ミカサ「アルミン、惚れ薬を作って」

   

タグ:      

進撃巨人中学校のイラスト


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/30 00:22:13 ID:xfMMBbS4i
ミカサ「いますぐ」

アルミン「え、僕は何でも屋じゃないんだけど……ていうか無理だよ」

ミカサ「あなたが私たちを想う気持ちがあればできる。頑張って」

アルミン(またはじまってしまったか……)


引用元: ミカサ「アルミン、惚れ薬を作って」

5: PCから 2013/04/30 00:27:48 ID:o+szDU5Q0
アルミン「だいたい僕は薬剤師でも魔術師でもないんだ」

ミカサ「あなたが私を支えないでどうするの」

アルミン「そんな無茶苦茶な…。どうしたんだいミカサ。なにか焦っているの?」

ミカサ「はやく、はやくしないと…グゴゴ」


アニ「ほらエレン。あたしのチーハンひとつあげるよ」ヒョイ

エレン「お、サンキュー! 今度なにかお返しするぜ」

サシャ「エレン~、チーハンはいいですけどパンを少し恵んでくれませんか?」

エレン「え? しゃあねぇなーほら」

サシャ「やったーエレン大好きです」


ミカサ「……」キシキシ

アルミン(やばいよやばいよ…)


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/30 00:31:10 ID:39EjMT050
中学のほうか


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/30 00:37:54 ID:17RFsh+b0
チーズハンバーグってことは巨人中学校の方の世界かな?


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/30 00:34:34 ID:o+szDU5Q0
ミカサ「早く…早くしないと私のエレンが……」グスッ

アルミン(うわ…)

アルミン「わかったよ…次の訓練休みになんとか取り組んでみる」

ミカサ「本当? ありがとうアルミン」

ミカサ「これで安心してエレンの隣を占領できる」

ミカサ「楽しみにしているから」


その後アルミンは休日を返上し、寝る間を惜しんで薬の開発に取り組んだ。


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/30 00:40:09 ID:o+szDU5Q0
アルミン「で、できた……眠い…」

アルミン「これでようやくミカサから開放される……」


ミカサ「さすがねアルミン。ありがとうこの恩は忘れない」


アルミン「3粒しかつくれなかったから大事にしてね…僕の時間とお給料の結晶」

ミカサ「全部使う」

アルミン「だめだよ…一度にそんなにいっぱい使ったら」

アルミン「3つもエレンに食べさせたら、どうなるかわからない」

アルミン「利き目が強すぎてエレンがおかしくなってしまうかもしれない」

ミカサ「……? なにを言ってるの…」

ミカサ「私がこれをエレンに食べさせる必要がどこにあるの?」

アルミン「えっ」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/30 00:45:33 ID:o+szDU5Q0
ミカサ「エレンはすでに私が好きだから」

ミカサ「私はこれをつかってエレンにまとわりつく害虫を駆除するだけ」

ミカサ「他の男を好きにさせれば、エレンの隣は私だけのもの」

アルミン「な、なんだそれ……なんだそれ…」

アルミン「あっ、急に眠…っ」

ミカサ「アルミン早く使い方を教えて」

アルミン「……zzz」

ミカサ「アルミン? 寝ている場合じゃないでしょ?」

ミカサ「この薬を作ったのはあなたでしょ?」

アルミン「zzz」

ミカサ「食べさせるだけでいいの?」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/30 00:51:24 ID:o+szDU5Q0
ミカサ「とりあえずサシャから排除しよう」

ミカサ「あの女は体臭がきつくてエレンに臭いがうつってしまう」

ミカサ「あ…」


サシャ「エレン~! ねー、一口だけー? ねー一口?」

エレン「なんだよー離れろよーー」

サシャ「お腹ペコペコなんですよ」

エレン「これ俺の給付されたおやつだぞ。なんでお前にー」

サシャ「それいただきっ!」パク

エレン「あっ、おい! かえれよー吐き出せー!」


ミカサ「排除しなくては…排除しなくては……」プルプル


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/30 00:56:58 ID:o+szDU5Q0
サシャ「あ! ミカサ!」

サシャ「あの、ミカサはおやつ余ってませんか?」

サシャ「私もう食べちゃって、でもどうしてもお腹が」

ミカサ「…」スッ

サシャ「え……こ、これは…キャンディ!」

サシャ「すごいミカサ! キャンディーー! 私まだ町にきてからあまり食べたことないんですよ」

ミカサ「いっぱいあるから一つあげる」

ミカサ(この女は私なら実力で排除できる)

ミカサ(まずは惚れ薬の実験台にしよう)ニコ

サシャ「ミカサの笑顔がまるで女神様に見えます…」

パクッ


サシャ「う……まずい!?」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/30 01:01:04 ID:o+szDU5Q0
エレン「俺の分はないのか?」

ミカサ「エレンはだめ」

エレン「いっぱいあるって言っただろ。ケチだなお前はさー」

ミカサ「でもだめ」

サシャ「はぁ…はぁ…なんだか胃の奥が熱くなってきました…」ペロペロ

ミカサ「そう。早くどこかへ行って男をつくってきなさい」

エレン「は? お前なにしたんだよ。ホントにキャンディだったのか?」

ミカサ「ほらエレン行こ。この女は危険だから離れたほうがいい」

エレン「お、おい引っ張るなって」


ぎゅっ

ミカサ「ふ!!?」

サシャ「ミカサァァ!!待ってくださいぃぃい!!はぁはぁ…」ガシィ

ミカサ「な、なに……」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/30 01:07:00 ID:o+szDU5Q0
サシャ「ミカサァアアア…」ギュウ

ミカサ「え……どうして」

ミカサ「おかしい、こんなはずでは……」

エレン「おーいなに抱き合ってるんだよ」

ミカサ「ち、違…これはサシャが勝手に抱きついてきて」

エレン「ふーん。お、ライナーだ。おーいライナー!!」

ミカサ「まってエレン! これをひきはがすの手伝って!!」

サシャ「ミカサァアア、ペロペロ」

ミカサ「ひ! だ、だめ…汚されてしまう」

サシャ「もっとキャンディくださいキャンディ!!キャンディ!キャンディィイイイ!!!」

ミカサ「アルミンになんとかしてもらわないと…」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/30 01:07:19 ID:OrUUjmvF0
サシャとミカサのコンビ好きだ


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/30 01:10:41 ID:o+szDU5Q0
ミカサ「う…なんて力。早く離れて。重たい」

サシャ「キャンディ欲しいです!キャンディもっとたくさん!!」

ミカサ「もうない。ないから…」

サシャ「いっぱいあるって言ってました!! キャンディ!!」

サシャ「くんくんミカサからあまーい匂いがしますよ」

サシャ「やっぱり隠しもってるんですね」ペロペロ

ミカサ「ああう!」

ミカサ「く…エレン以外にこんなことを許してしまうなんて…」

ミカサ「なんとか…このままアルミンのところまで…」ズシ ズシ


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/30 01:16:21 ID:o+szDU5Q0

クリスタ「……え、何やってるのミカサ…とサシャ」

ミカサ「こ、これは…誤解」

サシャ「ペロペロペロ」

ミカサ「…」ネトー

ユミル「お前ら、ついに目覚めたか」

クリスタ「目覚めたって? もしかして二人は…」

ユミル「楽しそうだな」

ミカサ「そんなわけない。これをひきはがすの手伝って」

サシャ「嫌です!嫌!私はずっとミカサにキャンディもらうんです」ペロペロ

ユミル「はははだってよミカサ良かったな。愛に性別なんて関係ないぞ?」

クリスタ「ミカサとサシャがそんな関係だったなんて…気づかなかった」

クリスタ「ううん、前から仲良かったもんね。そっかぁ…うふふ」


 

おしまい


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/30 01:21:06 ID:OrUUjmvF0
(キャンディあげたい)


関連SS:ミカサ「アルミン、惚れ薬を作って」②

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット