なくて
      外の世界と地下トンネルで繋がっていると思う
      中央の山は掘り出した土山

      外の世界に剣やら馬車やらの技術あり
      坑夫はこの地下トンネル通って外に捨てられたかもとか…こわ

      エレン地下室はこの地下トンネルに繋がっている?
      シガンシナとか最外側の突出部分だけは
      地下床無さそうだから
    • 25. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月01日 21:44
    • なんか原子座標やらアッカーマン関数やらギガントピテクスやら・・・
      興味深いですがものすごくレベルの高い考察と会話ですね。

      自分なんて本スレ142を見て
      「え!?ジャイアンツ、もしその発言間に受けてたら
      読売ティターンズになってたの?」
      程度の事しか考えられなかったです。

      ・・・場を濁してしまいすいません。
    • 26. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月01日 22:05
    • レベルなんか高くないです
      オレはただの説明ベタ野郎

      頭のいい人が説明すれば
      凄く分かりやすくなるはず

      原子座標説を初めて書いたとき、
      親切で頭のいい人が
      さらりとまとめてくれた

      なんとなく分かりにくいのは、
      オレがバカだから
    • 27. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月02日 00:52
    • もちろん要領えないのはオレだけで
      たとえば※20の人みたいに
      見事な論考を素早く立てられる
      ツワモノもいる

      そういう論理的な人に助けられて
      色々 考える指標をもらえる

      やはりオレは恵まれてるのね
    • 28. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月03日 21:29
    • もう見てないかもだけど※20です。

      > ユミルの「せ-」が「世界」でも「政府」でもなく「戦争ゲーム」

      「戦争ゲーム」だとすると
      エレンたちの世界は「バトルフィールド」だったりして?
      とか思ってしまったんだけど。

      2chの考察によく出てくるエレンたち壁内人類が認識している世界がバーチャル
      =マトリックスのような仮想現実、仮想空間という説が展開しやすそうだなとか。
      そうなると、9巻で何気にライベルがチェスをしてたのも気になるなとか。

      他にも、前から気になっていた
      知性巨人がそれぞれの巨人を纏う時に発生させる巨大な磁場というか
      エネルギーが爆発してる様に見える演出の説明も出来なくもないかな?とか。

      特にアニメでは、そのエネルギーによって巨人化能力を
      天空から召喚してるように見える表現がされていて、
      それがその通りの意味なのか、ファンタジックなアニメ
      に特化した演出なだけなのかは判断しかねるんだけど、
      エレンがスプーンを拾う時には天空に届くほどのエネル
      ギーは放出されてないから、巨人化能力を天空から召喚
      とまではいかないのかもだけど、違う次元や時空の世界と
      何らかの方法で繋がっていて、それによって纏う巨人を
      発生させているんじゃないか?とか。

      そこで、遺伝子? の原子座標が意味を持つのかな? とか。

      知性巨人は、自身の血(遺伝子・原子座標?)と「目的意識」
      =脳への的確な命令=思考する時に起こる電気エネルギー
      を世界の磁場や電磁波と反応させてアッカーマン関数の
      方法?
      によって遺伝子の数値を巨大化させて巨人を生成してるとか
      そういうことを思ったんだけど。どうなんだろうか。
    • 29. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月03日 21:33
    • 後、壁巨人は「超巨大類人猿」じゃないのかな?とか。
      超大型巨人と同種という認識が多いみたいだけど
      顔の造形がどうにも人間のものではなく猿系(チンパンジーとか)に見えて仕方ない。
      鼻の下から上唇までの距離の長さが類人猿なら説明が付くなって思った。

      実は、獣の巨人は超巨大類人猿の幼生体(子供だからあの口調)で
      壁巨人が超巨大類人猿の成体(大人)だったりして...
    • 30. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月03日 22:02
    • あ!だから「進撃の巨人」なのかも!

      進撃世界の支配者? かも知れない超大型類人猿vs知性巨人(人類)!
      そこで看板キャラである超大型巨人の60mというサイズが生きてくる!

      倒すべき世界の支配者(神)と唯一姿形が似ている超大型巨人(神)との戦い!
      壁巨人のお散歩を食い止められるのは超大型巨人だけ!っていう設定。
      ...ないかな?
    • 31. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月04日 19:24
    • ※20さん
      見てます
      色々繋がってて面白いです
      じっくり読ませて
    • 32. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月05日 02:46
    • あ、見てらっしゃった!

      「バトルフィートルド」について掘り下げてなかったんで
      そのこともちょっと、というか長くなるかもだけど書いときます。

      9/25の「猫が登場した理由~」の記事でも壁内そのものが異次元かも知れない
      という考察のようなものを※36に書いたんだけど

      その記事にあった、森の中の巨人と野生の鹿のシーンの画像を見て
      25話に出てきた周囲の状況に動じない猫が説明付くんじゃないかと思って書いたことが
      「戦争ゲーム」...なら壁内は「バトルフィールド」かも!ってなった発端です。

      その画像は、アニメで眼鏡の教官が巨人の生態や特徴について
      説明しているシーンで出てきたもので、よく画像を見てみると...

    • 33. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月05日 02:50
    • ※32の続きで
      以下、9/25の「猫が登場した理由~」の記事※36のコピペです。

      上のシーンは、小鹿が巨人の方を向いていて
      巨人を視認出来ているように思えるんだけど
      下のシーンだと、体が極端に高温で、実際に
      すぐ横を蒸気を噴出しながら巨人が歩いてい
      るのに鹿はその蒸気にも放射熱にも無反応な
      のが気にる... まるで、巨人がそこに居ない
      かの様な反応に思える...

      だけど、犬が知性巨人に吠えたり、馬が無知性巨人に
      脅えるなら動物には巨人が見えないとかは無しか...
      と思ったんだげど、犬は人間に付く動物で吠えたのは
      壁内の犬。サシャの馬も壁内人類に品種改良されてる
      壁内人類側の馬。猫は、そもそも人間にではなく家に
      付くと言われてるから、壁内で暮らしていても感覚は
      壁内人類とは共有していない=野生に近い。

      野生の鹿は、高温の蒸気や熱を発する巨人にまるで影響を受けていない。
      猫が野生に近いなら巨人の絡む現象には全て影響を受けないのではないか?
      だから、巨人や巨人と交戦する人類が起こす現象(瓦礫とか)にも影響を受けず
      野生の鹿と同様に、猫にとっては何も見えていない起きてないのではないか。

      もしかして、壁内そのものが異次元で
      壁内の人類と野生の動物とでは存在している次元が
      微妙にズレていて、ハンジの言うように壁内の人類
      が見えているものと実際の世界は違うのではないか。
      そんなことを野生の鹿と似た描写で描かれた猫から
      考え付いてしまったんだけど...
      単に、猫=ミケさんという遊びなのかも知れない...
    • 34. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月05日 04:51
    • コピペだけでも長いのに申し訳ない...

      一応、それらのことが頭に浮かんで
      「戦争ゲーム」なら壁内は「バトルフィールド」かも知れないと思ったんです。

      「戦争ゲーム」なら、狡猾な「猿」がそれようの場所を探して来て
      「ここでいいや」ぐらいの適当さで選んだのが不運にも
      エレンたちのいる世界だったのかも知れない、とか

      だから、従来の野生動物は干渉を受けないけど
      「猿」に家畜化された人類と、それに属する犬や馬は影響されるのかも? とか

      それで、壁内人類から遠ければ遠いほど、あるいは単純に壁内から遠いほど
      従来の野生動物は、巨人と干渉し合わないんじゃないか?
      だから、むやみに動植物の命が奪われる戦争なのではなく
      あくまでゲーム。
      エレンたちの世界は、ゲーム板=バトルフィールド。

      最終的に、25話で明かされた女型/知性巨人の「融合」能力で
      ・ベルライアニ(高熱巨体、硬度、速度)+エレン(強靭な精神)の巨人体が融合
      ・60mの完全体巨人の誕生 → 超大型類人猿(神)vs完全体巨人(神)で壮絶バトル
      ・完全体巨人の勝利あるいは相打ち。
      勝ったとしても人類のために戦った4人の少年少女たちは
      自我が消えるか人間の姿に戻れなくなって犠牲に...
      そんな最終決戦にはならないだろうか...と、ちょっと思ってる。

      後は、ピクシス、エルヴィン、リヴァイあたりが
      別次元、別世界の記憶を断片的にでも持っていそうだな~とか。
    • 35. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月05日 17:18
    • Titan→ローマ読みするとチタン 刃はチタンでできてる(ソースあり)。
      装着してる刃からチタンを取れば巨人の硬化能力もできるのではないかな?

      壁も壁の中の巨人が地中から?かは分からないけどチタン吸ってるから繋ぎ目のない壁ができるんじゃあないかなあなんて
    • 36. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月05日 21:57
    • 自分は、このスレよんでこう考えたんですよ
      いままで、人は生き物をいっぱい殺してきた
      だから、その罪を償えと神の怒りなどを
      詰め込まれたのが、巨人だと
      それなら神と関係してるから、タイタンと呼べるし
    • 37. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月06日 06:00
    • ※35
      > 壁も壁の中の巨人が地中から?かは分からないけどチタン吸ってるから

      同じこと思ってました。資源が豊富らしいシーナと全部の地下が繋がってる予感...

      ※36
      BD1巻の特典だった進撃0巻(いまの進撃のもとになっている原作者の初投稿作品)では
      巨人の設定が「人類駆逐計画」のために教団が作った自然兵器?みたいなものだったので
      ※36さんの感じ方は合ってると思います。

      原作者さんの中には、いまでも0巻で描こうとしていた
      そういった想いがどこかに残っていて、
      現在の進撃に多分に含まれているのではないかと思います。
    • 38. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月06日 17:46
    • ※37
      36です
      ご丁寧な説明ありがとうございます。

      そんな設定があったんですね
      0巻はもってないんで、分かりませんでした。
    • 39. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月06日 19:23
    • 直訳の"Giant Advance"の方がかっこいいと思うが
    • 40. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月10日 00:25
    • ※20さんへ
      ※18です
      じっくり読みました

      以下にオレなりの解釈をします

      エレンはプラズマ放電で出来た電磁場を
      「ペチン」ひとつで
      磁場変換とか電磁誘導とかできる

      そもそもデカイ熱い軽いとくれば
      巨人はプラズマ状態(身体の一部にせよ)
      にないとおかしい

      ユミルやライナーも巨人=プラズマを体内にもつ
      から、エレンの支配する磁場に
      ビリビリと拘束されるんだろう

      アニやエレンが巨人になるとき
      成層圏の電磁層から放電うけてるし
      その時電離がおきて電子が原子の核から離れてプラズマ状態になり
      巨人体を構成できる
      だから身体の修復も可能

      ならばやはり
      エレンは磁場を支配できる
      特殊な原子配列を体内にもつ「原子座標」

      原子配列の見取り図はミカサの刺繍
    • 41. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月10日 00:26
    • 原子核から電子を離れさせることができる

      つまり

      エレンが「」
    • 42. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月10日 00:42
    • エレンが「世界全部ぶっ壊れろと思ったら

      核爆発とか核融合とか出来てしまう

      エレンの前の原子座標持ちは核爆発とか起こして大量絶命させた悪魔みたいな奴なんかな

      ベルさん怒ってる?ライナーも知ってる?

      ライベルアニは
      誰が核爆発起こす原子座標かわかったもんじゃないから
      全滅させる必要があったけど
      エレンだと特定できたから
      エレンだけ持ち帰れば問題解決
      なのでは
    • 43. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月10日 00:49
    • そして
      エレンがプラズマ放電で
      電磁場を支配しているのを目撃したエルヴィンが
      げっそりしてたのは
      「エレンによる人類支配と核爆発」
      を予感したから

      兵士長はとっくに「こいつは化物だ」って
      言ってたけど

      原子座標持ちによる核爆発を阻止するため、
      という大義がライベルアニに
      あっとするとそれなりに納得

      あとなんかcdジャケットの限定版に
      核爆発後らしい絵があったような気がする
    • 44. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月10日 23:18
    • ※18さん、面白いです。ありがとうございます。

      紅蓮の弓矢のCDジャケが世紀末を思わせる荒廃した干乾びた大地でしたね。
      このOPの歌詞も原作者側が作り手に結末まで?話してから作られたものだと
      いろんなコメントで目にするので気になってました。

      「電離」を意思で自由に操れる=「座標」の能力
      ということでいいんでしょうか?

      wikiで検索したらイオン化とあって、その中でも電子のイオン化の項目の
      「分子に直接電子を撃ち込むとイオン化できる」とか
      「熱電子衝撃法」=「ぺチン」だったら面白いなと思いました。
      エレンがこういうことを人間体のその身ひとつで出来る
      ようになってしまうとか危険極まりないですよね...

      > 「エレンによる人類支配と核爆発」
      エレンて人型の電子レンジみたいなものかなと思ってしまいました...
      世界そのものを電磁波により加熱して核爆発を起こす存在...
      世界が何であれ自分がしたいと思うことをしたい!
      それは、「俺がこの世に生まれたからだ!」っで
      実行しようとする自然災害みたいな存在...
      ライナーは、エレンのこと良くわかってたんだな~...
      それなのに未然に防げなかった50話...

      来月からは、ヒストリアと地下室の謎編でしょうか。
      そろそろ設定を明かしていって欲しいものです。
    • 45. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月11日 12:49
    • 相変わらずオレのメンドクサイ話を
      論理的に読みときしてくれる人…

      しかも早い
      ※20さんは理系か
      それとも厳格な哲学系なのかな

      バトルフィールドの話は色々面白くて
      図式かきとりしながら読んでます

      もう少し読み込むから時間下さい
      オレとろいなあ
    • 46. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月11日 13:44
    • ところでエレンが「自然災害みたいな人」
      ってこと
      爆笑してコーヒー吹きました

      オレのコーヒーが…
    • 47. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月12日 20:49
    • attackは自動詞だから、目的語をとるときは、前置詞のonがいる
      だから、onは「〜の上に」という意味ではなく、「〜に向かって」という対象を表す
    • 48. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月12日 22:36
    • ああ~※18さんのコーヒーが...

      わたしは、学校の勉強が苦ってだったので何系でもないのですが
      独学で絵を描いたりして漫画家を職業にしようと投稿してた時期がありました。
      それゆえに、どうやったら面白いストーリーや絵作りが出来るのかを
      いまでも自然と漫画やアニメから読み解こうとしてしまうのです。

      それと、哲学という意味では
      70~80年代の特撮やアニメに常に盛り込まれていたので
      これも自然と身に付いてるみたいです。
      「存在」が存在することの意味は? とか、常に考えてしまう...

      > 「自然災害みたいな人」
      エレンを何故そう思ったかというと
      数年前にアカデミー賞を受賞したコーエン兄弟の「ノーカントリー」という映画で
      ハビエル・バルデム演じる殺人鬼がそのように形容されていたことと
      その映画よりも、もっと以前に描かれた「パーム」シリーズという漫画の
      「星の歴史」という作品に登場するサロニーという殺人鬼が同じように形容されていたので
      エレンの得たいの知れなさというのは、それらのキャラクターに似てるなと思ったからです。

      ライナーがエレンに感じたヤバさというのは、まさにそれで
      自然災害みたいな驚異的なエネルギーが人間の姿でこの世に誕生して
      「俺がこの世に生まれたからだ!」という激しい気質まで備えていて
      そのエネルギーが意思を持って力を揮い出したなら自然災害どころではなくなる...!!!
      という...そんな恐ろしい存在がエレン...

      確か人類に共通の敵が現れたら人類同士の争いが無くなるのでは? とか
      言い伝えがあるようなことをピクシスがエレンに話してたと思うのですが
      このままいくと、その人類共通の敵は、最終的にエレンになるという可能性が...
      というところまで想像したのですが、果たして...

      バトルフィールドを図式に...それだけでアニメひとつ作れそうでワクワクしますね。
    • 49. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月17日 14:10
    • 神に反した人類っていうとアダムじゃなくてリリスだと思うんだけどな。
      奔放で神を模したとはいえ、アダム(夫・男)に仕えるのは嫌、自由&対等でありたいの!って毎日子どもを殺してやるぞって神とアダムに脅されてもそれでも自由を選んで、楽園を追放(自ら出て?)つらい荒野をさすらうんだから…アダムの民よか、リリスの民の方がよっぽど餓狼の自由とか反する者の祖な気がするけどな。
      それとも祖が男だから単純にアダムと表現しただけか…?
    • 50. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月20日 02:34
    • ※20さん
      まだ見ておられますか

      集団座標のことかもしれません!

      巨人の体内にプラズマ状態があるとしたら
      原子核は電子から分離して
      剥き出しになってるわけだから

      集団座標の支配をばっちり受けるはず

      集団座標ってのは
      平たく言えば
      原子核の羊飼いみたいなものです

      でも原子座標であることも確かだとおもうので
      2つ意味をかけているかも

      メンドクサイ物理の話ばかりですみません
    • 51. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月24日 15:10
    • ※18さん
      見てます。

      集団座標=羊飼い。
      その羊飼いとしての能力=巨人を操る能力
      を手にしたのがエレンといことですね。

      集団座標を検索したら「自己無撞着集団座標」というのが
      wikiの項目にあったので読んでみました。
      そこから辿れる別項目の「原子核集団運動」「TDHF」「変分法」
      「時間依存平均場理論」「多体問題(量子論)」「シュレディンガー方程式」など
      これらの単語も進撃世界のキーワードになっているんじゃ
      ないかと思えて興味深かったです。

      それと「場」。
      「場」の項目を読むと「時空」「電磁場」「重力場」「物理的実体」
      という単語が進撃世界の「世界」そのものを現している
      気がしてならなかったのと

      「場を"空間中の数"として定義する際に
      場は物理的実体を持つとみなされている」

      といのが、SFや荒唐無稽に思える2次元作品すべての
      「世界」の有り様に説明がつく解釈なのではないかと思えて面白かったです。

      「場」も存在している以上「存在」であり
      「無」も同じく「無い」という意味を持つ「存在」なら
      それには「実体」があるんじゃないか...と、思うと
      すべては結局「存在」しているんだなと。
      「巨人」もそんな何かなんじゃないか...というところまで
      またもや考えが及んでしまいました。が、果たして...
    • 52. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月24日 22:30
    • ※20さんへ
      最新の※長くて内容濃くて楽しいです
      やはりじっくり読んでいます

      資料調べて、展開するの早いですね
      凄いです
    • 53. 進撃の名無しさん
    • 2013年11月01日 01:50
    • ※20です
      ※18さんの専門分野からの見解こそ
      進撃の見方を広げてくれて楽しいです。
      巨人体の生成や進撃世界の在り方など
      考えるひとつの指針になって面白いです。
    • 54. 進撃の名無しさん
    • 2013年11月02日 01:59
    • 他人の専門分野をさらりと理解して
      噛み砕いて展開するのは
      なかなか出来ないことだと思います
      ※20さんはそれができる
    • 55. 進撃の名無しさん
    • 2014年02月09日 15:55
    • このスレはレベル高いですね。
      アッカーマン関数は絶対関係してくると思いますよ。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット