エレン「タヌキの奇行種がでたぞ!!」ドラ「!?」

   

タグ:      

タヌキの奇行種ドラえもん?


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 22:21:58 ID:N8H2U00+0
エレン「全員戦闘用意!!」シャッ

ドラ「え!?一体何を」

ジャン「おいおいおい…どうしてここに巨人が入り込んでんだよ」シャッ

ライナー「なんなんだコイツは…」シャッ

ドラ「き、君達!いきなり人に刃物を向けるなんてあんまりじゃないか!」

アルミン「!?」

アルミン「待って、みんな!こいつ言葉をしゃべってる!それに背だってアニよりも低い!」

アルミン「こいつは巨人じゃない!」


引用元: エレン「タヌキの奇行種がでたぞ!!」ドラえもん「!?」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 22:25:55 ID:N8H2U00+0
エレン「何言ってんだ!こんな全身に青ペンキを塗りたぐった人間なんているわけないだろ!」

ジャン「それによく見りゃ二頭身しかねぇな」

ジャン「こいつは間違いなく奇行種だぜ、アルミン」

ドラ「人をさっきからタヌキだの奇行だのっ…」プルプル

ドラ「僕は猫型ロボットだ!」

ライナー「…埒があかねぇ、さっさとやるぞ」チャキ

アルミン「落ちついて!とりあえずこのタヌキは僕達の言葉が通じる」

アルミン「ここは会話を行い、情報を得るのが得策だよ」

ドラ「だから僕はたぬきじゃなあああああい!!」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 22:34:12 ID:N8H2U00+0
ライナー「別の世界の…しかも未来から…やって来ただと…?」

ジャン「しかも人間が造りだしたしゃべる人形…」

エレン「マジかよ」

ドラ「まったく…君たちの文明は遅れてるね!それと、もちろんこの世界にもどら焼きはあるんだろうね!」

アルミン(…こいつをうまく利用して、人類に協力させれば)

アルミン(巨人を今以上に簡単に駆除できるんじゃないかな?)

アルミン「えっと、ドラ○もんさんって言うんですよね?」

アルミン「少しだけ僕たちに付き合ってくれませんか?」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 22:35:32 ID:FU1yU2acO
タヌキじゃないのは確かだけどさ
耳があったとしてもまず猫には見えないと思う


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 22:40:07 ID:HHpEE6TO0
これは期待


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 22:41:49 ID:N8H2U00+0
―宿舎―

軍曹「…誰なんだ貴様は?」

ドラ「初めて会った僕に対して貴様って、君は教育がまるでなってないな!」

ドラ「それにまずは自分が名乗るのが先決だろ!」

軍曹「…」イラッ

アルミン「軍曹!発言してもよろしいでしょうか!」

軍曹「…なんだアルベルト訓練兵」

アルミン「は!この方は未来から来られたロボットという人造人間だそうです!」

アルミン「もしかすると巨人に対抗できる策を持っている可能性があります!」

軍曹「!」

軍曹「…本当なのか、ドラ○もんとやら」

ドラ「…フン」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 22:47:50 ID:N8H2U00+0
ドラ「アルミン君から巨人について大体の事は聞いたよ」

ドラ「まぁ、僕の持っている道具を使えばいい線いくと思うけど?」

ドラ「ただ、条件があるなぁ~」

軍曹「…なんだ?」

ドラ「毎日どら焼き10個」

ドラ「これは譲れないねぇ」

軍曹(ど、どらやき…?なんだそれは?焼く、というからには食べ物なのか?)

ドラ「どうなの?僕も忙しいんだから早く答えてよ」

軍曹「…」

アルミン「軍曹!」

軍曹「…分かった」

ドラ「交渉成立だね」ニッコリ


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 22:57:08 ID:N8H2U00+0
軍曹「本日、貴様らに特別講師をする事となった教官を紹介する!」

軍曹「ドラ○もん教官だ!」

ドラ「ドラ○もんだ!」

軍曹「この方が立体起動での戦闘以外の方法を貴様らに伝授する!」

一同「は!」

エレン「あいつ、昨日の…!」

ミカサ「エレン、知り合いなの?」

エレン「あぁ、昨日町で偶然会ったんだ」

エレン「たぬきの人形らしい」

ミカサ「…たぬきの人形がしゃべって歩いてるの?」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 23:06:28 ID:N8H2U00+0
ドラ「立体機動なんて局地でしか使えないものは捨てろ!」

ジャン「な、何だって!これがなきゃ」

ドラ「心配するな」ガサゴソ

ドラ「タケコプター!」パンパカパーン

ドラ「おい、君。これを頭につけてみろ」

ライナー「は、はい…」ピコ

ベルトルト「あはははははは!ラ、ライナー、それとても似合ってるよwwwwww」

ライナー「う、うるせーぞ!」パラパラパラ

フワッ!

ライナー「!? と、飛んだぁ!?」パタパタパタ


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 23:07:40 ID:J/l1W1umP
サシャならどら焼きもきっとなんとかしてくれる


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 23:09:18 ID:8WlUg/vU0
原作ドラみたいな口調だな


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 23:13:59 ID:N8H2U00+0
エレン「す、すげぇ!!どうなってんだ!?」

アニ「…ねぇベルトルト、私は夢でも見てるの?」

ベルトルト「いや、現実だと…思うよ…」

アルミン「凄い!これは想像以上だよ!」

ライナー「うお!すげーぞ、これ!最高の気分だぜ!!」パタパタパタ

ジャン(凄いけど…頭に風車は…だ、ダサい…)

ユミル(すげぇシュールな光景だな…)

エレン「凄いです、ドラ○もん教官!俺にも!俺にもやらして下さい!」

ドラ「フフン、別にいいけど?」

ミカサ「…」

ミカサ(エレンがあのたぬきを輝いた目で…)グッ


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 23:20:25 ID:N8H2U00+0
―食堂―

エレン「本当にすごかったです、あのたけこぷたぁ!!」

ドラ「いや、あんなので興奮してもらっちゃ困るよ」フッ

ミカサ「…」

エレン「まだ何かあるんですか!?」

ドラ「まぁおいおいね」

ドラ「それより今日の晩御飯はなにかな?」

エレン「は!今日はパンとシチューです!」

ドラ「シチューか、楽しみだな」

ドラ「丁度ビーフシチューが食べたかったんだよ」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 23:26:25 ID:N8H2U00+0
ドラ「…」

ドラ「何…コレ…?」

エレン「シチューですが?」

ドラ「これがシチューだってぇ!?!?!?」

ドラ「これのどこが!?ただの牛乳のお湯割りじゃないか!!」

ドラ「しかも具も全然入ってないし!!肉は!?牛肉はどこにあるの!?!?」

ドラ「しかもこのパン!!固いしパサパサしてるしなんかカビくさいし、なんなの!?」

エレン「え、えっと、すみません…?」

ドラ「まったく…」

ドラ「しょうがない…暗記パンと翻訳コンニャクでも食べるか…」パクパク

ミカサ「…」イラッ


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 23:30:12 ID:eTGSSJCYO
ワロタ


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 23:33:13 ID:N8H2U00+0
ドラ「それでどら焼きはいつでてくるの?」

アルミン「っ!?」ビクッ

エレン「えっ…どら焼き…?」

ドラ「そうだよ、シチューの件は許してあげるから早く持ってきてよ」

アルミン「えっと、どら焼きですよね!?」

アルミン「実はこの世界でどら焼きは大変貴重なんですよ!」

ドラ「…だから?」

アルミン「巨人達に土地を奪われてからというもの、原材料の調達に大変時間がかかるんです!!」

アルミン「土地さえ…土地さえ奪還できれば…っ!」プルプル

ドラ「…それなら今すぐ巨人を倒せばどら焼きが早く食べられるの?」

アルミン「はい!必ず!」

ドラ「よし、今すぐ行こう」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 23:39:01 ID:N8H2U00+0
ドラ「どこでもドア!」パンパカパーン

ドラ「巨人がいっぱいいるところ」ガチャッ

ドラ「よし!まずは誰から行く?」

ライナー(なんだ!?どうして食堂なのにドアの向こうが外になってんだ!?)

サシャ(なんですかこれ…ものすごく…ものすごく悪い予感がします…!)

アルミン(さっきドラ○もん教官は巨人がいっぱいいるって言ってたよね…まさか!)

エレン「誰も行かねぇの?なら俺が」ヒョイ

ミカサ「エレン!!待って…!」タタタッ!

ジャン「ミカサが行くなら俺も…!」バッ

一同「…」

ドア「ギャアアアアアアアアアアアアアアアアア!!」

アルミン「これは…ジャンの悲鳴!?」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 23:40:09 ID:IkmpovUzP
この世界にはどら焼きがないんだからそれがバレたら


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 23:40:15 ID:VCKfJdb90
どら焼きあるとこ行けよ


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 23:44:47 ID:N8H2U00+0
―ドアの向こう―

巨人達「」クルッ

ジャン「」

エレン「な、何だここは!?巨人の巣か!?」

ミカサ「私から離れないで、エレン!」

ライナー「おい、大丈夫か…ってぇ!!なんだこりゃ!?」

アルミン「あ、あ、あああ…」

クリスタ「みんな!早く、入ったドアに戻ろう!」

クリスタ「…あれ?ドアが消えて…る?」

ドラ「何やってるの?早く倒しちゃってよ」シュルルルン


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 23:54:07 ID:N8H2U00+0
エレン「きょ、教官!?これは…これは一体…?」

ドラ「あ、武器?はい、みんなの分持ってきたから」カチャカチャーン

アルミン「え…で、でもこれだけでどうやって…?立体機動もないのに…」

ドラ「ふぅ…まったく君たちは誰かさんと同じでグズだね!」

ドラ「今日の昼間に教えたこともう忘れたのか!」

エレン「!」

エレン「みんな!たけこぷたぁ機動に移るんだ!」ピコ!パタパタパタ

ライナー「そ、そうか!」パタパタパタ

ミカサ「…」パタパタパタ

アルミン「! どうしよう!ジャンが気を失ってる!」パタパタパタ

巨人「」パク

エレン「ジャアアアアアアアアアアアアアアアアアアン!!!!!」パタパタパタ


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/30 00:01:10 ID:8yLZkE3R0
ドラ「落ちつけぇ!やつはまだ生きてる!」

エレン「で、でもこのままでは!」

ドラ「通り抜けフープ!」パンパカパーン

ドラ「こいつを巨人の腹に張り付けてくるんだ!」スッ

アルミン「え?ぼ、僕がですか!?なぜ教官が向かわないんですか!?!?」

ドラ「早く行けぇ!間に合わなくなるぞ!」

アルミン「は、はい!」

パタパタパタ…ヒュン

ピト

アルミン「巨人の腹部に穴が…ジャン!ジャンがいる!!」

ジャン「」ドロドロ


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/30 00:04:46 ID:8yLZkE3R0
エレン「…んで、誰が助けに行く…?」

ライナー「お、お前が行けよ、仲いいだろ?」

アルミン「これは…結構きついね…」

ジャン「」デロデロデロ

クリスタ「私が行く!」

ライナー「ダメだ!クリスタは行っちゃいけない!」

アルミン「そうだよ!君だけは何があっても、近づく事すらも許さないよ!」

ドラ「何やってんだ!おい、そこの黒髪女!君が行って来い!」

ミカサ「…」ピキピキ


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/30 00:13:21 ID:8yLZkE3R0
ドラ「なんとか生きてるようだね」

アルミン「でもどうするんですか!?周りにはまだ何十匹もの巨人がいるんですが!?」

ドラ「もう一度黒髪女に活躍してもらおう」

ドラ「彼女はあの教官から一番格闘術がうまいって聞いてるからね」

エレン「いくらミカサが強いからって巨人相手には無理ですよ!!」

ドラ「ビッグライト!」パンパカパーン

ドラ「えい」ピカー

ミカサ「!?」ムクムクムク

ライナー「」

クリスタ「」

エレン「ミカサが巨人になった!」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/30 00:17:59 ID:8yLZkE3R0
ミカサ「え?どうして私が…ど、どういう事…?」

アルミン(あのミカサがパニックに陥ってる…!)

アルミン(無理もないっ!いきなり超大型巨人よりも大きくなるなんて…っ!)

エレン「いっけええええええ!!ミカサアアアアアアアアアアアア!!」

ミカサ「!!」

ミカサ(何を動揺してるの、私!)

ミカサ(考えるのは後!あのクソたぬきを消したいとか斬りたいとか思うのは後でもできる!)

ミカサ(今はエレン達を救う事に集中!)

ミカサ「…っ!」ボゴッオーン!

アルミン「うわぁ…ミカサの一度の正拳で地面にクレーターが…」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/30 00:22:48 ID:JAD37h7j0
巨人にスモールライト当てるという手も


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/30 00:24:49 ID:8yLZkE3R0
ドラ「よし、あらかた倒したようだね」

ドラ「スモールライト!」ピカー

エレン「おぉ、ミカサが元の姿に!」

アルミン(そんなのがあるんだったら、なんでそれを初めから巨人に使わないのさっ!)

ライナー「で、でもまだ何匹かいるぜ?どうすんだよ」

ドラ「もっと良い方法があったのを思い出してね」

ドラ「この世から全ての巨人を駆逐する方法なんだけど」

エレン「ほ、本当ですか!!凄い!!凄すぎですよ、ドラ○もん教官!!」

ミカサ「っ!」

ミカサ(私が巨人化した意味が…!このたぬきぃ!!)


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/30 00:29:00 ID:8yLZkE3R0
ドラ「もしもボックス!」パンパカパーン

アルミン「今度はどのような道具なのですか!?」

ドラ「これは簡単に言うと何でも願いがかなう魔法の道具なんだ」

ドラ「こいつにもしも~だったらって言うだけで、本当にこの世界はそうなっちゃうんだよ」

エレン「うおー!うおー!すげぇすげぇ!」

クリスタ「もしかして…この世界から巨人を駆逐するって…」

ドラ「そうさ、こいつでもしもこの世界の巨人がいなくなったらってお願いするのさ」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/30 00:34:16 ID:8yLZkE3R0
ライナー「な、なんだと!?」

エレン「ついに…ついに…この世から巨人どもを一掃できるっ!」

エレン「お、俺に!俺にやらせてください!!」

ドラ「あぁ、思う存分やってくれていいよ」

エレン「はい!!」

エレン(夢が…これで外の世界に行ける…っ!)

エレン(まずは海に行こう!当たり一面水の世界なんて想像もできねぇよ!)

エレン(…母さん…俺、今から仇を討つから…っ!)

エレン「もしもこの世界の巨人が全ていなくなったら!」




それからエレンを見た者は誰もいなかった

おわり


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/30 01:00:54 ID:OqRo2RM9O
感動しました
次回作も楽しみに待ってます


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/30 01:10:06 ID:G4XuGXNm0
ミカサが憤怒で事象の壁ぶち壊しそうな展開じゃねーか


シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。

コメント一覧

    • 1. 進撃の名無しさん
    • 2013年04月30日 23:56
    • 3 Oh・・・。
    • 2. 進撃の名無しさん
    • 2013年05月04日 18:27
    • ボックス的にはエレンは巨人カテゴリーなんだねー
    • 3. 進撃の名無しさん
    • 2013年06月22日 10:28
    • 終わり方がwwwww
      なんかドラえもんウザス
    • 4. 進撃の名無しさん
    • 2013年09月13日 23:08
    • そして今日のドラえもん誕生日スペシャルであった
    • 5. 進撃のFenixしさん
    • 2013年12月22日 19:44
    • 5
      アニ、ライナーもいなくなった。。。。ハハハハ
    • 6. 進撃の青タヌキ
    • 2016年11月11日 17:38
    • 4 ドラえもんキャラ崩壊
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット