【説】エレンは召喚された?FF10から探る進撃の巨人

   

タグ:    

マイナーな説の1つですが、一部の読者が支持する説「進撃の巨人=FF10説」を説明します。

ティーダとユウナ
作中でも有名なシーン。

将来のエレンと私・・・

この説を説明するにあたって、FF10の内容をある程度把握していると頭に入りやすいです。もちろん出来るだけ知らない方向けに説明させて頂きますのでよろしくです。

まずはFF10のことをざっくり知ってみよう!

FF10の世界の流れや仕組み

  1. 最大の魔物シンが人々を襲う世界スピラ。
  2. 召喚士はシンを倒すために、仲間と旅に出て祈り子と交感して強くなっていく。
  3. 究極召喚獣を覚えてシンを倒す。
  4. シンを倒しても数年後に復活する。復活までの期間はナギ節と言われ、人々は束の間の安息を得られる。
  5. 1~4を繰り返す(これらは世界の常識)。

スピラは「螺旋」の意。スパイラルとループとは時間の概念が違うけど似ています。

MEMO!!

究極召喚獣とは、仲間を生贄(祈り子)にして得られる召喚獣。これを召喚する人間も命を落とす。知性巨人の連鎖を連想します。

祈り子とは、肉体から魂を切り離して像に眠らせたもの。召喚に必要な「夢」を提供する存在。彼らが見る夢が実体化したものが召喚獣になる。ざっくり言えば夢=召喚獣

シン(Sin:罪)の正体

  • シンも召喚獣の一種。
  • 大昔に戦争に負けた大都市ザナルカンドの全てが祈り子になってシンを生み出した。
  • シンは体内に滅んだ街「夢のザナルカンド」を守護している。これを守るために文明を攻撃する。
  • シンを倒しても究極召喚獣の体が乗っ取られてそれが再びシンになる。
  • これらの事実を知っているのは寺院のごく一部の人物だけで「人々の罪に対する罰」とだけ民衆に説いている。

主人公ティーダ

夢のザナルカンドで平和な暮らしをしていたティーダ(もちろん夢と知る由がない)。ある日、知り合いのアーロンから連れられてスピラに訪れる。最終的にシンとその中身を倒しますが、夢のザナルカンドの一部であった自身も消滅する。彼も召喚獣の1つであった。

ティーダ

※余談ですが、名前の意味は「太陽」。

幻光虫(ライフストリーム)

あらゆる万物に宿っている生命エネルギーです。FF7ではライフストリームと呼ばれていました。虫のように見えるだけで実際は虫ではありません。人間が亡くなったら魔物化したり、死人(シビト)になったり、召喚獣の構成体だったり、燃料に使われたりとあらゆる素になっています。若干魂の概念に似ています。(FF7とFF10は同じ次元です。星や時間軸は違います)


とりあえずのFF10の説明は以上です。これだけ把握してもらったら何となく進撃の巨人にもインスピレーションを得られるのではないでしょうか。これらの設定と進撃の巨人に何らかの関連性があるのではないかという考え方が「進撃の巨人=FF10説」です。

早速上記の設定を利用した説や考察を考えて見ます。

※あくまでも一例で、FF10説といっても色んな説や考え方があります。

エレンは夢の世界からやってきた!?

FF10の主人公ティーダは夢の世界からやってきました。「いってらっしゃいエレン」の意味深なシーンから察するにエレンもそうなのかもしれません。もちろん召喚したのは最初にそばにいたミカサです。・・・というか、そもそも進撃の世界が現実なのか夢なのかを見直すべきなのかもしれません。

巨人の正体は夢!?

「召喚獣=祈り子が見る夢」という設定を参考にしてます。巨人はうなじの中の人間が見る夢が実体化した姿なのかもしれません。通常種などは中身が死んでいて暴走している状態、といったところでしょうか。夜行種や奇行種などはまだ生きていますが未覚醒状態。知性巨人は覚醒状態(明晰夢に近い)。

エレンとグリシャが最後に争う!?

説明は省きましたが、FF10の主人公ティーダは最後にシンとなった親父と戦います。親父は究極召喚獣になってシンを打ち倒してます。そして彼も数年のナギ節を経てシンになりました。意識を少し取り戻して力をセーブしてくれたおかげでシンになった親父をティーダが倒します。

この展開は進撃の巨人にも有り得るのかもしれません。関連としてはグリシャ黒幕説などがあります。


と一例を示してみました。
進撃の巨人とFF10の関連性の当てはめ方はかなりたくさんあるので、書き出すとなるとすごく時間がかかるため、これらの考察は浅い内容に留めています。

久々にプレイしたくなってきた!開拓地行くしかねぇ!!

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。

コメント一覧

    • 1. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月22日 00:20
    • ミカサwwしっかりwww
    • 2. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月22日 00:29
    • ×スピカ
      ○スピラ
    • 3. 進撃の管理人
    • 2013年09月22日 00:39
    • ぎゃーすみません。。ご指摘ありがとうございます。
    • 4. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月22日 00:57
    • なかなか面白い説だね
      管理人さんの説明がわかりやすいんでここの考察はためになるなぁ
      ただFFは用語が判りづらいよね…
    • 5. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月22日 05:51
    • 5 おもしろい
    • 6. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月22日 12:07
    • 自分もずっとFF10みたいな事考えていたけど
      うまくまとまらなかったから考察嬉しい
    • 7. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月22日 12:12
    • エレンが夢の世界から来たとは思わなかったが
      巨人=召還獣みたいなものとは考えていた
      祈り子がうなじに居る感じで
    • 8. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月22日 20:11
    • シンは、エボンジュが脆弱な自分の身を守るために纏った「鎧」という設定だったはずです。なので、「シンも召喚獣の一種。」という書き方は不適切だと思います。

      全体の話としては非常に興味深いと思います。

      シン撃の巨人…あの世界においては、争いを起こす愚かな人類の「罪」を撃つ巨人といったところでしょうか。
    • 9. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月23日 03:41
    • キマリ 出てきてない ダメ
    • 10. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月23日 12:26
    • 街中でアニが巨人化する直前、エレンの「つまんねぇって言ってんだろ」の場面と
      ジェクト変身直前、ティーダの「つまんねぇっての」
      この場面は酷似している
    • 11. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月25日 20:46
    • この発想はなかったwwもしFF10の~っていったら、作者が攻の公式ガイドの説明にいれるとおもう。
      スクエニっていろいろ厳しいからな。おおつかが歌をまねしたってだけで叩かれていたし。
    • 12. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月25日 21:02
    • まあけど作者よく現パロ押してるから、それもありそうだよね。夢世界説
    • 13. 進撃の名無しさん
    • 2013年11月24日 21:34
    • 5 >>街中でアニが巨人化する直前、エレンの「つまんねぇって言ってんだろ」の場面とジェクト変身直前、ティーダの「つまんねぇっての」この場面は酷似している
      ・・・は?たまたま台詞が被っただけだろうが。世界観も何もかも違うから。まあ、この説が合ってたとしたら、それはそれで面白れぇだろうな^^1話ん時の「行ってらっしゃいエレン」も中々筋が通ってんなぁ。夢世界説・・・そんなオチは、イヤだーーーーーーーーーーーーーーー
               ※1
      >>ミカサwwしっかりwww
      プッwあたしも思ったwww
      ENDは、こうなって欲しいよな!^^
    • 14. 進撃の名無しさん
    • 2014年10月16日 08:20
    • そのまんまFF10のストーリーをなぞったのが進撃だよ。

      FF10は、「シンが世界を荒らしていて、それから逃れるためにスピラという宗教にみんなですがっている。でも、実はスピラはシンを操る側だった」という話。

      進撃は、「巨人が世界を荒らしていて、それから逃れるために壁に囲まれた空間にみんなで閉じこもっている。でも、実は王様は巨人を操る側だった」という話。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット