壁の領域内、北側の実態が少し明かされました。

   

別冊少年マガジン9月号により、諫山先生が壁の北側領域の生活実態について言及されています。


壁内領域の北側について

北側の区名や町、生活観、文化、兵士などの全ては読者視点では一切の謎に包まれており、実質未知の領域でした。壁の北側についての情報は今回が初です。




読者参加型コーナー!!別マガ調査兵団・一問一答より


壁の人類活動領域の北側
Q .人類活動領域の北側はどうなっていますか?

A .北側にも巨人はいますが、南側を狙われることが多いため、住人は少し気楽だったりします。そのため寒くて生活は大変だけど、北側に住みたいと思う人達は少なくないんですよ。

温泉もあるかも?

(諫山先生)

これらの情報で推測

町並み

情報量は多くはありませんが、北側の状況が見えてきました。ここから北の世界観を想像してみます。


大砲などの軍備は少ない

相対的に巨人が少ないため、対巨人用の装備や軍備などは予算の関係で少ない可能性があります。同時に警備に当たる兵士などの数も南と比べると少ないのかもしれません。


調査兵団の兵士はほぼ皆無?

調査兵団の人間は居ない可能性があります。


支部などの拠点はあるかもしれませんが、「南の巨人領域に突っ込み、巨人の謎を解き明かす」という性質上、北に調査兵団の人間は居ないと考えるか、緊急時などの連絡要員に数人置かれているだけではないかと推測できます。


相対的にインフラが整っていない

王政は、「巨人領域に近いシガンシナに人を住まわせて英雄扱いする」という政策を行っています。その実情は囮政策といっても過言ではありません。845年のマリア陥落以降もこの方針はトロスト区に引き継がれている可能性があります。


しかし、これらはデメリットだけではありません。南側の街に人を集中させるために、大量の予算を用いてインフラの発展にも力を入れています。当然市場の流れや景気がよくなり、人が賑わうのが南側のメリットです。


逆に言えば、北に人が集中しても困るので、北側には予算が注入されにくいと考えられます。ましてや教育などの影響で、"北側に住むのは臆病"と見る人も中には居るのかもしれません。


温泉文化

エルヴィンの横顔

北に温泉がある可能性を示唆しています。


基本的に温泉はプレートとプレートの間に発生することが多く、同時に地震の震源や火山の集中しているところでもあります。(もちろん例外もあります)


神奈川県温泉地学研究所 世界の温泉より


世界の温泉分布

地下を深く掘ることができないため、自然発生した温泉に限られると思われます。仮に、進撃の世界が地球だとしたらどこになるのでしょうね。


―――――と、ここまで深く設定を練られてるとは思っていません。ただ一番気になるのは・・・お風呂という文化はあるのかという点です。温泉という言葉が出てきた以上はあるのでしょうか。


お風呂に入ってない可能性

ゼロではありません・・・。実は2chでもこの議論はされたことがありますが、謎に包まれています。


どうでもいい

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。

コメント一覧

    • 1. 進撃の名無しさん
    • 2013年08月08日 17:44
    • お風呂に入ってない可能性・・・ふむ・・・
    • 2. 進撃の名無しさん
    • 2013年08月08日 18:04
    • いつか温泉に浸かりながら酒飲めるといいね
    • 3. 進撃の名無しさん
    • 2013年08月08日 18:17
    • 体拭くくらいかな
    • 4. 進撃の名無しさん
    • 2013年08月08日 18:19
    • シャワーとかかな?
    • 5. 進撃の名無しさん
    • 2013年08月08日 20:36
    • 水浴びじゃね
    • 6. 進撃の名無しさん
    • 2013年08月08日 21:58
    • 何でか入っているとはこれっぽっちも思ってなかったな
      ヨーロッパに対する偏見のせいで
    • 7. 進撃の名無しさん
    • 2013年08月08日 22:29
    • ウォールシーナ内にお湯ためて露天風呂にすべき。
    • 8. 進撃の名無しさん
    • 2013年08月08日 23:01
    • 中世ヨーロッパなら風呂文化無いよな
      ルイ何世だかは生涯二回くらいしか風呂に入ってない

      農民は垢だらけのカピカピの服の着たきりすずめ
    • 9. 進撃の名無しさん
    • 2013年08月09日 00:31
    • 風呂に浸かるのは日本の文化
      シャワーのみだろうな
    • 10. �ʷ���̵̾������
    • 2013年08月09日 03:16
    • 水も貴重な資源だろうから、
      仮に入浴文化はあったとしても一般的ではなさそう
      特権階級の愉しみのひとつとか
    • 11. 進撃の名無しさん
    • 2013年08月09日 07:39
    • 北の寒冷地に接して火山帯って、
      どことなく北欧神話の氷の国と炎の国を思い出した。
    • 12. 進撃の名無しさん
    • 2013年08月09日 07:49
    • ※9
      日本の風呂文化なんて、所詮
      江戸時代からぐらいの新しいものだけどね。
      それまでは、庶民は風呂入らずでたま~に行水のみ、
      寺や貴族宅ではサウナ形式の設備で垢を落としていた程度。

      ヨーロッパでは、中世・近世に一時廃れたけど
      紀元前から数種類の浴槽やプールを完備した大浴場文化があるし、
      それを引き継いだ中東でも古くから浴場サロンが発達していた。
    • 13. 進撃の名無しさん
    • 2013年08月09日 16:40
    • 水資源はわりと豊富そうだけど、文化的にどうなんだろう
      感染病防止のための簡易マスクみたいな概念はあるみたいだけど、風呂とは関係ないもんな
    • 14. �ʷ���̵̾������
    • 2013年08月10日 11:24
    • マップに記されている場所以外にも温泉文化はある
    • 15. 進撃の名無しさん
    • 2013年08月11日 12:52
    • ※11
      アイスランドっぽい
    • 16. 進撃の名無しさん
    • 2013年08月12日 01:20
    • ※12
      始めはサウナみたいな蒸し風呂だったけど、追加料金でお湯に浸かれるところもあったってば。
      庶民もかなり頻繁に体洗ってたよ?
    • 17. 進撃の名無しさん
    • 2013年08月18日 19:24
    • 風呂なかったらリヴァイがだまってないだろうが
    • 18. 進撃の名無しさん
    • 2013年08月20日 19:57
    • ※9

      ※12じゃないけど
      ローマの公衆浴場知らんとか・・・
    • 19. 進撃の名無しさん
    • 2013年08月22日 23:01
    • 死体があると、疫病が流行るという知識はあったのだから、皮膚病予防にも入浴は健康にいいという考えはありそう

      ただし、大量のお湯を沸かすこと自体が大変なので、普段はシャワー程度でお湯に浸かれるのは特権階級のみっぽい。
      兵士にはあるけど、庶民には無さそう
    • 20. 進撃の名無しさん
    • 2013年08月26日 01:11
    • どうでもよくないだろ。
      どうでもいいのてめぇらの存在だろ。
      てめぇら図に乗るんじゃねぇよ。捏造偏向歪曲するんじゃねぇよ。生きてる価値ねぇからさっさと消えろカス。
    • 21. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月02日 21:14
    • ↑お前くさい
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット