エレン「なんだこの犬?」 『ブロンド色のワンチャン』

   

タグ:        

ブロンド色のワンチャン


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 11:59:40 ID:otPnibtH0
アルミン「うわ~可愛いね…」

エレン「綺麗なブロンド色の毛だな…って舐めるな!」

アルミン「なんでこんなにエレンに懐いてんだろ?」

エレン「知るかよ。初めて見たぞ」

アルミン「じゃあ分からないね…とりあえずどうする?」

エレン「ん?連れてっちゃダメなのか?」

アルミン「いや、教官に見つかったら…」

エレン「あぁそっか…ん。じゃあな」バイバイ

犬「…」

アルミン「すごい見てるね…」

エレン「やっぱ連れて帰る!」


引用元: エレン「なんだこの犬?」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 12:06:58 ID:otPnibtH0
アルミン「いや、バレたらマズイってば」

エレン「バレなきゃ良いんだろ。それにこの目を見ろよ」

犬「…」ジーッ

アルミン「天使だ…」

エレン「な?俺に任せろって」

アルミン(大体僕が君の後始末を引き受けることになるんだけどね…)

アルミン「はぁ…まぁ仕方ないかな」

エレン「よっしゃ!よし行くぞ犬…」

アルミン「犬って…」

エレン「というか何か同期に似てないかこいつ?」

アルミン「いや…まさかね」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 12:09:57 ID:otPnibtH0
宿舎



アルミン「さてと…まずはこの子をどうするかだね…」

エレン「んー。中には入れちゃダメか?」

アルミン「それはほら…他にもいっぱい人いるしさ」

エレン「…」ヒョイ

犬「…」ジーッ

アルミン「あぁもう入れれば良いだろ!!」

エレン「良かったな。犬っころ」

アルミン(嫌な予感しかしないよ…)

コニー「おっ帰って来たのか?」

エレン「おう、見ろよこいつ可愛いだろ」

アルミン「ちょっ!」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 12:13:13 ID:otPnibtH0
コニー「おー犬だな。野良か?」

エレン「だろうな。アルミンと買い出しに行ってたら付いて来た」

コニー「それにしては綺麗な犬だな…」

エレン「だろ?俺が見つけたんだぜ」エッヘン

コニー「おぉ…」

アルミン(バカばっかり…)

エレン「そんなことよりこいつみんなに見せようぜ!!な?アルミン?」ヒョイ

犬「…」ジーッ

アルミン「もう好きにしなよ…」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 12:18:21 ID:otPnibtH0
コニー「おい、エレン達が犬連れて来たぞ!」

犬「くーん」

ライナー「おぉ…犬だな」

ベルトルト「犬だね…」

アニ「…」

ジャン「ミカサ髪伸びてないか?」

ミカサ「うるさい。ねぇその犬何?」

エレン「俺が見つけたんだぜ」エッヘン

ミカサ「そう…何でそんなにエレンにベッタリなの?」

エレン「ん?俺のことが好きなんだよな犬っころ?」

犬「ワン!」ペロペロ

ミカサ「…」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 12:20:16 ID:BqKY2fwCO
ミカサの女の勘が怖い


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 12:25:09 ID:otPnibtH0
ライナー「ホント何でお前にそんなに懐いてんだ?俺にも貸せよ」ナデn

犬「キャン」ガブッ

ライナー「いってぇぇぇぇぇぇぇ」

アニ「アホは嫌だってさ」

ライナー「アホじゃねぇよ…ねぇよな?アルミン?」

アルミン「何で僕に振るかな…それよりその犬雌なのかな?」

エレン「んー?付いてないぞ」

ベルトルト「!?女の子もいるんだから…」

ミカサ「私は気にしない…昔見たことある」

アニ「私も別に気にしないかな」

ライナー「ここにいるような奴に女の子はいねぇよ。クリスタを除いてな」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 12:34:08 ID:otPnibtH0
アルミン(ああ…)

ベルトルト(君は昔から何も変わらないね…)

アニ「…気にしないとは言ったけど女を捨てた憶えはないかな…」ドコッ

ライナー「うっ…」

ミカサ「私はエレンがいればそれで」

ジャン「え?ミカサが…どこで見たんだよ?エレンか?エレンなのか!?」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 12:35:02 ID:otPnibtH0
エレン「あーそういえば昔からミカサとは家族だしな」

ジャン「貴様ぁぁぁぁぁまたかぁぁぁぁぁ」

エレン「ちょっ…やめろよ!服が伸びちゃうだろ」

ミカサ「ジョン」

ジャン「うるせ…み、ミカサ?どうしたんだ?あと名前違う」

ミカサ「ちょっと来て」

ジャン「おっ、おう!告白か?ざまぁみろエレン!」

アルミン(死ぬなよジャン)


それから一週間ジャンは姿を見せなかった


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 12:37:44 ID:BqKY2fwCO
ジョンwwwwww


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 12:38:26 ID:fCX0R6gLO
ジョン……


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 12:39:03 ID:otPnibtH0
エレン「おーミカサはジャンが好きだったんだな」

アルミン「それミカサに聞かれなくて良かったよ…」

エレン「え?何でだ?」

アルミン「もう良いよ…」

ユミル「おいお前らクリスタ見なかったか?」

犬「ワンワン!!」

ユミル「おっ!なんだこいつ…」

ライナー「ごぼっ…見てないがどうかしたのか?」

ユミル「あいつ朝起きたらいなくなってたんだよ」

ライナー「!?」

ベルトルト「なん……だと……?」

アルミン「緊急事態だね…」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 12:42:58 ID:otPnibtH0
エレン「ほれほれ」ネコジャラシ

犬「きゃんきゃん」

コニー「良いな、俺にもやらせろよ」

エレン「次な」

アルミン(僕は突っ込まない…)

ライナー「待て…何処かに行くってのは聞かなかったのか?」

ユミル「まったく」

ベルトルト「マズイね…ユミルが知らないとなると全く情報がないね」

アニ「あぁだから朝騒いでたんだ」

ライナー「おいアルミン!お前の頭脳を使う時だぞ!」

アルミン「無茶振りだよ…でも、やるしかないね…」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 12:47:29 ID:otPnibtH0
ユミル「頼むよアルミン私の天使が…」

ライナー「俺らの?だろ」

アニ「気持ち悪い」

ライナー「…」

アルミン「じゃあ、今日何か変わった事はある?」

ユミル「特に気にする事は…いや、昨日の夜に相談された…」

ベルトルト「何を相談されたの?」

ユミル「えっと…ミカサの過去?というかエレンとの関係みたいなとこ」

アルミン(あぁ…僕は全て分かってしまったよ…こんな時だけは自分の頭脳を呪うよ)


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 12:51:24 ID:otPnibtH0
ライナー「エレン?あいつが関係あるのか?」

ユミル「いや、そこまでは…ミカサ達ってどういう関係かって話しただけ」

ベルトルト「それで何て答えたの?」

ユミル「家族みたいなもんだろって」

ライナー「まぁその通りだな」

ユミル「そしたらそういう関係良いなーってさ。私が家族になってやるのによ」

ライナー「だな」キリッ

アニ「...」

アルミン「今のはちょっと気持ち悪いかな」

ライナー「…」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 12:55:15 ID:otPnibtH0
ユミル「あぁそれで何か体調悪いから薬飲んでた」

ベルトルト「それだけ?」

ユミル「あぁそれだけ…というかあいつら何してんだよ」


コニー「ほれほれ回れ回れー」グルグル

エレン「ぐーるぐーる」

犬「きゃんきゃん」ピョンピョン

コニー「うえっ気持ち悪い…」フラフラ


アルミン(僕はほとんど分かってしまった…けど、まだ確実な証拠が…)

アルミン「ねぇ、その薬持って来てくれないかな?」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 12:59:07 ID:otPnibtH0
ユミル「ん?ちょっと待ってろ」タッタッタッ

ライナー「アルミン何か分かったか?」

アルミン「……いや、何も分からないかな」

ベルトルト「アルミンが分からないならどうしようもないね…」

ミカサ「エレンは?」

ライナー「うおっ、びっくりした。お前ジャンはどうした?」

ミカサ「ジョンとは話してただけ」

アルミン「ジャンだよ…」

ミカサ「どっちでも良い」

アルミン「あぁそう…エレンはそこだよ」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 13:05:49 ID:otPnibtH0
ミカサ「アルミンありがと」ダッ

ユミル「ミカサいたんだな。ほれこれだ」ヒョイ

アルミン「あぁありがとう…」

ライナー「何だこれ何書いてるか全然わかんねぇな」

アルミン(やっぱりね…昔エレンなお父さんに薬学について色々と聞いておいて良かった)

アルミン(これは昔作ってたっていう…犬になる薬だね。なんでこんなの作ってたのかは分からないけど…)

アルミン「そうだね、僕も全然わかんないな」

ベルトルト「そうなんだ…それじゃあ僕とライナーは街でクリスタ探してみようか」

ライナー「そうだな」

ユミル「悪いな」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 13:08:24 ID:otPnibtH0
ライナー「いや、気にすんな。じゃあ行くか」

ユミル「私も探すからクリスタ見つけたら教えてくれ」

アルミン「あぁ分かったよ…」

アニ「私も探しとくよ」

ユミル「ありがと」

アルミン(さて、犬になった理由は分かった…でも、解決出来ない問題があるな…)


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 13:11:14 ID:otPnibtH0
アルミン(この薬…自分の意思で元に戻れるはずなんだけどな…クリスタが戻りたくない…)

アルミン(ユミルが言うにはクリスタは家族どうこう言ってたわけか…それにエレン…)

アルミン(はぁ、鬱になるな…つまり、クリスタはエレンと家族みたいになりたいと…)

アルミン(…まぁエレンなら幸せにしてくれるかな?一匹変なのが付いてるけど)

アルミン「ねぇ、エレン」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 13:15:14 ID:qcqHkmlF0
>一匹変なのが付いてるけど)
ミカサ「アルミンちょっと」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 13:17:36 ID:otPnibtH0
エレン「おっなんだ?遊びたいのか?」

アルミン「あっああうん。その僕も一緒にね」

エレン「おういいぞ。犬っころほれほれ」

犬「きゃんきゃん」

ミカサ「…ねぇ私もやらして」アシバライ

犬「!?」ドン

エレン「?なんだ急に倒れたぞ」

アルミン(ミカサ…僕は見たよ今の…)

エレン「大丈夫か?」ヨシヨシ

犬「くーんくーん」ペロペロ

ミカサ「…」

コニー「うえっ回りすぎた…ちょつくら寝て来るわ」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 13:20:58 ID:YobHfP8/0
これひょっとしてうなじのとこに手乗りサイズのクリスタが入ってるんじゃね?


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 13:21:49 ID:otPnibtH0
ミカサ「ねぇアルミンちょっと来て」

アルミン「…後じゃダメかな?」

ミカサ「来て」

アルミン「…分かったよ」

エレン「おっ、もう行くのか?戻って来いよ」

アルミン「うん…戻ってこれたらね」

エレン「?」

ミカサ「はやく」

サシャ「あれ?その犬何ですか?今日の夕飯ですかね?」

アルミン「ちょっとサシャ絶対食べちゃダメだからね!!」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 13:28:11 ID:otPnibtH0
アルミン「えっと何かな?」

ミカサ「あの犬のこと」

アルミン「…可愛い犬だね」

ミカサ「あの犬クリスタだよね」

アルミン「…そんなわけないじゃん。ミカサ疲れてるんじゃないの?」

ミカサ「私の目は誤魔化せない。エレンにまとわり付く女のことは全部調べてる」

アルミン「えっと…」

ミカサ「そのポケットの薬。エレンのお父さんが作ってた奴」

アルミン「!?」

ミカサ「だから私は誤魔化せない」


サシャ「なんかこの犬クリスタと同じ味がしますよ」ペロペロ

エレン「えーそんなわけないだろ」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 13:34:36 ID:otPnibtH0
ミカサ「別にあの女を消すとかいうわけじゃない」

アルミン「…」

ミカサ「ただ、あいつベッタリなのがエレンが困ってるから助けるだけ」

アルミン「僕は何を…」

ミカサ「本当はエレンにずっと付いて行きたいけど、どうしても無理なところがあるでしょ?そこであの女を監視して防いで。エレンを誑かすのを」

アルミン「…分かったよ」

ミカサ「ありがとう。さすがアルミンだね」


エレン「なぁ何でクリスタの味分かるんだ?」

サシャ「たまになめてるんですよ」

エレン「へー俺も知りたいなクリスタの味」

犬「!?」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 13:37:28 ID:otPnibtH0
アルミン「…ただいま」

ミカサ「ただいまエレン」

エレン「おーおかえり」

サシャ「そういえば、教官がミカサを呼んでましたよ?」

ミカサ「っ!?」

アルミン(これは…)

エレン「なんだ行かないのか?」

ミカサ「…アルミンよろしく」

アルミン「あぁうん…」

サシャ「そろそろ夕飯ですね」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 13:42:20 ID:otPnibtH0
アルミン(それからはかなり大変だった)

アルミン(夕飯の時にエレンがクリスタにご飯を食べさせようとしたら、ミカサが私も食べされてくれって言い始めたり。ライナーが殴られたり)

アルミン(お風呂にクリスタが入ってきたと思ったら、ミカサも突撃してきたり。ライナーが蹴られたり)

アルミン(エレンがクリスタのお腹さすってたら、ミカサもエレンの横でお腹出したり。ライナーが(ry)

アルミン(というか、あれクリスタだよね…)


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 13:44:58 ID:otPnibtH0
就寝前


ミカサ「私もエレンと同じとこで寝る」

アルミン「いや、それは…」

エレン「なんだ?寂しくなったのか?」

ミカサ「そういうことじゃない。ただ…」

エレン「まだまだミカサも子供だなぁ。今度一緒寝るか?」

ミカサ「っ!?うん!」パァッ

アルミン「さすがエレン…」

エレン「?」

犬「…」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 13:47:00 ID:otPnibtH0
寝床



アルミン「ねぇ、エレン」

エレン「ん?どうした?」

アルミン「エレンはさ。ミカサのことどう思ってんの?」

エレン「んー。なんというか家族?」

アルミン「それだけ?」

エレン「いや違うな、そんな言葉では言い表せないって言うのが正しいのかもな」

アルミン「…」

犬「…」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 13:53:35 ID:otPnibtH0
アルミン「もしさ、他の人がエレンと家族になりたいって思ってたらどうする?」

エレン「ん?どういうことだ?」

アルミン「今いる同期でさ、エレンと家族に」

エレン「なに言ってんだよ」

アルミン「?」

エレン「ミカサもアルミンもライナーもベルトルトも、サシャ、ジョン、ユミル、コニー、マルコ、アニ、そしてクリスタも大切な仲間だ。家族だ」

犬「…」

アルミン「…やっぱりエレンなら任せれるや」

エレン「?」

アルミン(一人名前違うけどね)


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 13:54:45 ID:SuxpZy6G0
ジョン……


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 13:55:21 ID:otPnibtH0
ライナー「ヤバイな…クリスタ見つからないぞ」

ベルトルト「どこにいるんだろ…」

アルミン「あぁそれなら」

ライナー「?」

アルミン「明日には見つかると思うよ」

ベルトルト「え?そうなの?」

アルミン「エレンのおかげでね」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 14:00:05 ID:otPnibtH0
次の日


アルミン(あれだったら今日の朝にはクリスタも元に戻ってるだろうな…)

アルミン(あれ?あの後クリスタがエレンの布団に潜り込んで行ったけど…) 

ライナー「うおっ!?なんでクリスタがエレンの布団に!?…えっ!?」

エレン「あれ?クリスタ?」

アルミン「遅かったみたいだね…」

クリスタ「見た?」

エレン「えっと…その」

クリスタ「もぉ…、エレン。大好きだよ」



終われ


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 14:07:19 ID:bGFdlfrm0
よいと思います


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 14:09:22 ID:zInUSKX40
おつ


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 14:36:25 ID:eLCrt1/w0
ああ、ミカサが飛んでくるわこれ


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05 15:11:45 ID:hvL8b97tO
アニ「猫になる薬?」


アニ「………」


アニ「………」キョロキョロ


アニ「………」


アニ「………」ゴクゴク


アニ「………に…にゃあ」


まで妄想した。乙!


シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット