対 特定目標拘束兵器

対特定目標拘束兵器


対 特定目標拘束兵器

特定の巨人を拘束することを目的とした調査兵団の新型兵器。

女型の巨人を捕獲の際に使用した。

馬車など違和感がないものに見た目を偽装しており、怪しまれないようなデザインにしてある。
積載している樽の中には七本の鉄の筒が敷き詰められており、その筒には矢じりを両極に付けたワイヤーが螺旋状に内包されている。

ワイヤーは頑丈でありながら、起爆後に伸縮するように特殊な構造で作られている。

この装置を起爆させると筒の両端から矢じりが射出され、その矢じりの一方は目標とされる巨人に向かい、もう一方は木の幹に撃ち込まれるので、先端が巨人に命中すれば木の幹と巨人をワイヤーで繋ぐことができる。

それらの矢じりの鉄砲を多方向から無数に撃ち込み、ワイヤーの特殊な張力で目標をその場に繋ぎ体の自由を奪い拘束することがこの兵器の用途である。

調査兵団は、この兵器を開発させるために多大な資金が必要なり、必ず成果を出すことを条件として、出資者から多額の投資を受けた。

そのために作戦の結果次第で、調査兵団の存亡が左右される状況となった。


(第6巻~7巻にて登場・現在公開可能な情報より)

シェアする

フォローする

いつもシェアありがとうございます。記事更新の支えとなっています。フォロー大変感謝です!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします。m(_ _)m

コメント

コメントはこちらからどうぞ!注意点もお読みになってください。

  • 子供から社会人の方まで男女問わずご覧頂く場所です。節操を守ったコメントを行いましょう。
  • 口論・議論・評価・批判は歓迎ですがきつい言い方になっていませんか?一度深呼吸をしましょう。書き方を変えるだけでイメージがぐっと変わりますよ。
  • NGワードは厳しく設定しています。ふさわしくないワード部分も部分削除する場合があります。伏字も使用しないでください。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット