エレン「アルミン相談があるんだ」 『僕は知らない』

   

タグ:        

アルミン・アルレルトの苦悩


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08 22:45:07 ID:0b4Y6Co7O
アルミン「なに?」


引用元: エレン「アルミン相談があるんだ」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08 22:46:21 ID:mAIfp8Bg0
ミカサ「なに?」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08 22:46:52 ID:0b4Y6Co7O
エレン「あのその…なんだ…」

アルミン「どうしたの?(嫌な予感がするよ…)」

エレン「好きな人が出来たんだ!」

アルミン「!!!」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08 22:48:40 ID:0b4Y6Co7O
アルミン「で?誰なのその人は?」

エレン「それは…」

ライナー「今日も疲れたな~エレンとアルミン飯行こうぜ!」ガタ

エレン「おう!(アルミン…また後でな)」

アルミン「僕も行くよ(うん)」

ガタッ

アルミン「うん?外に誰かいたような?」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08 22:51:24 ID:0b4Y6Co7O
~夜~
アルミン「結局誰か聞けなかったな…」

アルミン「誰だろう?予想だとミカサかクリスタが本命?あとはアニかサシャかユミル?あーわからないや」

ガタッ
アルミン「?さっきから誰かに見られてるような」

~朝~
アルミン「エレンおはよう」

エレン「おはよう」

アルミン「昨日の話だけど…」

エレン「ああ誰かだったよな…」

ライナー「エレン!アルミン!飯行こうぜ」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08 22:52:05 ID:O3SWTofn0
ライナー・・・


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08 22:55:02 ID:0b4Y6Co7O
エレン「ああ!(アルミン…悪い後でな)」

アルミン「うん」

~朝食後~
ミカサ「アルミンエレンの事で話がある」

アルミン「うん(嫌な予感しかしないよ…)」

ミカサ「アルミン…エレンの好きな子を教えて」

アルミン「いや…僕も知らないんだ…というか何で知ってるの?」

ミカサ「昨日窓から盗み聞きを…」

アルミン「昨日からの気配はミカサだったんだね!」

ミカサ「今はそんな事は問題ではない」

アルミン「いやいや大問題だよ!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08 23:00:15 ID:0b4Y6Co7O
アルミン「それにエレンは僕を信頼してくれて相談したんだ!だからわかってもいえない!」

ミカサ「もうすぐ訓練が始まる…時間がない…10秒で答えて」

アルミン「だから言えない…」

ミカサ「ごめんアルミン…聞こえない」ゴゴゴゴ

アルミン(やばい本気だ…これ以上反抗したら命はない)ガクガク

アルミン「わかったら言うから…」

ミカサ「アルミンありがとう」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08 23:01:18 ID:iDgVVT/p0
もうちょっと頑張れよアルミン


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08 23:04:01 ID:0b4Y6Co7O
アルミン「胃が痛くなってきた…あっエレン」

エレン「アルミンどうした?顔色悪いぞ」

アルミン「うん大丈夫ところであの話は…」

エレン「今から訓練だからまた後でな!」

~訓練終了後~
アルミン「今日1日見てたけど検討つかないよ…早く聞かないとミカサに…」ガクガク

ミカサ「アルミン」

アルミン「」ビクッ

アルミン「なに?ミカサ」
ミカサ「エレンに聞けた?」

アルミン「まだなんだ…」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08 23:07:28 ID:0b4Y6Co7O
ミカサ「エレンの好きな人は私のはずだけど確認だけはしときたいから早く…」

アルミン「わかったよ」ガクガク

~夕食後~
アルミン「今からエレンに聞こう!」

アルミン「エレン!あの話だけど」

エレン「ああ俺の好きな人は…」

アルミン「もしかしてミカサ?」

エレン「ミカサは家族だよ!好きとかじゃねぇよ」

アルミン(やっぱり…)


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08 23:10:02 ID:0b4Y6Co7O
ガタガタガタ
アルミン(あっ窓の外からミカサが…すごい顔だ)ガクガク

アルミン「じゃ誰なの?」
エレン「それはな…」

ライナー「お前らもういたのか…おっミカサ」バキィィィ

ライナー「」ピクピク

エレン「今ライナーがいたような?」

アルミン「気のせいだよ…ハハハ(ミカサがあんな所に移動してる…本気だ)」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08 23:10:45 ID:+1o3gUoW0
サヨナライナー


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08 23:11:40 ID:P8YyczDP0
ライナーはこういう扱いばっかだなw


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08 23:13:00 ID:0b4Y6Co7O
アルミン「それより早く誰なの?」

エレン「そうだったな俺の好きな人はミーナだ!」

アルミン「はいぃぃぃ!?」

エレン「そんなに驚くことか?」

アルミン「ごめんあまりにも予想外すぎて」アセアセ


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08 23:16:51 ID:0b4Y6Co7O
アルミン「でもどうして?」

エレン「ほら俺らよく班一緒じゃん?一緒に作業するうちに好きになった」

アルミン「そうなんだ…頑張ってね。いつでも相談にのるよ」

エレン「ありがとうアルミン!」

アルミン(ミカサになんて言おうか)


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08 23:20:44 ID:0b4Y6Co7O
ミカサ「アルミン」

アルミン「はい!」ビクッ

ミカサ「結局誰だったの?」

アルミン(ミカサは聞いてないのか?ならこのままあやふやにしとこう!)

アルミン「ごめん…エレンはやっぱり1人で頑張るからって教えてもらえなかったよ」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08 23:24:45 ID:0b4Y6Co7O
ミカサ「………そう」

アルミン(よし…このまま押し切ろう)

アルミン「ミカサかもしれないしこのまま…」

ミカサ「……」グサッ

アルミン「ヒィ」ガクガク

ミカサ「アルミン…嘘は良くない」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08 23:28:56 ID:0b4Y6Co7O
アルミン「壁に剣が…」ガクガク

ミカサ「私じゃないのは聞いていた…問題はエレンを惑わすその女」

アルミン「」ガクガク

ミカサ「もうすぐ消灯時間…あと5秒で答えて」

アルミン「いやそれは…」ガクガク

ミカサ「そう…」グサッ

アルミン「」ガクガク

ミカサ「アルミンこれで2本め…次はない」

アルミン「……ミーナです(エレンごめん)」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08 23:32:48 ID:0b4Y6Co7O
~翌日~
ミーナ「なんか視線を感じるだけど」

エレン「気のせいじゃないのか?早く整備済ませないと教官に怒られるぞ」

ミーナ「そうだね」

ミカサ「ミーナ・カロライナ…あなたじゃエレンを守れない…」ジー

ミーナ「うわっ!ミカサ」

エレン「お前何やってんだ?違う班だろお前?」

アルミン「ああっ!邪魔してごめん!教官来るよミカサ行こ」アセアセ

ミカサ「アルミンどいて…エレンを惑わした報いを」

アルミン「だめだってミカサ!落ち着いて」タッタッタッ

エレン「変なやつら」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08 23:38:19 ID:0b4Y6Co7O
アルミン「ミカサ本当にダメだよ」

ミカサ「ごめんアルミン…冷静さを欠いていた反省する」

アルミン「本当に気をつけてよ(胃が痛い…)」

ミカサ「あの状態ではあまりにも不自然だった…訓練中の事故なら大丈夫」

アルミン「はいぃぃぃ!?」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08 23:41:53 ID:0b4Y6Co7O
~午後対人格闘訓練~
ミカサ「ミーナ一緒に組もう…」

ミーナ「いいよ!」

アルミン「ミーナごめん!僕ミカサと組みたいから連れてくね」

ミカサ「アルミンなんで邪魔をするの?」

アルミン「いやいやミカサ今確実にやる気だったでしょ?」アセアセ

ミカサ「事故に見せかければ大丈夫」

アルミン「大丈夫じゃないよ!」

アルミン(疲れてきた…)


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08 23:45:33 ID:0b4Y6Co7O
~夕方~
エレン「ミーナにどういう感じで言えばいいかな?」

アルミン「えっ…なにが?」

エレン「ほら告白をしたいんだよ…」

アルミン「ははは…そうだなまだ早いと思うよ!デートとかして距離縮めた方がいいよ」

アルミン(ミカサの暴走が止まらない限り告白は止めさせなきゃそうしないとミーナが…)

エレン「デートか…次の休みにでも誘ってみるか!」

ガタガタガタガタ
アルミン(また覗いてる…ミカサの口から血が出てるよ…)

エレン「外に何かいるのか?」

アルミン「きっと風だよ!」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08 23:48:49 ID:0b4Y6Co7O
ミカサ「どうしようアルミン…エレンがデートしてしまう…」

アルミン「いや…そう言われてもエレンがやる気だし」

ミカサ「やはりミーナを…」

アルミン「だからだめだって!それならエレンが誘う前にミカサがエレンを誘えばいいんじゃないのかな?」

ミカサ「その手があった…アルミンありがとう」タッタッタッ

アルミン「ミカサも正攻法なら応援できるんだけど…ハァ」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08 23:51:11 ID:0b4Y6Co7O
~夕食~
ミカサ「エレン!明日の休日私に付き合って…」

エレン「悪い!用事があるんだ」

アルミン(ええ!即答ですかエレンさん!?)

ミカサ「」ガタガタ

アルミン(ミカサがショックで震えてるよ…)

アルミン「エレン用事ってまさか…」

エレン「ああ!予定空いてたからOKもらった!」

アルミン「それは良かったね…」


~夕食後~
ミカサ「アルミン明日私と付き合って…エレンを尾行する」

アルミン「はいぃぃぃ!?」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08 23:54:09 ID:JFq40j+MO
流石はミカサさんやで


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08 23:54:11 ID:0b4Y6Co7O
~翌日~
ミーナ「ゴメン待った?」

エレン「大丈夫だ!行こう」

ミカサ「あの女…私もデートしたことないのに」

アルミン「ミカサ抑えて…ね」アセアセ


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08 23:55:40 ID:0b4Y6Co7O
ミーナ「このお店美味しいね!」

エレン「ああ…だけどさっきから誰かに見られてるような」

ミカサ「2人っきりで食事…やはりあの女には報いを」

アルミン「ダメだよミカサこらえて!」

ミカサ「もうだめアルミン…我慢の限界」

アルミン「ここは町だし騒ぎを起こしたら…」
ガシッ
教官「久しぶりに町に来てみれば…2人とも騒ぎを起こすとは元気があるな…それなら思う存分訓練所で走らせてやろう」

アルミン「ええ…」

ミカサ「……」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08 23:58:31 ID:0b4Y6Co7O
~夕方訓練所~
エレン「あの2人なんで走ってんだ?」

ライナー「おっエレンお帰りなんでも町で騒ぎを起こしたらしいぞ?」

エレン「なにやってんだあいつら」

~夜~
アルミン「ハァハァ…やっと終わった」

ミカサ「ハァハァ…しかし私の事態は悪化している…アルミンどうしたらいい?」

アルミン(散々な目にあうし胃は痛いし休日は潰れるし…もうやだ)

アルミン「(もうめんどくさいよ…)もう夜中にエレンのベッドに潜り込んで既成事実でも作ればいいんじゃ…」

ミカサ「わかった…アルミン今日実行する」タッタッタッ

アルミン「いやほんとにやるの?ミカサ!ちょっと待って!」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08 23:59:52 ID:0b4Y6Co7O
~翌朝~
エレン「うーん朝か…ってうわっ!ミカサ何やってんだ!」

ミカサ「エレンおはよう…」

エレン「おはようじゃねぇよ何でこんな所に…」

アルミン(本当に忍び込んだ…)

ライナー「朝からうるさいな…ってミカサがなんでこんな所に!」

ベルトルト「うわっエレン何やってんだ!」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/09 00:00:58 ID:shOhVdG/O
~食堂~
ジャン「エレン話は聞いたぞこの野郎!羨ましい!」

エレン「これは違うんだ!」

クリスタ「大丈夫だよエレン!私たちはエレンとミカサを応援してるから!」

ミカサ「ありがとう…」ポッ

エレン「ポッじゃねぇよミカサ!」

アルミン(僕は知らない…僕は悪くない)ガクガク

ミーナ「やっぱり2人はそうだったんだね…応援してるから!」

エレン「ミーナ違うんだ…好きなのはミー…」

ミカサ「大丈夫…私は例えエレンが変人って言われても愛せる」

エレン「ははは…終わった…」

アルミン(良かったね…ミカサ)


終わり


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/09 00:03:34 ID:QN0Le6d60
ハッピーエンドだな


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/09 00:10:42 ID:/Pcs4NIzO



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/09 00:34:04 ID:Fs1WXmub0
アルミンは確かにいつでも現実的な解決策を提示してくれるな(棒)


シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。

コメント一覧

    • 1. 進撃の名無しさん
    • 2013年05月09日 11:51
    • おまえは今まで見た胃痛アルミンネタの数をおぼえているのか?
      一言で言うと食傷なんて次元じゃありません
      読む前にタグや前書き等で確認出来るといいんですが
    • 2. 進撃の名無しさん
    • 2013年05月09日 15:41
    • やったぜ。
    • 3. 進撃の名無しさん
    • 2013年05月09日 16:14
    • 最近わたミカサ以外の女狐とエレンが絡むSSが多かったと思っていた。
      これでいい。
      エレンはわたsミカサが幸せにする。
    • 4. 進撃の名無しさん
    • 2013年05月10日 19:28
    • ミカサ何処から湧いたwwww

      あとなんでミーナはなんで死んだ?(震え声)
    • 5. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月07日 08:51
    • ミカサうざい
    • 6. 進撃の名無しさん
    • 2013年10月19日 00:23
    • わーミカサおめでとー(棒)
    • 7. 進撃の名無しさん
    • 2014年01月05日 09:22
    • ミカサが絡むと必ずアルミンの胃が痛くなるw
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット